配信されたパッチの内容

 なんだか今更ですが…、ようやくドリンクゲームの難易度緩和などのパッチが配信されました。
他の内容は以下の通り。2014年8月21日に配信されましたのでPSNに本体を接続してれば、
自動でウォッチドッグスのパッチがアップデートされます。



リプレイ・オプション

OPTIONS → オプション → ゲームプレイ → サイドミッションのコンテンツをリセットを選択すると、
 一度攻略し終えたギャング・ハイドアウト車列襲撃を再度遊ぶことができるようになります。
 フィクサー契約なんかはスマートフォンのアプリから選択すれば何度も遊べますが、
 上記の2つだけは一度クリアすればそれっきりだったので、また遊びたい方向けのモード。



ドリンクゲーム

・修正の要望が多かったドリンクゲームの難易度が全体的に緩和されました。
 入力時間が短すぎたため、ほとんどのプレイヤーが攻略できずにいましたが改善されました。


  • 丸いやつは20%時間増えた。
  • ボタンが入れ替わるタイプでスイッチ時間が50%増えた。
  • ボタン押しのやつは25%時間が増えた。
  • 最後のフレームの速度影響なども改善されたぽい。移動標的速度は15%落とした。



マルチプレイ

・フレンド侵入というモードが追加されました。
 手が空いているフレンドを選び、彼らが知らないうちにハッキングまたは尾行できる。
 デフォルトの設定でONになっておりOFFにすることも可能。
 OPTIONS → オプション → オンライン → フレンド侵入の項目で切り替え可能。


・マルチプレイで故意に回線を切って対戦相手が逃げたり、回線が途中で切れてしまった場合でも
 悪名ポイントを受け取れることができるようになった。
 ctOSモバイルも同様に断線しても悪名ポイントを受け取れる。


 これは負けそうになると、回線をわざと切って逃げるプレイヤーが後を絶たなかった…
 断線した側は少しも悪名ポイントは受け取れない。



その他

・ミニゲームのポーカーで、カメラを使用しながらポーカーをすると立ち往生してしまうバグを修正した。
・どこかのテキストで、間違ってポルトガル語で表記されてた箇所を修正。


・AMDグラフィックカードのβドライバー14.7により、スケーリング(3840×2160High設定)の改良、
 滑らかにゲームをプレイできるようになった。AMD CrossFire-フレームスペースの改良など。



ウォッチドッグス 攻略

ミッション攻略

サイドクエスト

■オンライン契約 ■ミニゲーム ■サイドミッション ■調査 ■コレクティブル ■デジタル・トリップ

攻略データ

BAD BLOOD

システム・ゲーム内容