プライベートアクション攻略


プライベートアクションについて

プライベートアクション(PA)は仲間達との会話イベントを見ることで、
各キャラクターとの感情度を上げることができるシステムです。
プライベートアクションが発生しているときは画面右下に『PA』と表示され、
隣にプライベートアクションのタイトル名が記載されてます。


■散開ポイントで発生するPA

プライベートアクションの種類は2種類あり、一つ目は街中にあるホイッスルのアイコンに入ることで
仲間達がそれぞれの場所に散開してPAモードになる。
そしてフィデルが特定の仲間に近づくとPAが発生します。


画面右下を見ると、PAの横にひし型のアイコンが表示されている。
ひし型のアイコン数を見て、現在発生しているPA数を知ることができます。
尚、PAモード中はセーブポイントでセーブすることはできない。
PAモードを終了させたい場合は、ホイッスルのアイコンの所へ行けば終了できます。


散開ポイントで発生するPAは、一度に同じキャラクターが複数フラグが立っているときは、
一度に1回づつしか見れないので、宿屋に出入りを繰り返して発生させることができる仕様です。

流れとしては、
PAモード開始 → PAを見る → PAモード終了 → 宿屋でエリア切り替え → PAモード開始……


■自動で発生するPA

二つ目は道中や特定の場所へ到着すると、自動で発生するタイプがある。
条件を満たしていれば勝手にPAが開始されます。
街中で起こるタイプとは違い、会話による選択肢が出現しない。


自動で発生するPAも複数フラグが立っている場合は前述した通り、
宿屋などでエリア切り替えを行って何度も発生させる流れになります。
尚、散開のPAモード中には自動PAは発生しません。


■感情度

感情度は会話の内容やキャラクターの動き、発生するイベント、バトルでの立ち回り、
エンディング(個別エンディング)
に影響します。
バトルでは感情度の高い仲間からは、回復やサポートを優先してもったり、
同一ターゲットの敵を狙ってくれたりと行動が変化する。


数値的に現在の感情度を知ることはできないが、
親密な関係になるとフィールドを移動中に感情度の高い仲間が追尾するようになるので、
それで親密度を知る目安になる。


また感情度が高いキャラクターがバトルで戦闘不能になった場合、怒り状態になることもあり、
一定時間ATKとINTが上昇する。


会話型では選んだ選択肢により、感情度が上がりもすれば下がりもする。
急激に感情度の数値が変動することもなく、基本的にPAを発生させれば感情度が少しづつ上がる仕様。
狙って個別キャラクターとの親密度を上げたいのであれば、
あえて感情度を上げたくないキャラクターのPAを発生させないでおく手もあるだろう。


ただし個別エンディングの記事に記載したが、アイテムを使用して全ての個別エンディングを
見ることが可能なので、そこまで気にする必要はないです。
プライベートアクションでしか入手できないロールも存在しているので、
全てプライベートアクションを見る流れでゲームを進めてもいい。



↑TOP