ポーカーの遊び方

カジノの場所マップ
場所
  • カジノ
勲章
  • カジノ:獲得チップ累計30000枚
  • カジノ:獲得チップ累計50000枚
  • カジノ:獲得チップ累計100000枚
  • カジノ:獲得チップ累計150000枚
  • カジノ:ポーカー獲得チップ累計10000枚
  • カジノ:ポーカー獲得チップ累計20000枚
  • カジノ:ポーカー獲得チップ累計30000枚

ポーカーの内容

カジノでプレイできるポーカーは、メインストーリー第3章の進行でカジノへ訪れることになり、
その後ポーカーをプレイできるようになります。
受付カウンターでチップを購入してからプレイする流れになる。
獲得したチップは、受付カウンターの景品交換で使用します。


ルールはテキサスホールデム、パイナップルホールデム、オマハホールデムの3種類が用意され、
低ルート(5枚/10枚)、高ルート(50枚/100枚)を選択してプレイできる。



テキサスホールデム

ポーカーとは、配られた5枚のトランプで強い役を作るカードゲームです。
基本となるのがテキサスホールデムのルール。
自分の手札とテーブル中央に並べられた共有札で役を作ることになります。


ラウンド毎にチップを賭けることになるので、
ゲームを続行するか、勝負を途中で降りるか駆け引きとなる。


BET
(ベット)

チップを出して次の参加者に出番を回す。

CHECK
(チェック)

チップを出さないで次の参加者に出番を回す。

CALL
(コール)

前のプレイヤーと同額のチップを出す。

RAISE
(レイズ)

前の人より多いチップを上乗せする。

FOLD
(フォールド)

勝負を降りる。賭けたチップは没収。


■ルール
  1. 2枚カードが配られる。
  2. 【1 ROUND】チップを出すか、降りる。
  3. 中央のテーブルに3枚のカードが置かれる。
  4. 【2 ROUND】チップを出すか、降りる。
  5. 中央のテーブルに4枚のカードが置かれる。
  6. 【3 ROUND】チップを出すか、降りる。
  7. 中央のテーブルに5枚のカードが置かれる。
  8. 【4 ROUND】チップを出すか、降りる。
  9. もっとも役が強いプレイヤーがチップ総取りで勝利する。

■同時判定の場合
  1. 強いカードで役を作った人が勝つ。
  2. 役とは関係のない札の中で、最も強いカードを持っている人が勝つ。
  3. すべて同じ数字の組み合わせの場合、引き分けとなり賭け金は山分け。

弱い←            →強い

2、3、4、5、6、7、8、9、10、J、Q、K、A



パイナップルホールデム

初めに3枚の手札が配られ、不要な手札を1枚捨てる。
あとはテキサスホールデムのゲームの流れと一緒で、チップを賭けながら進行する。
2枚の手札と5枚の共有札で役を作ります。


勝利条件は一番強い役を成立させるか、相手を全員FOLDさせる。
役に自信があるならBETやRAISEで賭け金を上げるといい。


■ルール

1ROUNDでカードが3枚配られる。
配られたカードのうち1枚を捨てて、残り2枚を手札にする。


全員の賭け額が同じになったり、CHECKが一周するとラウンドが進む。
4ROUNDになると全員の手札が公開される。一番役が強い人が勝利する。



オマハホールデム

4枚の手札と5枚の共有札の合計9枚の中から5枚を使い役を作る。
手札から2枚、共有札から3枚を必ず使わなければならない。
手札が4枚あるので、早い段階から役を作れそうか判断できるのが特徴。


勝利条件は一番強い役を成立させるか、相手を全員FOLDさせる。
早めに見切りを付けれるので、役に自信が無い場合はFOLDしてしまったほうがいい。


■ルール

1ROUNDで手札が配られる。
共有札が2ROUNDで3枚配られ、3・4ROUNDで1枚ずつ配られる。


全員の賭け額が同じになったり、CHECKが一周するとラウンドが進む。
4ROUNDになると全員の手札が公開される。一番役が強い人が勝利する。



ポーカーの役

役名と組み合わせの例。
下の役の組み合わせになるほど、完成させるのが難しくなるが役が強くなる。
役の勝負ではワンペアが最も弱く、ロイヤルストレートフラッシュになるほど強い。


One Pair
(ワンペア)
One Pair(ワンペア)

同じ数字のカード2枚。

Two Pair
(ツーペア)
Two Pair(ツーペア)

ワンペアをふた組。

Three of Kind
(スリーカード)
Three of Kind(スリーカード)

同じ数字のカード3枚。

Straight
(ストレート)
Straight(ストレート)

連続した数字のカード5枚。例:23456。

Flush
(フラッシュ)
Flush(フラッシュ)

同じ絵柄のカード5枚。数字は何でもいい。

Full House
(フルハウス)
Full House(フルハウス)

ワンペア+スリーカードの組み合わせ。

Four of Kind
(フォーカード)
Four of Kind(フォーカード)

同じ数字のカードを4枚。

Straight Flush
(ストレートフラッシュ)
Straight Flush(ストレートフラッシュ)

5枚のカードが数字が連番+全部同じ絵柄。

Royal Straight Flush
(ロイヤルストレートフラッシュ)
Royal Straight Flush(ロイヤルストレートフラッシュ)

10+J+Q+K+Aを揃え、全部同じ絵柄。



ポーカーの攻略

ポーカーはオマハホールデムが役を見切りを付けやすく、時間的にも稼ぎやすい。
まずはコロセウムの決闘『神足なる拳士バレットLv86』のスペシャルボーナスを受け取れる、
アクセサリー『奇跡のジョーカー』を入手した方がいい。
装備するとブラックジャックやポーカーで、手札がまれに良くなることがある効果があります。


なのでカジノはメインストーリーを最後まで攻略してから、
コンプリートする流れの方が効率が良かったりする。
チップの稼ぎ方の手順と思考は以下の通りです。


■オマハホールデムでのチップ稼ぎ方
  1. オマハホールデムで遊ぶを選択する。
  2. 高ルート(50枚/100枚)を選択する。
  3. 手札4枚が配られる。

    役がワンペア以上なら、ずっと強気にRAISEをかける。

    役がワンペア以下なら、タッチパッドを押してゲームを早々と中断します。

  4. 勝利/負け後、1に戻る。


たったこれだけです。
最初の時点で脈が無いと思ったら、長々と付き合う時間がもったいない。
ゲームを中断することで若干チップを減らしてしまうが、
勝利したときにチップを総取りできるので、マイナスにはなりにくい。


1時間もしないうちに、累計30000枚以上は稼げるかと思う。
奇跡のジョーカーによる効果なのか、役『ストレート』なども揃いやすく苦戦した印象が無い。
負けが続くようなら、一度セーブデータをロードするなりしてやり直せばいい。



チップ購入、景品交換

景品リストの『輝石』はメインストーリーを進行させたり、
サイドミッションやDLCで宿星を入手すると景品が追加されていく。


チップ購入
価格 チップ枚数
5000円 50枚
1万円 100枚
5万円 500枚
10万円 1000枚
100万円 1万枚

景品リスト
景品 チップ   景品 チップ   景品 チップ
ミルク缶 5枚 強化ブレーキ 500枚 慈母星の輝石 30000
低級干し肉 8枚 上級缶詰 820枚 魅惑の輝石 30000
丈夫なシャツ 40枚 きれいな布 1080枚 天命の輝石 30000
大人気スイーツ 90枚 プリンセスドレス 1400枚 清冽の輝石 30000
丈夫なバンテージ 120枚 SpeedEngine-AT14 1400枚 流転の輝石 30000
最高級干し肉 160枚 修羅のブーツ 1620枚 悲哀の輝石 30000
ハートのピアス 200枚 強者のジャケット 2200枚 雲の輝石 30000
ロードレーサーG 200枚 追撃のベルト 3000枚 模倣の輝石 30000
速度強化マフラー 200枚 平衝強化マフラー・極 4200枚 天狼星の輝石 30000
拡張型タンク 200枚 世紀末級洋酒 8000枚 剣印の輝石 30000
弩級・岩斬爪 200枚 妖しい口紅 8400枚 杯印の輝石 30000
ベビィフェンダー 200枚 技の霊薬 10000枚 ハイエンドロードレーサーG 15000枚
紅のイヤリング 210枚 体の霊薬 10000枚 救世主のジャケット 220000枚
洋酒 240枚 心の霊薬 10000枚
一流のボトムス 342枚
隠密の外套 470枚
ホースエンジン 500枚


↑TOP