ドラゴンボール ファイターズ

1月14日~1月16日までに実施していたバンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール ファイターズ』オープンβテストに参加してみた。一言でいうとドラゴンボールの格闘ゲームです。本作はPS4とXbox Oneで2018年2月1日に発売するのだという。

またダウンロード版購入特典は早期アクセスが可能。1月14日からプレイできるそうで、発売日前に遊べてしまうのは、ある意味新しい特典だと言えそうか。
 

早速ダウンロードしてドラゴンボールをプレイしてみた!

オンラインのロビー

2GBちかくあるβ版をダウンロードして起動してみると、初めにハンドルネームを決めて、オンラインロビーのようなところに接続された。ちびキャラがいっぱいいて、前作もこんな感じだったなと思いながら眺めていた。

悟空になってたがキャラ変更できねえのか?とか思いつつも、適当にロビー内を調べてみると、主にチュートリアル、オンライン対戦、リプレイ鑑賞といった一通りのモードが揃っていた。
 

ドラゴンボールのチーム編成画面

あとは格ゲーなのでランキングみたいなのを見れそうだったが、面倒くさそうだったのでよく見ていない。アイコン付きの定型文あいさつとかも用意されてたので、適当に連続して選んだりしてみたが、なんだか傍から見るとロビーを荒らしてるユーザーに見えそうだw
 

適当にバトルをする!

天津飯vs悟空

初めにプレイしたときに感激したのは、アニメとほとんど変わらない画質でキャラクターを動かせる部分だ。レンダリングもだいぶ進化して、「これ3Dなのか?」とバレにくいところまで進化した。それに加えてアニメのようなスピーディーな演出は、ドラゴンボールのアニメ好きな層にはたまらない作りだな。効果音もアニメそのまんまだし、忠実に作られていて感心だな~
 

かめはめ波のシーン

バトルシステムは初心者でも手軽に遊べるように、□ボタンや〇ボタン連打だけでもド派手なコンボが繋がるように作られている。一応格闘ゲームのように簡単な波動拳系のコマンドで必殺技が出るものもあるが、このバトルシステムからすると差し合いによる勝負や、牽制技からの固め勝負になってくる。
 

悟空がかめはめ波を撃つ光景

キャラクターのHPはそれほど多くはなかったので、ワンミスでHP半分以上は削られたりする感じだった。あとは他のチームメンバーにタッチしたり、一瞬だけチームメンバーを呼び寄せて共闘したりもできる。動きや展開が速いので、カプコンから発売しているマーベルヒーローぽいコンボの流れかな。
 

感想

人造人間16号とのバトル画像

小一時間遊んだが、ドラゴンボールの小さい演出が所々に表現されてて爽快さが伝わるゲームだった。つーか、格闘ゲームじゃなくてアクションゲームだったら最高だったかもね。少し広めの3D空間でこの動きができれば、面白そうなゲームに化けそうな気がした。
 

孫悟空の勝利画面

全体的にボタンを押す回数が多く、数戦プレイしただけでも指が結構疲れそう。どのキャラクターを使用してもボコスカアクションになりがちだ。あとはチュートリアルでシェンロンの呼び出しで、全く説明無しでドラゴンボールを集めて呼び出せとか、「一体何のこっちゃ?」と不親切なチュートリアルだと思った・・・

とはいえ日本では売れなくとも、海外ではそこそこ売れそうなゲームだと視た。

■公式サイト:http://dba.bn-ent.net/


最近運営してる攻略サイト

サイコブレイク2 攻略
Tango Gameworksのサバイバルホラー第2作目のサイコブレイク2。主人公のセバスチャンが娘のリリーを救うため、新たなSTEM『ユニオン』を舞台に物語が描かれている。前作のストーリーを追うだけの一本道から、今作では広めのフィールドを用意がされ、寄り道しながら進めれるように進化。新しいクリーチャーも追加され、殺人鬼のステファノやセオドアと争うことに。

龍が如く極2 攻略
セガゲームスの龍が如く極2。極プロジェクトの第2弾で、龍が如く2がドラゴンエンジンでフルリメイクされて蘇る!その他、真島吾朗の追加エピソードや新たなプレイポットが追加されて、PS4で新しい龍が如く2を遊べます。

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。