前のL.A.ノワールブログ


領事の車の攻略

 2011/9/22に配信された領事の車をさっそく攻略した。

2週間ぶりなので、少し操作が不慣れになってしまったが、まあ普通にクリアできました。


 最後の水辺のレースがリアリティーがあって良かった。

つーか、あの領事の男はオカマだったのか!?

だとすると、犯行をおかした理由の説明もつくか。


難易度の方はやさしめで。手帳と裏庭に行くのが忘れがちになるとは思うが、

話をよく聞いていたらのなら取り逃すこともないだろう。



 領事の車はロックスターパスを所持していても、別料金での購入になります…。

何故これだけ別料金なのか分からないが、このDLCで最後ぽい。

今年中?にはL.A.ノワールのPC版の発売もあるようで

そちらを購入される方はいるだろうか。


 最近ゲーム屋に足を運んだが、L.A.ノワールは中古で2千弱の値段で売られていた。

ずいぶん安くなったものですね〜

DLCを待たずに売られた方が多いのだろうな。

今ならお手頃価格で購入できるので、PC版を買うのはコアな層になりそうな気がする。



開発のチーム・ボンディが倒産するみたい

 L.A.ノワールの開発してチーム・ボンディがすでに大変なことになっていたようだ…

表舞台では売れまくったL.A.ノワールだが、

裏舞台では多くの犠牲により成り立ったL.A.ノワールであるが、その実態とはいかに!?


 話が長いので以下に記載しました。

L.A.ノワールの開発・チーム・ボンディが倒産危機!?



迷走する登録証の攻略

 9月1日に配信された迷走する登録証を攻略した。

序盤からスムーズな展開で進めれたので、1回であっさり星5を入手してしまった。

車屋の社長の動きがGTA4のユスフぽい動きをして笑えたw

あんな感じのキャラがまた出てこればいいのだが。


 相棒に車の中で質問され、

どうやらフェルプス君はブロンドの髪の女性が好きなようだ。

すでにあそこからエロプス君に変わりつつあったのか!?

と今思うと計算されて作られていたのだろうな。


 今回は犯人らしき犯人と言えば、ほぼ全員ってことか〜

とりあえず女だろうが、車を買っただけの男だろうが

強制的に全部留置所行きw



新たなDLCの情報

 また新しく日本版のDLCが発表されました。

9/1には交通課の「迷走する登録証」は配信予定です。

これは予約すれば貰えることができた特典のやつです。


 もう一方は、9/22に交通課の「領事の車」。

こちらはどうやらロックスター・パスに含まれていないようで、

別に料金がとられるハメになりそうです…。


 んでもって、配信がPS3版だけのようで

Xbox360版の方は配信されるのかは不明でございます。

たぶんPS3が先行配信という流れなのかもしれない。



アンロック車の裏技

 もっとも面倒なカーマニアのトロフィーだが、手当たりしだいに車上荒らしをせずとも

楽にアンロック車を見つけることができるそうだ。

実際にやってみたら、あら不思議!結構簡単に見つかるものね!


内容はこちら⇒楽にアンロック車を入手できる方法



L.A.ノワール 攻略

パトロール課の攻略チャート

交通課の攻略チャート

殺人課の攻略チャート

風紀犯罪課の攻略チャート

放火特捜課の攻略チャート

攻略データ

システム・ゲーム内容