キングスグレイブ FF15について


KINGSGLAIVE FF15(キングスグレイブ FF15)は、フルCG長編映像作品です。
物語はノクティスたちが旅に出た後、ルシス王国で起こったニフルハイム帝国の襲撃の出来事を描いている。
FF15のスピンオフや続編といった位置付けではなく、舞台は同じ時間軸。
ノクトの父親・レギス王の視点で描かれた、父と子の絆を描いたバックグラウンドストーリーです。


主人公はルシス王国の『王の剣』の一員であるニックス。
長らくルシス王国とニフルハイム帝国は対立していたが、やがて和平を結ぶことになった。
ノクティス王子とルーナが政略結婚をすることになった訳だが、調印式当日になると
ルシス王国の首都『インソムニア』が襲撃される、FF15のもう一つのストーリーが描かれている。


キングスグレイブFF15の映像時間は115分ぐらい。
日本では全国ロードショーにて2016年7月9日より上映されるため、
FF15のゲーム発売前に見ることができる。Blu-ray Discでも2016年9月30日に発売されます。
FF15のゲームソフトとキングスグレイブFF15をセット販売した商品なども発表されている。


キングスグレイブFF15を見ないと、FF15のゲームは楽しめないのか?

ゲームの物語とは別物になるように、制作する段階で全く心配がないように完全配慮してある。
ゲーム冒頭ではノクティスがルーナと結婚するために旅立つことになり、
「その頃、レギスは一体何をしていたのか?」を描いたものがキングスグレイブFF15となります。


そのためキングスグレイブFF15では、レギス視点でストーリーが描かれている。
映像はゲームをプレイする前でも、途中でも、ゲームクリア後でも、どのタイミングで見ても
抱く印象は変わらないように作ってある。


ゲームをプレイする前にキングスグレイブFF15を見れば、ゲームのオープニングの段階から、
レギスとノクティスが背負っているものが一体どんなものか、理解したうえでゲームを始められる。
それにより、より深く感情移入しやすくなるのだとか。
なので両方見たほうが、FF15の物語をより深い体験が得られるようになっている。


【映画】キングスグレイブFF15の興行収入

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVのデイスク版パッケージ

2016年7月9日より上映されたキングスグレイブFF15は、
44館と小規模公開ながらも土日2日間で動員2万2818人、興収3551万6460円。
週間興行収入ランキングでは10位に初ランキング。
ただ他の映画と比較すると、それほど多い興行収入ではなかった。


公開初週2日間のスクリーンアベレージ:第1位

ぴあ映画初日満足度ランキング(7月8~9日):第1位


7月9日から公開10日間では動員7万133人、興収1億561万1860円を突破する。
7月8・9日の『ぴあ映画初日満足度ランキング』では第1位を獲得。
学生たちの夏休み期間に合わせてか、2016年7月23日より来場者特典第2弾となる
『ニックス、レギス、グラウカのイメージボード』が用意されている。


現在ではBlu-rayディスク版が販売されており、映画で使用してたパッケージデザイン。
Limited Edition Steel Book版はデザインが異なる。



ストーリー

神聖なるクリスタルを擁する魔法国家ルシス。
クリスタルを我が物にしようとするニフルハイム帝国。
二国はあまりにも長い戦いの歴史を続けていた。


ルシス国王レギス直属の特殊部隊『王の剣』。
ニックス・ウリックら『王の剣』は魔法の力を駆使し、
進行してくるニフルハイム軍を辛くも退けていた。


しかし、圧倒的な戦力の前に、レギスは苦渋の決断を余儀なくされる。
王子ノクティスとニフルハイム支配下のテネブラエ王女ルーナとの結婚、
そして、首都インソムニア以外の領地の放棄―。


それぞれの思惑が交錯する中、ニフルハイムの策略により
人知を超えた戦場へと変貌したインソムニアで、
ニックスはルシス王国の存亡をかけた戦いに向かう。


全ては“未来の王”のために。


■キングスグレイブFF15を見れば何が解かるのか?
  • どのような調停協定だったのか
  • どのようにしてルシス国の首都・インソムニアが襲われたのか
  • ルシス国にあったクリスタルの行方
  • どのようにして旧テネブラエ国を支配されたのか
  • ルシス国に受け継がれる『王家の指輪(光耀の指輪)』とはどんな効果があるのか
  • 魔法の破壊力、凄さ、威力的なもの、戦争の壮大さ
  • ニフルハイム帝国の生物兵器(シガイ)を見れる
  • ベヒーモスも含め、ファイナルファンタジーで知れてるモンスターが見れる
  • トレーラー『夜明け』の最後辺りで登場してた、巨大な蜃気楼風の3体の正体がわかる
  • 各キャラクターの生死(死んだのかどうか不明瞭なキャラもいる)
  • ルシス国王直属の戦闘部隊『王の剣』の立場・心情
  • ルーナはどんな性格・雰囲気の女性か、グラウカ将軍の正体


キャラクター

国勢、キャラクター関係図
■王の剣について

王の剣は、ルシス王国が誇るレギス王直属の精鋭部隊。
王に堅い忠誠を誓っており、クリスタルと王家の魔力の恩恵を受けているので魔法も使える。
またノクティスが行っているシフトやシフトブレイクなどもできる。
湾曲した刀身のククリ(短刀)を投げて、ククリに追従するように瞬間移動します。


タイトル名の『キングスグレイブ』とは、『王の剣』のことを意味している。
グレイブ(glaive)とは日本でいう薙刀のような武器のこと。
王の剣のメンバーの衣装を観察すると、十字架のようなエンブレムが見られるが、
それが王の剣のシンボルになっている。モンスターぽいデザインはFF15をプレイすれば解かる。

王の剣のエンブレム

ドラットーが束ねている精鋭部隊は右耳に通信機を付けて、任務や意思を共有している。
作戦の時は、忍者のように黒いフードとマスクを装着して行動することもある。
精鋭部隊は移民を中心に構成されているため、快く思っていない人々もいるが、
彼らは誇りをもってミッションを遂行している。


30年前のルシス王国とニフルハイム帝国の戦争で、インソムニア周辺のカヴァー地方全体に及んでた
魔法障壁を縮小したことにより、カヴァー地方ガラードなどはニフルハイム帝国に襲撃された。
そのため故郷を襲撃された移民は、レギスに忠誠を誓い王の剣のメンバーとなった者もいる。
故郷』を取り戻すことを夢見て…


レギス・ルシス・チェラム(Regis Lucis Caelum)

レギス・ルシス・チェラム

レギスはルシス王国の国王。ノクティスの父親。
聡明で心優しい人格者であり、多くの国民に慕われている。
ノクティスが結婚式に向かった後に、長い間争っていたニフルハイム帝国と停戦協定を結び、
冷戦を終わらせようとした。


レギスはクリスタルの守護者の加護して恩恵を受けているので、特別な力を使うことができる。
絶大な魔力を消費してルシス王国に魔法障壁を張っている故、通常の人より老いるのが早い。
右のこめかみ部分には角のようなアクセサリーをしているが、あれは『王冠』です。


ニックス・ウリック(Nyx Ulric)

ニックス・ウリック

ニックスはキングスグレイブFF15の主人公。
レギス直属の特殊部隊『王の剣』に所属している軍人。


少年時代に戦争に巻き込まれたときに、レギスに救われたため恩義を感じて忠誠を誓っている。
戦闘能力に優れ、王家の魔力との親和性が高い。
ニフルハイム帝国の襲撃を受けて、ルシスの首都・インソムニアでルーナを守るべく奔走する。


もともとのつづりは、Nix(雪)だった。ニックスの衣装だけ角と毛皮が付いている。
それはニックスとリベルトの故郷・ガラードに棲む獣がモチーフとした装飾。


劇中でニックスの顔の肌が火傷のような傷を負ったり、血管が浮き出たりする。
それはシフトを行うと体に負担がかかって高熱を帯び、身体から湯気のような蒸気が上がったり、
服の一部が燃えたりもするが、あれはシフトを使うと負ってしまう代償だそうです。


ルナフレーナ・ノックス・フルーレ(Lunafrena Nox Fleuret)

ルナフレーナ・ノックス・フルーレ

ルナフレーナは基本的にルーナと呼ばれている。
ニフルハイム帝国属州・テネブラエの王女。
神と直接言葉を交わし、世界を浄化して安定を保つ神凪(かんなぎ)の巫女をやっている。
最年少で神凪に就いたこともあり、FF15の世界観では人気者・有名人として扱われている。


幼少の頃からノクティスとは知り合いで、一緒に過ごしていた時期があり、ある約束を交わしている。
協定によりノクティスとの結婚式を取り行うべくオルティシエに向かうはずが、
なぜか協定が行われるインソムニアへと向かった。


ルーナはやさしく強いヒロイン感を出した。
時間経過と共に、ドレスが徐々に破けたり汚れたりしていく。
当初思った以上にルーナが走るので、女性スタッフに聞いてヒールをギリギリ走れる高さに調整したのだとか。


レイヴス・ノックス・フルーレ(Ravus Nox Fleuret)

レイヴス・ノックス・フルーレ

ルーナの兄でクールな人物。
テネブラエがニフルハイム帝国の属州となったことで、現在は帝国軍に属している。
レイヴスは調印式に合わせてインソムニアを訪れることになる。


FF15ゲーム本編にもレイヴスは登場する。
何かと衣服と地面との接触が多く、修正の手のかかるキャラクターだった。


イドラ・エルダーキャプト(Iedolas Aldercapt)

イドラとDavid Gantの比較画像

イドラはニフルハイム帝国の総統。
ルシス王国を手中に収めるため、参謀アーデンと共に策略を奔する。
飛空艇や魔導アーマーを利用して領地拡大を続ける覇権主義者。
長年に渡りルシス国とは戦争を続けてきたが、突如和平を申し出ることに。


イドラの3Dスキャンモデル兼アクターを務めるDavid Gant氏はイドラそのもの。
調印式に向かう際の車中では、道場のアーデンの翼が終始邪魔で仕方なかったと思う。


アーデン・イズニア(Ardyn Izunia)

アーデン・イズニア

アーデンはニフルハイム帝国の政治を取り仕切る人物。
魔導兵の考案を確立させ、以後イドラ皇帝の傍らで政治の実験を握る。
つかみどころがなく、頭の良い切れ者と呼び声が高い。


ニフルハイム帝国はルシス王国と戦争を長く続け、皇帝イドラを頂点としている。
しかし現在のイドラは一線を退いて、実質的にはアーデンが国を取り仕切っている。
ルシス王国に対して停戦をもちかけ、王都インソムニアを訪れることになる。
停戦協定の当日にルシスを襲撃する作戦は、彼の思惑により実行されたのだろうか!?


身振り手振りが大きなキャラクターなので、指の演技にも力が入っている。
調印式に向かう車内では、左腕に装備している黒色の翼は折り畳んでいる設定。


グラウカ(Glauca)

グラウカ

ニフルハイム帝国軍の将軍。
液体金属で作られた鎧を身につけて戦場を駆け巡る。軍のトップにいながらも前線に現れる。
私的な部分をまったく見せず謎の多い存在で、キングスグレイブFF15では裏の顔が見れる。


液体金属の鎧は、攻撃を受けると高温で溶けた金属のような形に変形する。
また変形したり、飛び散った鎧は時間経過で元の形状に戻るコンセプト。


タイタス・ドラットー(Titus Drautos)

タイタス・ドラットー

ドラットーは『王の剣』を束ね、指揮をとっているルシス王国の将軍。
他人にも自分にも非常に厳しく、自ら厳しい努力を強いている人間に対しては評価する。
騎士道精神と民族の誇りを大切にしている。ニックスには戦い方を教えた人物で師匠にあたる。


ドラットーをよく見ると歴戦の傷が残っている。
普段から険しい表情をしているが、場面によっては柔和な表情になるところもある。
真面目で厳しい性格だが、寝癖がついていて人間らしい一面もある。


リベルト・オスティウム(Libertus Ostium)

リベルト・オスティウム

リベルトはニックスと同郷で親友で、『王の剣』の隊員。
明るい性格のムードメーカーだが、決して軽いわけではなく、責任感が強く頑固な一面もある。
ルシス王が決定したことに対しても不満を爆発させるシーンもある。
クロウのことを妹のように思っているため、過保護な接し方をして起こられることも。


感情豊かなキャラクターで、いろんな場面でいい表情をしてくれる。
食事シーンではモリモリ食べる人。


ルーチェ・ラザロ(Luche Lazarus)

ルーチェ・ラザロ

ルーチェは『王の剣』の隊員で、知性的でメンバーからの信頼が厚く、
リーダー的なポジションだと自認している。
ニックスの腕や忠誠心を認めており、指揮を任せるひと幕もある。


真面目な性格で、王の剣のフードの被り方にも表れており、アゴ紐の部分をキッチリと絞める。
冷静沈着なキャラクターで、右太ももにはナイフを9本装備している。


クロウ・アルティウス(Crowe Altius)

ロウ・アルティウス

クロウは『王の剣』の一員の女性隊員。
ルシス辺境の出身で孤児として育ち、王の剣のメンバーを家族のように思っている。
数少ない特殊能力を持つ大魔法を扱える術者の一人。
詠唱時間はかかるが、通常の魔法より強力な魔法を使えるのが特徴。


腰に短刀を1本装備している。
クロウの複雑な髪型は、プロのヘアメイクが担当している。


クレイラス・アミシティア(Clarus Amicitia)

クレイラス・アミシティア

FF15に登場するグラディオラスの父。
ルシス王国の重鎮であり、国王レギスとは幼馴染みで、両者の間には立場を超えた深い絆がある。
若い頃はレギスと一緒に旅をしたこともある王の一番の理解者。


クレイラスの衣装が複雑なシミュレーションで動いているので、普通に座っているシーンでも
実はかなりのコストがかかっている。


ソニト・ベラム(Sonitus Bellum)

ソニト・ベラム

ソニトは『王の剣』の隊員の一人。
武器使いの名人で、兵士として規律を重んじている実直な青年。
魔法より武器の扱いに長けている。かつて戦場でトレッドに命を救われた。


ペルナ・カーラ(Pelna Khara)

ペルナ・カーラ

ペルナは『王の剣』の隊員の一人。
利発で洞察力に秀でており、たとえ修羅場になっても慌てずに行動できる頼りになる隊員。
故郷の境遇が似ていることもあり、プライベートな時間では親近感を持って
仲間と共に過ごすことも多い性格。


トレッド・フュリア(Tredd Furia)

トレッド・フュリア

トレッドは『王の剣』の隊員の一人。
訓練を重ね、部隊でもトップクラスの腕前を誇る優秀な兵士。
傭兵としての意識が高く、王の剣の中でもプロ意識が高い。
作戦には忠実で一部の人間からの支持が厚い。政策に対しては割り切りを見せている。


アクシス・アーラ(Axis Arra)

アクシス・アーラ

アクシスは『王の剣』の隊員の一人。
かつては3児の父で農夫だったが、一族を守ろうとして王の剣に志願した。
口数が少なく寡黙だが、仕事はキッチリとこなしていく縁の下の力持ち。
トレッドには戦い方を教わり尊敬している。


ペトラ・フォルティス(Petra Fortis)

ペトラ・フォルティス

ペトラはインソムニアの出身で、ルシス国の北ゲートを守っている衛兵の一人。
衛兵の仕事を誇りに思い、レギス王へ忠誠心も高い。
しかし王の剣には不信感を抱いている。
トレーラー映像でニックスに語りかけるも無視されて、舌打ちをしている人物です。


ルシス国高官

レギスの側にいる3名の老人たち。
彼らはルシス王国の高級官僚で、議会では国の行方の激論をかわす。



KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVの映画、製品情報



キングスグレイブFF15は2016年7月9日より全国ロードショーが決定している。
Blu-ray Discでも2016年9月30日に発売されます。通常版の価格は4800円+税。
その他、2種類のFilm Collections Box FF15のコレクターズ・ボックスが販売される。


上映している劇場は全国で42箇所。劇場サイトで対象地域を確認できます。

http://kingsglaive-jp.com/theater/


■劇場販売グッズ
  • 3Dクリアファイルセット:1000円
  • B2ポスター:1000円
  • フェイスタオル:1500円
  • パンフレット:1000円

グッズ絵柄:http://kingsglaive-jp.com/theater/goods.html


【第1弾】特典のA3サイズのメタリックポスター

キングスグレイブFF15のポスター

第1弾全国共通特別鑑賞券はすでに発売され、特典として数量限定でA3サイズのメタリックポスターが付く。
第1弾チケット購入は2016年6月17日までです。
ルーナの後ろ辺りに背後霊らしきものが確認されているとささやかれてますが、
背後霊の正体はノクティスの後ろ姿でした…(汗)


【第2弾】特典の”王の剣”エンブレム2.5Dピンズ

王の剣・エンブレム2.5Dピンズ

第2弾全国共通特別鑑賞券には、特典として数量限定で”王の剣”エンブレム2.5Dピンズが付く。
エンブレムは、王の剣のメンバーが身に着けているものをモチーフにしてます。
こちらも全国の上映劇場にて販売されてます。第2弾チケット購入は2016年6月18日からです。


来場者特典『ルナフレーナのイメージボード』

イメージボードミニ色紙(ルナフレーナ)

2016年7月9日より劇場にてイメージボードミニ色紙がもらえる。
先着順で無くなり次第終了する(1人1個プレゼントされる)。
2016年7月22日まで配布されてます。


来場者特典第2弾『ニックス、レギス、グラウカのイメージボード』

ニックス、レギス、グラウカのイメージボード

2016年7月23日より劇場にてニックス、レギス、グラウカのイメージボードミニ色紙がもらえます。
3種類のうちどれか1種類ランダムで配布されるもので、数量限定につき無くなり次第終了する。
同じ上映回に複数チケットを購入した場合も一人1個になる。
2016年8月5日まで配布されてます。


来場者特典第3弾『モチーフステッカーセット』

キングスグレイブのモチーフステッカーセット

2016年8月6日より劇場にて、来場者特典第3弾をプレゼントしてます。
第3弾目はモルボル君紋章などをモチーフにしたステッカーです。
こちらも先着で無くなり次第終了する。一人1回の鑑賞につき1個まで。
2016年8月19日まで配布されてます。


来場者特典第4弾『特製ミニポートレート』

キングスグレイブの特製ミニポートレート(ニックス、クロウ、リベルト、やまちゃん)

2016年8月20日より劇場にて、英語版の公開記念として来場者特典第4弾をプレゼントしている。
これは英語版と日本語版共通の特典となる。
酒場でくつろぐ、ニックス、クロウ、リベルト、やまちゃんの4名です。
こちらも先着で無くなり次第終了する。一人1回の鑑賞につき1個まで。


来場者特典第5弾『A2クリアポスター』

キングスグレイブの来場者特典第5弾『A2クリアポスター』

2016年10月1日より劇場にて、4D映画(4DX・MX4D)が一部の地域で上映される。
これまでのミニイメージボードの来場者特典で描かれていたイラストを、
ひとつにまとめたA2クリアポスターが特典になります。先着で無くなり次第終了する。


オリジナルポップコーン

キングスグレイブFF15 オリジナルポップコーン

映画館では7月9日により、キングスグレイブFF15のオリジナルポップコーンが販売されるそうです。
ポップコーンの価格は劇場により異なる。


ポップコーンを購入すると購入特典として『特製A5サイズクリアファイル(全2種類)』がもらえる。
数に限りがある商品で、クリアファイルは2種類から選ぶことができるが、
販売状況によりどちらかのデザインが配布終了になる場合もある。


取り扱い劇場
新宿バルト9 TOHOシネマズ日本橋 TOHOシネマズ六本木ヒルズ T・ジョイPRINCE品川
シネ・リーブル池袋 MOVIX亀有 TOHOシネマズ錦糸町 ユナイテッド・シネマ豊洲
横浜ブルク13 TOHOシネマズ海老名 京成ローザ⑩ TOHOシネマズららぽーと船橋
MOVIX柏の葉 MOVIXさいたま ユナイテッド・シネマ入間 シネプレックスわかば
シネプレックス水戸 MOVIX宇都宮 ユナイテッド・シネマ前橋 札幌シネマフロンティア
MOVIX仙台 イオンシネマ福島 T・ジョイ新潟万代 109シネマズ名古屋
イオンシネマ大高 MOVIX三好 ユナイテッド・シネマ豊橋18 イオンシネマ金沢フォーラス
梅田ブルク7 TOHOシネマズなんば イオンシネマ茨木 T・ジョイ京都
神戸国際松竹 TOHOシネマズ西宮OS MOVIX倉敷 広島バルト11
T・ジョイ博多 鹿児島ミッテ10 T・ジョイリバーウォーク北九州 MOVIX八尾

ポーション

ポーション

シネ・リーブル池袋だけ、320円でエナジードリンク『ポーション』が販売されているそうです。
ドリンク販売はキングスグレイブの劇場期間中まで販売予定。


バナナの甘さでエネルギー回復!
すっきりブルーキュラソーで爽やかさを回復!
これを飲んで、さぁ戦いへ。
全ては未来のあなたのために―…


KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック

キングスグレイブ FF15 オリジナル・サウンドトラック

キングスグレイブFF15のオリジナル・サウンドトラックは2016年9月7日に発売されます。
初回生産分限定は『特製スリーブケース』付きで販売される。
ネット通販でも予約を受けてます。また公式サイトでは曲を視聴できる。
2016年9月13日~2016年11月29日までPlayStation Plusで配信。


■製品内容
  • 発売日:2016年9月7日
  • ディスク:2枚組(2cm CD)
  • 価格:2800円+税
  • 音楽:John Graham
  • メインテーマ:下村陽子
  • 品番:SQEX-10560/1
  • 発売会社:スクウェア・エニックス
  • 販売会社:ソニー・ミュージックディストリビューション
  • 公式:http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/kingsglaive/

Disc 1 Disc 2
  1. Prologue
  2. Under Siege
  3. Diamond Weapon
  4. To the Rescue
  5. Sombre Return
  6. The Chancellor
  7. A Modest Proposal
  8. Far from Home
  9. Calling for Rain
  10. The Choice
  11. Ill Tidings
  12. Haunted
  13. FINAL FANTASY Main Theme
    (KINGSGLAIVE Version)
  14. LUNA
  15. In the Line of Duty
  16. Memories
  17. Somnus (Instrumental Version)
  18. Simmering Unrest
  19. Missing Princess
  20. Suit Up, Glaives
  21. Treaty Signing
  1. Treachery
  2. Before the Throne
  3. The Ring of the Lucii
  4. Our Hope Goes with You
  5. The General and the King
  6. No Turning Back
  7. Doubt
  8. Despair
  9. The General's Ambition
  10. Kings of Lucis
  11. Battle for the Crown City
  12. Little Sister
  13. Headlong
  14. At Struggle's End
  15. A Promise to Keep
  16. NYX
  17. APOCALYPSIS NOCTIS

制作スタッフ、声優

キングスグレイブ FF15の制作期間は2年半ぐらい。FF15を初めに構成していった時、
2つのストーリーにしようとした。FF15は父と子の絆がテーマなので、
二人それぞれストーリーを見せていこうと、物語はルシス王国襲撃の舞台裏にしようと決まった。


短い期間でこれだけのクオリティーの高い映像が完成した訳だが、
外部のプロダクションに協力を求め、スクエニはコントロール機能に徹して制作した。
スクエニ内で固執するのではなく、広い視野で世界中のプロダクションの中からパートナーを探していき、
最終的には国内外で49社のスタッフが関わっている。


キングスグレイブ FF15は英語版をベースに制作されている。
なので、日本語版は日本語吹き替え版になります。


FF15ゲームとキングスグレイブFF15とでは、人間の感情をより細かく表現するために、
キャラクターのモデリングが変更されている。
キングスグレイブFF15の方は、リアルな人間に近いモデリングになっている。


職種 スタッフ
プロデューサー 田畑 端
伊藤 幸正
Larry Sparks
橋本 真司
ディレクター 野末 武志(監督)
脚本 長谷川 隆
ミュージック John Graham
メインテーマ 下村 陽子
エグゼクティブ・
プロデューサー
松田 洋祐
アートディレクター 仁木 健二
井手 弘人
鈴木 友輔
編集 小島 佳一
設定協力 坂室 紗織
キャスティング 河田 瑠衣
マーケティングPR 大日方 可巧子
キャラクター 声優、モデル
ニックス・ウリック 綾野 剛(日本)
Aaron Paul(英語版)
ルナフレーナ・ノックス・フルーレ 忽那 汐里(日本)
Lena Headey(英語版)
レギス・ルシス・チェラム 磯辺 勉(日本)
Sean Bean(英語版)
Jon Campling(3Dモデル)
タイタス・ドラットー 山寺 宏一(日本)
Adrian Bouchet(英語版、3Dモデル)
リベルト・オスティウム かぬか 光明(日本)
Liam Mulvey(英語版、3Dモデル)
ルーチェ・ラザロ 関 智一(日本)
Todd Haberkorn(英語版)
クロウ・アルティウス 藤村 歩(日本)
Andrea Tivadar(英語版、3Dモデル)
イドラ・エルダーキャプト 飯塚 昭三(日本)
David Gant(3Dモデル)
アーデン・イズニア 藤原 啓治(日本)
Darin De Paul(英語版)
クレイラス・アミシティア 銀河 万丈(日本)
John DeMita(英語版)
トレッド・フェリア 小松 史法(日本)
Max Mittelman(英語版)
ペルナ・カーラ 高木 渉(日本)
Ben Diskin(英語版)
レイヴス・ノックス・フルーレ 中村 愁一(日本)
Trevor Devall(英語版)
■制作:株式会社スクウェア・エニックス、配給:株式会社アニプレックス

公式:http://www.jp.square-enix.com/kingsglaive/

劇場:http://kingsglaive-jp.com/


■映画上映日
  • 日本:2016年7月9日~
  • 北米:2016年8月19日~
  • 2016年8月20日より、英語ボイス版が劇場公開(上映地域は徐々に増える予定)
  • 2016年10月1日より、キングスグレイブの4D版上映が決定している

■デジタル配信

2016年8月30日より、キングスグレイブのデジタル配信が以下のWebサイトで決定。
こちらは日本語版と英語版の同時配信を行っている。


  • Amazonビデオ
  • DMM.com
  • Google Play
  • GYAO!ストア
  • ひかりTV
  • iTunes
  • J:COMオンデマンド
  • ニコニコ動画
  • PlayStation Video
  • 楽天SHOWTIME
  • TSUTAYA TV

■4K/HDRのキングスグレイブFF15

2016年10月25日から六本木ヒルズアリーナにて、東京国際映画祭2016が開催された。
そこで4K/HDRのキングスグレイブFF15が野外上映された。


KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVとNew Audi R8とのコラボ

FF15の車とコラボの世界に1台存在するR8(アウディ)

劇中に登場するルシス王国公用車の黒い車は、
ドイツの自動車メーカーR8(アウディ)とコラボレーションして作られたオリジナルデザイン。
世界で1台だけ存在し、値段は4000万円ぐらい。


映画館での舞台挨拶

2016年7月9日より映画館でキングスグレイブFF15が上映されるが、
7月9日・10日の二日間に特定の地域で舞台挨拶が行われます。
野末武志(ディレクター)、長谷川隆(脚本)、藤原啓治(アーデン・イズニア役)が登壇予定。
期間販売による選考抽選販売や一般販売などが行われてます。

キングスグレイブFF15の野末武志氏、長谷川隆氏の映画舞台挨拶の内容


■チケット販売方法
  • 先行抽選販売『プレリザーブ』の概要
  • 申込受付期間:6月25日11時~7月1日11時
  • 抽選結果発表:7月1日18時
  • 引換開始日:7月1日18時~

  • 一般販売の概要
  • 販売期間:7月2日10時~7月8日23時59分

購入詳細:http://kingsglaive-jp.com/theater/event.html


■2016年7月9日
  • 料金:2000円(税込)
  • 会場:新宿バルト9(8:00の回の上映後)
  • 会場:イオンシネマ福島(11:50の回の上映後)
  • 会場:MOVIXさいたま(15:10の回の上映後)

■2016年7月10日
  • 料金:2000円(税込)
  • プレミアシート:2500円(梅田ブルク7のみ)
  • 会場:梅田ブルク7(8:55の回の上映後)
  • 会場:T・ジョイ京都(11:45の回の上映後)
  • 会場:109シネマズ名古屋(14:05の回の上映後)

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』公開直前SP ~FFXV UNIVERSE REPORT~

2016年7月9日の全国ロードショーに向けて、キングスグレイブFF15の公開直前特番が放送されます。
番組名は「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」公開直前SP ~FFXV UNIVERSE REPORT~

キングスグレイブFF15とブラザーフッドFF15の世界を各関係者へのインタビューや、
制作の舞台裏映像を交えて深く掘り下げた内容。


■放送日時
  • TOKYO MX:7月6日 19:30~20:00
  • とちぎテレビ:7月6日 24:30~25:00
  • 群馬テレビ:7月6日 19:30~20:00
  • BS11:7月6日 23:30~24:00


キングスグレイブのクリエイター、制作動画

作曲・下村陽子氏のインタビュー動画

FF15とキングスグレイブで作曲を行っている下村陽子氏のアンカバード後のインタビュー動画です。
ゲームのための作曲と映画での作曲の違いを説明している。
プラチナデモのあの曲も下村氏が作曲したものなんですね。
結構発表されたと思うが、それでも発表していない曲はまだまだあるのだとか。


『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のメイキングスペシャル

2016年7月11日にニコニコ生放送で放送されたCGWORLDで放送してた
映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のメイキングスペシャル映像です。
監督・野末武志氏やその他制作スタッフがキングスグレイブをどのように制作したのか、
制作データも混じえて2時間強ちかく解説しています。


ファイナルファンタジーXV アクティブ・タイム・レポート キングスグレイブ スペシャル

2016年8月8日の21時~22時に、ユーチューブとニコニコで
キングスグレイブFF15のアクティブ・タイム・レポートが放送されます。
出演者は田畑端氏、大藤昭夫氏、野末武志氏。
ゲストに野末氏を迎え、キングスグレイブの制作秘話や隠しネタ?が公開されるかも!?


レギスの右耳上に付いているものは?

王冠です。巷では『芋けんぴ』と呼ばれていた。

モルボル君のMBSって?

MBSとは料理(モルボ・スムル)の名前の略のこと。
キングスグレイブの屋台で調理しているガラード地方の名産・串焼き肉を
緑色の液体に浸して食べるので、モルボルの色に似ているところから付けられている。
その料理を表そうとして、モルボル君が生まれたという裏設定がある。


ちなみに屋台の店主は名前が付いていないので、「やまちゃん」と愛称で呼ばれている。
店主はモルボル君のファンではなく、モルボル君のグッズを売ろうとしている。
店主には裏設定があり、昔インソムニアの王様が住んでいるお城の料理人だった。
そこの王様が店主の料理が嫌いだったので仕事をクビにされて、屋台で生計を立てている。


FFヴェルサス13の頃のトレーラーで、子供の頃のノクティスが緑色のスープを食して
おいしくないよ」と言い、レギスが「そんなことを言うな。料理人が仕事を失う」と
発言したシーンがあるが、その一件で仕事を失ってしまったのが『やまちゃん』なのだとか。
またキングスグレイブFF15においても、モルボ・スムルは「まずい」と言われていた。

グラウカ将軍の鎧ってどうなってるの?

あれは液体金属でできている設定。ニフルハイム帝国の最先端技術の武器である。
液体金属の鎧は防具としての効果だけでなく、自身を強化してくれるパワードスーツでもある。
グラウカ将軍が縦横無尽に動けるのはあの鎧のおかげ。


3D制作の越智光進氏と糸山祐一氏のインタビュー動画


3Dモデリングソフト『ZBrush』のPixologic社による、
スクエニの越智光進氏と糸山祐一氏のインタビュー動画です。
キングスグレイブのモデリング作業はZBrushで作ったので、それでインタビューされたのだろう。


ZBrushでククリのレリーフの作り方、グラウカ将軍のモデリング制作工程


越智氏が実際にZBrushでククリのレリーフの作り方と、グラウカ将軍のモデリングをしてます。
凄い細部に至るまでのこだわりの作り込み、ZBrush使い必見の内容。


シンメトリー(反転コピー)はNGだそうで、かな~り気が遠くなるような作業になります…。
最初から最後までの制作工程で四ヶ月間もかかるそうです。
ポリゴン数も恐ろしいことになってそうだ。グラウカの鎧は一種の芸術作品ですね!



声優のインタビュー動画

キングスグレイブFF15の日本語版の声優陣インタビュー映像です。
話の内容からするとキングスグレイブFF15は海外版が先に声を収録してた模様。
綾野氏は昔からファイナルファンタジーのゲーマーだとか。
以下の質問に答えてました。


ニックス役の綾野剛氏のインタビュー


  1. 出演が決まった時の感想
  2. 初めての声優挑戦について
  3. 初めて台本を見た感想
  4. 本編を見ての感想
  5. 声を入れる際に注意した点
  6. 演じたニックスについて
  7. FFシリーズのプレイについて
  8. プレイする時のこだわり
  9. 好きなキャラクター
  10. 綾野さんにとってFFとは
  11. 本作の見どころ

ルーナ役の忽那汐里氏のインタビュー


  1. 出演が決まった時の感想
  2. 本編を見ての感想
  3. 外国語からの吹き替えについて
  4. 声を入れる際に苦労した点
  5. ルーナの声の演出
  6. 演じたルーナについて
  7. FFファンにメッセージ
  8. 本作の見どころ

完成披露舞台挨拶『KINGSGLAIVEワールドプレミア』


2016年7月5日に東京・六本木ヒルズアリーナにて『KINGSGLAIVEワールドプレミア』が行われた。
オープニングステージでは声優を務めた綾野剛氏と忽那汐里氏、
そしてキングスグレイブFF15制作の野末武志ディレクターが登壇した。
綾野剛氏が登場する際に乗って来た車は、R8(アウディ)とコラボした例の車です。


動画はどこも中途半端な形でしか投稿されてなかったが、チラッと映ってたモルボルのケーキの
モルボルデザインは野末武志Dがデザインした絵柄だとか。
映画館販売のファイスタオルに描かれているモルボルのデザインのやつ。


■綾野剛氏のインタビュー

綾野氏がファイナルファンタジーのジョブをやるとしたら『たまねぎ剣士』をやりたい。
FF6ではティナに恋してた。FF7ではこれRPGにしていいの?と重いテーマを扱ってる気がして
今の現代に響く色あせてないところが素敵ですね。


初声優の感想は、FFファンの一人としてこの作品に携わるのに正直恐怖や不安があった。
プロの声優の凄みを体感し、圧倒的な差があることを認めながら、この作品に携わったつもりです。
その中でFFの世界観をどう体現していくのか、いろんな声優の方々の声を受けて背中を追いかけて
走っていた状態が続いた。


「役者にできることは一体なんだろう?」と素直に考えました。
これからファイナルファンタジーに触れる方や、過去にファイナルファンタジーをやっていたけども
今は離れている方々に我々が出ることにより、こういった作品があるんだ、またFF盛り上がってるんだと、
あの時の波をもう一回しっかり持ち上げていきたい。FFに対して恩返しになればと思いやらせてもらった。


KINGSGLAIVE FFXV ファン感謝特別ムービー

2017年1月1日に投稿された、KINGSGLAIVE FFXV ファン感謝特別ムービーの動画です。
モルボルくんがオルトロスに襲われてて、
屋台の店主の山ちゃんが、華麗にオルトロスを退治してモルボルくんを救出してます。


本日のお品書きには、チョコボ手羽先、トンベリ姿蒸し、干しサボテンダー、
そして茹でタコとメモしていたので、オルトロスはどうやら料理されてしまったという設定なのだろう。
山ちゃんと同じ出身地・ガラードのリベルトが、料理がクソまずいと文句を言っているが、
どうやら狩りをしたオルトロスが混ぜられていたようだ…



↑TOP