ゲーム雑誌の評価まとめ

ゲーム雑誌

 電撃PlayStation Vol.576号、週刊ファミ通 No.1350号にてサイコブレイクの評価が記載されてました。
電撃PSの評価は『95、90、80、80』、ファミ通の評価は『8、9、9、9』でプラチナ殿堂入り。
クリア時間は15〜20時間、やり込み要素を含めると50〜60時間のようです。
レビュー内容をまとめると以下の通りです。



■良い評価
  • 現実と非現実が混在したような独特の世界観が恐怖感を煽ってくれる、常に抱かせる演出が絶妙。
  • 序盤から目を覆いたくなるような演出の連続で、ユーザーををグイグイ引き込む作り。
  • びっくりするホラー演出というより焦りを感じる状況が多く、恐怖感がうまく表現されている。
  • よくここまで振り切って作ったなあ、というのが第一印象。
  • 単なるスプラッターではなく精神的な怖さも表現されており、そうした恐怖から抜け出したときの安堵感が心地いい
  • バイオシリーズのオマージュかな?と思わせる演出も必見。
  • ビビリな自分はことあるたびにビクッ!となりつつ、グロさだけじゃないホラーゲームらしい心地よさがある

  • アクションや世界観、演出などが非常に高いレベルでまとまっています
  • 弾薬の数が限られてた中での異形の怪物との戦いは緊張感がある
  • 戦闘や仕掛けを切り抜いた際の達成感が心地いい
  • 敵の追い込まれたときの切り抜け方、どう生き残るかを必死に考えるさせられるのがいい。
  • 弱点狙いのテクニックよりも、周りの環境や手持ちのアイテムをフルに使うデザインに好感が持てる

    • 安易なQTEがほとんどないのはうれしかった
    • 戦略性は高くて頭を使う場面も多く、比較的ゲーム慣れした人向きの難度とシステムという印象。
    • 一撃死があるので難易度は高めだが、この緊張感が恐怖をより強めてくれる。
    • 理不尽な一撃死が多い点は好みで分かれるが、試行錯誤を繰り返しながら困難を達成感は抜群。

    • 一本道だが、やり込み甲斐は十分。
    • 少ない弾数でいかに状況を切りぬけるかが重要で、ゲーム慣れした人でもかなりの手ごたえを感じられるハズ。
    • スニークで敵を倒したり、オブジェクトを利用するなど謎解きもやり応え十分。
    • トラップを使う戦法も、自分で考える楽しさや爽快感が味わえる

    • PS4、Xbox One版のほうが空気感などがより感じられる
    • UI表示が最小限かつコンパクトにおさえらえ、雰囲気作りにも気をつかわれているのを感じる。
    • ゴアな描写も衝撃的
    • ゴアモードでなくても描写はかなりグロテスクで、こっち系の雰囲気が好きな人はかなり楽しめそう。


    ■悪い評価
    • ホラー的な演出面は若干新鮮味に欠けるものがあり、ホラーゲーム慣れしてるとそこまでの驚きを感じない
    • 死んだときの再スタートまでのロード時間はちょっと気になる
    • 視点が見にくかったり、主人公が冷静すぎて感情移入しにくいという部分もある。
    • 新世代機推奨で、現行機だとグラフィックが劣るぶん恐怖感が薄らぐ
    • サバイバルホラーとして目新しい要素はない

    • カメラが引っかかって視界が不安定になったり、とっさの判断を求められる展開で目的が分かりづらい
    • アクションはもっさり気味で、快適な操作を求める人は合わないかも。
    • 敵を罠にかけようと思うとまどろっこしく、結局解除して素材にしてしまうので手軽さやメリットが欲しい
    • ゴアモードは麻袋で隠されていることでわかりにくくなっている場面があった。ゴアモードの方が違和感ない


    個人的な感想

     レビュー内容は大体こんな感じです。
    クリア時間はリトライやロード時間も合わせて、やっぱり15〜20時間辺りで治まると思います。
    何度か死にまくってどうするか戦略を立てる感じのゲームです。


     弾数が少なくなる件については、収集を怠るプレイだったり、
    アガニ・ボルトの使い所やトラップを使うのがヘタクソな人だ弾不足になりやすい。
    上手にヘッドショットを決めれなくとも足りる印象を受けました。
    じっくにプレイするスタイルの方であれば問題ないはず。


     気になったのはロード時間と、映画のような上下の黒帯があるし、
    カメラをアップさせすぎのところもあってたまに視界が見づらい場合がある。
    銃の構えや上り下りアクションが、動画では伝わりづらいややモッサリを感じるところがあるかも。
    リアリティーを求めた代償だろうか。銃は少し早めに構えるのがコツで、そこらも含めて難易度がやや高いゲームかな。



    ストーリー攻略

    攻略データ

    システム・ゲーム内容