ストーリー

王国ルシスと、帝国ニフルハイム──長きに渡った二国間の戦争が終わろうとしていた。
停戦協定の調印式を数日後に控えたルシスの王子ノクティスは、友人と共に王都を発つ。
和平の証として、帝国属州テネブラエの令嬢ルナフレーナと結婚式を執り行うことになっていた。


しかし調印式当日、ニフルハイムはルシスを裏切り王都を襲撃する。
ラジオの報道は、ルシスの象徴であった『クリスタル』が帝国の管理下に置かれたことと、
ノクティスの父である国王レギスと婚約者のルナフレーナ、
そしてノクティス自身の訃報をしきりに伝えていた。


故郷の平和が一夜にして崩れ去り、ノクティスには三人の仲間と父の愛車だけが残された。
情報が錯綜する中で、それだけが確かな現実だった……


■ストーリー補足

時間軸は、ブラザーフッドFF15 → キングスグレイブFF15 → FF15(ゲーム)の順番になる。
FF15(ゲーム)では、ノクティスと仲間3人がレギスの愛車に乗り、
停戦協定でルーナと婚姻するため、インソムニアをスタートするところから物語が始まる。


ブラザーフッドFF15は、ノクティスと仲間3人の子供の頃の物語を描いている。
ゲームでは描いていない『友情』や『』を中心にアニメで展開している。


キングスグレイブFF15はノクティスたちがルシス王国の首都『インソムニア』を旅立ち、
ルシス王国で行われる調印式、そしてニフルハイム帝国の襲撃を受けるところを描いている。
こちらの主人公はニックスで、ルシス国王直属の戦闘部隊『王の剣』が活躍する物語です。



イオスの歴史年表

FF15の舞台となるイオスの歴史は、神々がいた古い時代をA.E.(旧暦時代)とし、
人類が活躍していた時代をM.E.(新暦時代)と設定している。


A.E.(旧暦時代)
時代 内容
古代・神話時代

古代文明『ソルハイム』が栄え、飛空艇や魔導アーマーなど機械文明が繁栄していた時代。

六神が世界にいた時代で、イオスの星を六神が総べていた。

イフリートが裏切り、魔大戦が勃発する。

ソルハイムが滅亡する。


神に選ばれた者が権力を持つ。
武器召喚の力を得たルシス国王。剣神バハムートから星の力と逆鉾を受け取った女性は、
誓約(うけい)や治療の力、神々との対話を授かり神凪となる。

約2000年前

寄生虫による病が流行して人口が減る。


眠りにつく神々からクリスタル光耀の指輪がルシスに渡され、ルシス王国を建設する。
光耀の指輪は六神が作り、クリスタルは星が生み出したもの。
そしてルシス王家にクリスタルの守護を命じる。


ルシス王国に12体の巨大な像が建設される。
死んだ歴代国王の魂が収まる棺となっている。
第一魔法障壁(ナイツオブラウンド)を発動時に、王都インソムニアを守る役割もある。


ルシス王の活躍により流行病が治まる。

約2000年前~
755年前

世界が安定して各国が建国される。
神凪の力を持つテネブラエのフルーレ家、商業で栄えた自由都市連合のアコルド、
古代文明を再建したエルダーキャプト家のニフルハイム帝国。


M.E.(新暦時代)
時代 内容
M.E.元年
(755年前)

ルシス王国、ニフルハイム帝国、テネブラエ、アコルドの4国が共通暦を制定した。

M.E.358年
(398年前)

ニフルハイム帝国が侵略戦争を開始する。
古代・神話時代のソルハイムの遺産を用いて世界制覇を企んだ。

M.E.359年
(397年前)

フルーレ家が住むフェネスタラ宮殿を除き、テネブラエを帝国軍が征服する。
フェネスタラ宮殿まで支配しなかった理由は、
民衆が神凪への信仰心が厚かったので襲撃しなかった。

M.E.501年
(255年前)

シガイが帝国軍で発見されて新種の生命体として扱われる。

M.E.606年
(150年前)

ニフルハイム帝国がルシス王国とアコルドに戦争を仕掛ける。
ルシスとアコルド連合軍が敗北し、ルシスは第二魔法障壁を張って防衛。
第一魔法障壁は表向きでは伏せられているため、
第二魔法障壁のことを「魔法障壁」と呼んでいる。

M.E.722年
(34年前)

アーデンがニフルハイム帝国に入国する。
魔導兵の開発を提案する。

M.E.723年
(33年前)

ニフルハイム帝国が魔導兵を量産する。

M.E.725年
(31年前)

2月24日~4月1日にルシス王国とニフルハイム帝国が交戦する。
レギスたちの代が、30年前の戦争と語るのはこの争いのこと。
レギスの父親『モルス』が行動を起こすも、魔導兵を導入した帝国に敗れる。


インソムニア周辺のカヴァー地方全体に及んでた魔法障壁を
インソムニア城付近まで縮小したことで強度を上げて抵抗した。


当時のレギスは王子。シド、クレイラス、ウィスカムたちと旅をしながら、
前線で戦っていたがルシスは破れて敗退。
ウィスカムは重症を受けて、シドとレギスは戦争で口論になり喧嘩別れ。


その後の帝国軍はリード地方、ダスカ地方、クレイン地方に進行して
軍の基地を建築したが、しばらくは戦争のない時代が続いた。
ルシス軍は解体して、自衛のための組織『王都警備隊』に集約される形になった。

M.E.729年
(27年前)

第112第ルシス国王・モルスが亡くなる。

レギスが第113第ルシス国王になる。

M.E.732年
(24年前)

テネブラエでルーナが生まれる。

ゲンティアナがフルーレ家にい居着く。

レギスが幼馴染のアウライアと結婚する。

M.E.736年
(20年前)

8月30日にノクティスが生まれる。

M.E.741年
(15年前)

レギスがルシス歴代の王たちからノクティスの運命が告げられる。
ノクティスが5歳の頃に、クリスタルに『選ばれし王』に選定された。


レギスが王の剣を設立する。

M.E.744年
(12年前)

ノクティスがシガイ『マリリス』に襲われて重症を負う(ブラザーフッドFF15の映像)


フルーレ家が住むテネブラエのフェネスタラ宮殿が、帝国軍に襲撃される。
神凪のシルヴァが殺され、テネブラエが完全に帝国の手に落ちた。
キングスグレイブFF15の映像で確認できる)

M.E.745年
(11年前)

帝国軍がグロブス渓谷にいる氷神シヴァを倒す。
シヴァの攻撃を受けて大半の兵を失ったので、帝国軍は対神に特化した
魔導兵の開発を始めた。

M.E.748年
(8年前)

ルーナが史上最年少で神凪に就任する。

M.E.755年
M.E.756年
(1年前~現在)

ルシス王国とニフルハイム帝国が停戦協定に合意する。
この時の戦況はルシスが劣勢で、王都城壁の外まで帝国軍が迫っている状況だった。
キングスグレイブFF15の映像で確認できる)


ノクティスとルーナの結婚式のため、オルティシエへ旅支度を始める。
ドラマCD - FF15プロローグ~旅立つ者、残る者~で語られている)


5月16日、ニフルハイム帝国が王都インソムニアを襲撃する。
レギスや重臣たちが亡くなる。


5月17日、王都インソムニアは陥落したとメディアで報道された。


魔大戦のストーリー

2017年9月29日に配信されたアップデートにて召喚獣による魔大戦の物語のカットシーンが
チャプター12に追加されました。選択肢を選んでシヴァから聞けます。


■魔大戦のストーリー

六神は星を守る存在。
各々の意思を持ち、その使命を果たそうとしていた。


シヴァはかつて数多の生命の中で、人(人間)は星に必要無きものと考えていた。
儚く、脆くいため可能性や希望といった曖昧なものを信じる人が、
星にとって有要だとは思っていなかった。


しかしイフリートの考えはシヴァとは違い、
人の可能性を信じて火を与えて共に反映の道を選択した。
シヴァはそんなイフリートに惹かれて愛し合うようになった。
そしてシヴァは、イフリートが信じる人(人間)を信じることにした。


だが、人の文明『ソルハイム』は高みに達して、驕った人は神を排斥しようとした。
恩を忘れたその人の行為はイフリートの逆鱗に触れ、
イフリートは人もろとも世界を焼き尽くそうとした。


それでシヴァは、星とイフリートが信じた人(人間)を守るために、
イフリートと戦わなければならなかった。


人と六神同士の戦いは熾烈を極めて、神々の調停も虚しく、戦いの規模はさらに拡大した。
その戦いが魔大戦と呼ばれ、それによりソルハイム文明は滅亡し、
星は傷ついて疲弊した神々は永き眠りについた。


■魔大戦後のストーリー

魔大戦後は神々が永き眠りについた間、イフリートは何者かによりシガイにされてしまった。
眠りから覚めたシヴァはイフリートを解放しようとしたが、
グロブス渓谷で帝国軍に攻撃を受けて砕かれて、力を失った。


帝国は今やシガイとともにあり、六神も世界も闇に覆われようとしている。
もはやシヴァたちだけではイフリートは元より、星を救うことも叶わない状況になった。
シヴァはせめてイフリートに、安らかなる死を与えようと願っている。



舞台、国

ルシス王国とニフルハイム帝国の情勢

FF15の舞台は、ニフルハイム帝国が世界のほとんどを支配しており、ルシスが対抗している状況。
ルシス王国は一国で独立を保っているが、ニフルハイム帝国が容赦無い圧力をかけてる。
大規模な戦争は30年前に一時収束し、小規模な戦争が起こる程度だった。


ルシスとニフルハイムでは戦力の元になっているものが異なる。
ルシスでは主体になっているのはクリスタルの加護による魔法の力。
ニフルハイムは機械文明の国。多くの魔導兵シガイによる、頭数でもって他国を攻撃するやり方。


ルシス王国

ルシス国の首都はインソムニア。街のモデルは東京都新宿。
王都インソムニアではノクティスの父親・レギスが治めている。
世界に現存する最後のクリスタルを有するルシス王国だが、
長きに渡り軍事国家ニフルハイムとは冷戦関係にあった。


現状を打開すべく和平調停を結ぶことになったが、
ニフルハイム軍の裏切りにより大規模な侵攻が開始されてしまう。
平穏な日々を過ごしていたルシス王家後継者のノクティス達は、突如として戦乱に巻き込まれる。


レギスの子・ノクティスはルシス王家の後継者であり、幼い頃の事故により人の死を感じる能力を得た。
ノクティスを筆頭に、ルシス王家に代々仕えるアミシティア家の総領グラディオラス
幼少から親交のあるイグニス、そして学生時代からの悪友プロンプトなどが彼を支えている。


ルシス王家はクリスタルの加護の恩恵により、クリスタルの特別な力を使用できる。
それで強大な力を持つニフルハイム帝国に対抗している。
ルシス国王が張れる魔法障壁で守られているエリア以外は、ほぼニフルハイム帝国に支配されてしまった。
帝国が魔導兵を大量生産したことにより、ルシス王国は窮地に追い込まれ、魔法障壁の規模が縮小された。


魔法障壁の元の範囲は、リード地方の北側にあるダンジョン『キカトリーク塹壕跡』の入り口付近に、
巨大な石像が背景に見えるが、本来あの辺りまで魔法障壁が張られていた。
壊れた石像や廃市街はその名残のもの。


ルシスの王は何代にも渡り継がれている。
王が亡くなると王の叡智が蓄積されて、次の王に引き継がれるようになっている。
王家では指輪を継承しており、王の叡智だけでなく力も残す。
ファントムソードという武器もルシス国王の代々の武器となる。


■服の色が黒い理由

ルシスのメンバーが全員黒服を着ているのは、ルシス王国の戦闘服によるもの。
ルシス王国では歴史的に『黒色』は特別な色とされている。
そのためルシスの王族と王家に関わる職業の衣装は、黒を基調として統一されている。


ニフルハイム帝国

ニフルハイム帝国の組織図

ニフルハイム帝国は、ルシス王国とは敵国になる。
デザインコンセプトはアシンメトリーで、皆左右違う色の服を着ている。
高度な科学力で開発された兵器を量産して大国へと発展した国。
魔導兵生物兵器(シガイ)を兵として用いることにより、急激に軍事力が増強した。


部隊長クラスの人はアラネア、ロキ、カリゴなど。レイヴスはグラウカ将軍の地位に治まる。
過去には車の技術と文化は、ニフルハイム帝国からルシス王国へと輸入されていた。
ニフルハイムは銃社会の国なので、身の回りの安全を護りやすいという考え方があって
車のハンドルが左側にある。


水の都アコルド(オルティシエ)

水の都アコルドは水量に恵まれた美しい国。ゲームの中でも重要な場所となる。
ルシスの次に訪れる国で、野村哲也氏曰くFF7アドベントチルドレンの出展のときにイタリアへ行った際、
ヴェネチアの風景や街の構造に衝撃を受けてモチーフにしている。


アコルドにある都市『オルティシエ』という街では、召喚獣『リヴァイアサン』と出会うことになる。
ノクトとルーナの和平調停による結婚式を挙げる場所。
150年前の戦争でニフルハイム帝国の支配下にある地域となったが、自治が認められている。


街の一角には、女性絵画から敵が出てくるようなミステリアスな場所もある。
コロシアムなどもあり、オルティシエはFF15にある街の中で一番大きい。
街はモブハントを行う、いろんなモンスターが潜む場所などもあり、
ゲームでは終盤にオルティシエに訪れることになる。


立体的な段差がある海や街の重層構造で差別化を図っており、水辺にはボートが浮かんでいる。
エリアは広場×2、港街×2、宿屋の構成。


■アコルド首都構成案
  • 海自体立体的な段差がある
  • 街は多層構造-建物の上にも水路がある
  • 街への入口は高めの目線で水を強調したい(導入部考え中)
  • 建築物はヴェネツィアベース+オリジナリティ(考え中)

テネブラエ

テネブラエはニフルハイム帝国領の北側にある都市。
神々から星の力を譲り受けた『神凪』の一族・フルーレ家が統治している。
もともとはルシス王国と良好な関係にあった都市だが、ニフルハイム帝国の襲撃を受けて支配されてしまった。
その際にルーナの母であるテネブラエ当主・シルヴァが殺害され、ルーナは幽閉された。


ダスカ地方

ダスカ地方は体験版でプレイできた地域。
コンセプトは全体的に広大な荒地だが、共存する生態系を持つので植生や湿地がある。
地域全体に見られる大きな岩のアーチなどが見られ、ダスカ地方には召喚獣『タイタン』がいる。


ガラード地方

インソムニアの北東にある小さな諸島の一地方。
キングスグレイブFF15で登場するニックス、リベルト、屋台の店主(やまちゃん)などが、
ガラード地方の出身である。


かつてはレギスの魔法障壁でガラード地方も覆われていたが、
30年前の戦いで魔法障壁が縮小されたことにより、ガラード地方はニフルハイム帝国の侵攻を受けた。


ユセロ地方

ニフルハイム帝国領土で、氷神シヴァの影響により雪原と砂漠が広がる土地。
砂漠地帯では、帝国軍の基地と武器工場が密集している地域。
グロブス渓谷には、氷神シヴァの亡骸が鎮座している極寒の渓谷。



拠点、企業

ハンマーヘッド

ハンマーヘッドは車の整備も兼ねたスタンドのような場所。
アートデザインでは、ハンマーヘッドシャークというサメをモチーフに描かれている。

ハンマーヘッドではシドニーが整備士として務めており、車の修理やカスタマイズなどを行う。
シドニーがいる所とは別に本社もある。本社の経営者はシドニーの叔父にあたるシドが経営している。


ガディーナ渡船場

ガディーナ渡船場は、渡航できる船が出ている船場。
ホテルやレストランなどの施設もあり、釣り場なども用意されている。


チョコボポスト・ウィズ

チョコボポスト・ウィズ(WIZ CHOCOBO POST)は、チョコボを飼育している施設。
チョコボのレンタル施設で、チョコボ好きの親父が同士を増やそうとしている。
チョコボは車が通れないエリアを移動することができ、基本移動の乗り物となっている。
名物のギサールチップスはバフ強化の効果が高い。


レスタルム

レスタルムは、キューバをモチーフとした街。
活気溢れるところはモロッコやマレーシアからもインスピレーションを得てデザインされている。
荒地の上に街を作った、元気いっぱいの陽気なレスタルムの人々を描写されてます。
初期コンセプトは、モロッコの『シャフシャウエン』とFF15の世界のミックスを検討していた。


お店が立ち並ぶ街路や露店商人、各地から集まるミュージシャンで賑わっている街並。
広大なオープンワールドからこの街にやって来ると良い気分転換を味わえます。


大きな建物の施設の下にはクレーターがあり、昔落ちたメテオが今も燃え続けている。
そのメテオから熱エネルギーを得て電力に変換し、この街が栄えている。
レスタルムにある企業『イチネリス鉱業』が、発電所で電気にしてる。
グラディオラスの妹のイリスなどは、レスタルムへ避難している。


カエム

カエムは街ではなく、港的な役割を果たすプレイヤーの隠れた拠点『カエムの岬』。
30年前にルシス王家が利用していた隠れ港で、レギスが使用してた船が今も残されている。
すぐ近くには海が広がっており、船を手に入れて次なる国のアコルドへ渡ることになる。


カルタナティカ

カルタナティカは、帝国領スカープ地方に属する。
そこへ停車するカルタナティカ駅では、乗客よりも貨物の方が多いのだという。


クロウズ・ネスト

クロウズ・ネストは各地方にあるファーストフード店。
チェーン店がいくつかあるが、本店はクレイン地方にあるオールド・レスタ。
店内では食事をしたり、討伐依頼を受注できたりと、
他のレストランと比較して特に変化はないが、店舗で共通した料理が販売されている。


クロウズ・ネストではマスコットキャラがおり、名前はケニー・クロウ
カラスのマスコットで、店内ポスターや店前のベンチにケニーが設置されていたり、
店内に置いてあるラジオを聞くとケニーの声などを聴ける。


コルニクス鉱油

コルニクス鉱油はクロウズ・ネストほどでもないが、いくつかチェーン店がある車の企業。
実際のセルフ給油機のように、ギルを支払ってレガリアにガソリンを補給できる。
近くには店が用意されている所もあり、車のカスタマイズ用品などが販売されている。


武器販売キュルス

武器販売キュルスは、トラックを改造して移動販売をしている武器アクセサリー屋です。
ハンター御用達の店で、店舗があるのはレスタルムだけ。
拠点の駐車スペースで露店のように装備品を販売している。


宿泊施設(ズィーズィー・ズー、リウエイホテル)

ズィーズィー・ズーは、自動車旅行向けのモーテル。
駐車場に給油機なども設置されており、宿泊施設内は一般店なホテル仕様。

リウエイホテルは、富裕層を対象とした高級ホテル。
一泊するのに価格が高いが、ズィーズィー・ズーよりは経験値倍率が高く設定されている。



↑TOP