2017年7月15日17時~21時にスプラトゥーン2(Splatoon 2)前夜祭が行われました。いわゆるオンライン体験会です。4時間だけのプレイでしたが十分満足できました。今回はロックポップに分けて事前に投票し、いずれかのチームに分かれて争う流れでした。最終的には2対1でロック側が勝利という結果になったようです。

スプラトゥーン2のロックとポップの結果発表

なんかロック側は弱い人しかいないような・・・という印象を感じたけど、案外そうでもなかったんだろうか!?ソロ部門では弱かったのは頷けるところだな。なんか協調性が無いというか、皆個人プレーをやってた感じだしな。

スプラトゥーン2のチュートリアル

最初はいつものチュートリアルから。スプラトゥーン1の頃はWiiUのパッドが重くて、ジャイロセンサーの傾きがやや面倒だという印象があったが、今回はスリムなProコントローラーになったこともあり、まあまあ快適になったかな。ただ味方のところにぶっ飛ぶやつが、Xボタンで画面を切り換えて飛ぶ仕様になったので、そこだけは手軽さが無くなっていた。


 

広場を探索

広場の画像

広場は前作のように中央に道があって、突き当りにオンライン対戦ができるロビー、そして左右にはショップが配置されていた。各プレイヤーに近づくと、いちいと絵が表示されるのがちとウザいかな・・・。表示させないで広場を探索したかったけど、オプションで非表示にすることもできないようだ。

ビゼン

「よう!クラゲ店主」と、ショップとか入ってみたりして時間を無駄遣いするw なんかこのポップな作りが任天堂らしいか。相変わらず言葉を喋ると宇宙語みたいなボイスだな。装備関連はランク4から解放されるようです。ブキはランク2から。

ロブ

エビといえばやっぱエビフライか。んで、こちらのロブは自ら体にコロモを付けてエビフライになってた!なんていさぎよい奴なんだw ロブはいろいろとブーストがかかる食品を販売してた。
 

オンラインマルチプレイ対戦

オンラインマルチプレイ対戦のロビー画面

オンラインマルチプレイ対戦ができるロビーでは前作のように、マッチング中はひたすら待つ感じ。イカがジャンプするミニゲームとか無くなったし待ち時間は退屈だ。つーか、今作は全員集まったら試合が開始されるようで、たまに誰かが途中抜けしたりすると、通信エラーで切れるのがイラっとする仕様だ。

しかも対戦相手は人数が十分に集まったらプレイヤー名が表示されるので、これは途中抜けさせないがための仕様なんだと思った。そんな感じでサーバーの負担を軽減させてるのだろう。

ナワバリバトル

ナワバリバトルはいつもの感じかな。方向キーの上下で『カモン、イイネ、やられた』など、軽い指示を味方に送信できるようになっていた。さらに今作はブキで攻撃しながら横に回転するアクションなど、装備しているブキによって様々なアクションを行う動作が追加された模様。

ただあまり使いこなせなかったが、基本的には広範囲にインクを垂らして染めるか、スナイパー系で敵を仕留めるかといった流れはそう変わっていなかった。

ジャッジくんの判定画像

あとは最後の各プレイヤーのスコア画面は撤廃されてた。「あの野郎サボリやがって! お前のせいで負けたんだからな!」といった争いの予防策なんだろう。

全体的にスプラトゥーン2は、1と比較してあまり変わっていないという印象を受けた。1を死ぬほど遊んだプレイヤーからすれば、スプラトゥーン2ってどうなんだろう!? 私は体験版でお腹いっぱいになった。なんかバージョンアップソフトといった感じがするかな。

短い時間で手軽に対戦を楽しむ方によっては良作だけど、新しい刺激を求めるプレイヤーにとっては何か物足りないかな・・・


最近運営してる攻略サイト

Newみんなのゴルフ 攻略
SIE、クラップハンズのみんGOLシリーズの最新作『Newみんなのゴルフ』。今作は9ホール一体型のオープンフィールドへと進化し、広々としたゴルフ場でこれまでのみんゴルを楽しめる。アバター作成では自身の分身となる操作キャラクターを作ったり、ゴルフ以外にも魚釣りやカートなどアクティビティなどいろいろと用意されている。

Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン) 攻略
ゲリラゲームズ開発のHorizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)。キルゾーンシリーズを作ってたメーカーで、オープンワールド・アクションRPGの制作は初なのだという。開発に6年以上かけた新規IPのタイトル。ゲームの内容は女主人公アーロイと機械獣の狩りゲーです。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。