自由に画像を加工して写真を撮れるフォトモード

フォトモードはゲームプレイ中に、ゲーム時間を止めて自由に写真を撮影できるモードです。
OPTIONSボタン → PHOTO MODEからフォトモードの機能を使用できます。
自分の好きなタイミングで止めて撮影できるのが特徴で、
さらに時刻や被写界深度、カメラの位置を細かく自由に設定できる。


フォトモードの機能

モード 機能
基本操作
  • 左スティック:カメラ移動
  • 右スティック:カメラ回転
  • R2:カメラ上昇
  • L2:カメラ下降
  • △:基本操作および設定したモードのリセット
  • ○:UIの表示/非表示
  • ×:フォトモードの終了
  • 写界:カメラの視野を調節できる
  • カメラコントロール:カメラの角度を調節できる(左右に89度)
  • プレイヤーを隠す:アーロイの表示/非表示
  • 表情:勇ましい、不快、片眉上げ、無垢、落胆、いら立ち
  • ポーズ
    怖いもの知らず、自信満々、バランス、深呼吸、ぶりっ子、スタイル、勝利、
    力持ち、ピース、ハート、片膝立ち、異端者、あぐら、途方に暮れて、正座、ひとりぼっち、
    しゃがみ、考え中、物思いにふける、夜空を見上げて、しっかりした足取り、拾いもの、目隠し、
    内緒話、おねだり、もう降参、立ち話、悩ましい、雪、リラックス、巻き戻しから選べる
  • 被写界深度:焦点機能のON/OFF
  • ピント深度:ピントの距離を調節できる
  • 絞り値:焦点が合う値を調節できる
  • 明るさ:画面の全体の明るさを調節できる
  • 露光:画面に写る光の明るさを調節できる
  • 色効果
    カラフル、白黒、白黒2、白黒低コントラスト、セピア、ペールブルー、
    あたたか(暖色)、ピンク、クロスプロセス、クロスプロセス2、クロスプロセス3、
    夏、ビンテージから選べる
  • 効果の強さ:色効果の適用度を調節できる
  • 時刻:ゲーム時間を朝、昼、夕、夜と調節できる
  • フレーム:レターボックス、スクエア、インスタント、インスタント(ワイド)、
         黒フレーム、白フレーム、パターン1、ハートから選べる
  • 小さいロゴ:Horizon Zero Dawnのロゴを左上、中央上、右上、左下、
          中央下、右下へ配置できる
  • ビネット:画面中央以外の明るさを調節できる
  • サイズ:暗くする範囲の指定(25%づつ上げ下げできる)
  • 効果の強さ:暗くする効果の適用度を調節できる


フォトモードの写真紹介

ホライゾンゼロドーンのフォトモードの色効果

画像は色効果のエフェクトと時刻の設定で、だいぶ見栄えが変化します。
あとは被写界深度でピント調節をしたり、レターボックスを付けて映画ぽく見せたりと
ゲームとは異なる楽しみ方ができる。


アーロイとロックブレイカー

ロックブレイカーが、背後からアーロイを襲いかかる瞬間を撮影!
フォトモードは迫力のワンシーンを撮り残せるのが特徴的です。
縦のレターボックスにすると画像が縦長に見える不思議さ。なんだかポスター風にも見える。


アーロイとサンダージョーのバトルシーン

アーロイとサンダージョーの戦闘シーン。
カメラの角度を回転させてバランスを中央に寄せた撮り方。
日中の日差しが明るすぎたのでコントラストを落として撮影!
弓の射撃位置が多少ズレてもカメラの位置や角度調節で、敵を狙っているかのように見せれる。


horizon zero dawnの巡り谷の番人

狩場の巡り谷の番人。
「もう来ないと思ったのに。帰れよ。」と言わんばかりのこの表情。
会話シーンであってもフォトモードにすることができる。
ただ会話シーンではカメラの移動・回転などの調節はできません。


ベヒーモスの写真

ベヒーモスの写真です。
かなりズームしてカメラを近づけることも可能。
写真を撮らずとも、自由な角度で機械獣の細かなパーツを観察することもできる。


アーロイとロックブレイカーの写真

バージョンアップデート1.20で、新たにアーロイにポーズや表情を付け加えることが
できるようになりました。フィルターは若干増えた程度。
これにより結構面白いスクリーンショットが撮れそうです。



↑TOP