潜水艦を操作して魚雷を撃つゲーム

DSで発売予定だったソフトが3DSで発売

スティールダイバーは2004年のE3でニンテンドーDSを披露したときに、

参考商品として出品されたソフトです。


なぜ今、ニンテンドー3DSで発売なのか?

という背景には、マリオの生みの親である宮本氏がフライトシミュレーションゲームを

作りたいと思っていたからである。


ニンテンドーDSの発売から2年が経過し、スティールダイバーはひそかに人気があったため

米国の任天堂ではDSiウェアで出してほしいと要望があったので、あるチームの手が空いたので開発再開。

その頃はニンテンドー3DSの仕様が固まっていたので、DSソフトより3DSソフトで

出した方が絶対良いということで3DSで発売することになった。


スティールダイバーの発売日は当初は2011年3月17日でしたが、

5月12日に延期されました。

理由は明らかにされていないが、地震による影響だと思われる。


3つのモード

スティールダイバーは3つのモードが用意されている。


  • 潜水艦モード:上下のバーで移動をコントロールし魚雷をぶち込む横スクロールのシューティングゲーム。
  • 潜望鏡モード:ジャイロセンサー使った仕様で3DS本体を360度動かし敵の位置を確認しながら戦う。
  • 海戦モード:敵の戦艦を探し当てて、チェスのように戦う戦略シミュレーションゲーム。

ゲーム概要
名称 スティールダイバー
ゲームジャンル アクション
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー 任天堂
発売日 2011年5月12日
希望小売価格 4800円(税込)
プレイ人数 1人、対戦は2人


スティールダイバー攻略

攻略チャート

攻略データ

システム・ゲーム内容