PlayStationVR(PSVR)

日本では2016年6月18日より、10月13日に販売を予定しているPlayStationVR(PSVR)の予約が開始された。販売数がもともと少ないためか即品切れの状態となり、購入したいのに予約にこぎつけれない状況になっている。値段の高い転売品も多く見られるが、自力で購入したいところですよね。

第1弾目のネット通販における予約では、予約を開始して約5~15秒後には品切れするほどの人気ぷりだった。その前に海外が先行して予約開始されたが、同様に5分も持たなかったという。

筆者も第1弾目にはネット通販で予約を試みたが、結果全て失敗に終わった有様。PSVRの予約を取る難しさを感じた訳だが、第1弾目の失敗を活かし、7月23日より行われた第2弾目のPSVR予約再開では、なんとか予約することができました(汗)

どうやったら購入できるんだろうと、いろいろと考えながら模索していたが、PSVRを予約するうえで学んだことを参考までにまとめておきます。

 

通販予約は運が必要

地方在住の方は数少ないPSVR予約取扱店舗へ行くのは辛いため、やはり通販で予約したいところ。ただ通販に関しては努力よりも、リアル運の方が必要になってくるので、ぶっちゃけオススメできないと言った感じです。それについての事情を説明します。

通販予約の流れ解説

■失敗事例その1(楽天)

  1. 発売直前の時間付近からF5(更新)を適度に連打して、商品が表示されるまで待機!
  2. PSVRが表示されたがクリックして買い物カゴへ入れる前に予約終了 → 購入失敗
■失敗事例その2(ヨドバシ)

  1. 発売直前の時間付近からF5(更新)を適度に連打して、商品が表示されるまで待機!
  2. PSVRが表示!速攻でクリックして買い物カゴへ! → 次の画面へ進む
  3. アクセス過多で画面真っ白(フリーズ) → F5押してリロード → 反応なし → 購入失敗

■失敗事例その3(アマゾン)

  1. 発売直前の時間付近からF5(更新)を適度に連打して、商品が表示されるまで待機!
  2. PSVRが表示!速攻でクリックして買い物カゴへ!
  3. 支払い手続き画面へ移行する → おっしゃー!!
  4. 最後の注文確定ボタンを押す → この商品は売り切れましたの文字が… → 購入失敗

まず通販予約を狙うのならアマゾンとか楽天とかヨドバシとか予約を受けているWebサイトを複数タブで開き、全店へ突入するかの如く商品在庫を確認していきます。もちろん事前にログインなどは済ませておくこと。

ソニーストアなどは支払い方法がクレジットカードしかなかったので、代金引換で購入される方は注意が必要です。またソニーストアはVプリカは対応しておりません。

失敗から学んだこと

とりあえず3つの失敗事例から学んだことは、初めに素早く商品をクリックできたからといって注文確定ではないこと。物凄くアクセスが集中するため、画面が真っ白になりサーバーエラーが出てしまえばそれまででした。複数のユーザーがもの凄い数でF5連打されていることかと思いますので、いわゆるサーバーに負担をかけるDos攻撃となんら変わらない状況です。

ですので初めに買い物カゴへ入れることに成功しても、最後の注文確定ボタンを押すまでは素早く操作しなくてはならない。フリーズしたらおそらく買い物カゴから商品棚へ戻される処理が実行されていると思うので、そうなると後手でPSVRの商品を確認できたユーザーに横取りされる流れとなります。ですので通販予約はタッチの差より、リアル運が必要だと感じました。

 

PSVR予約取扱店舗での購入解説

通販予約では駄目だと思ったので、第2弾目からは店舗で予約しようと考えた。一番近い店舗といっても家から遠いので、店舗に足を運ぶのはあまり乗り気でなかった。
まあ最後の手段かと・・・

二店舗目で何とかPSVRを予約することができた。ただし1店舗目では失敗に終わってます。どこの店舗もPSVRを求めて店がオープンする前から並ぶ必要があった。予約は料金前払いになります。

1店舗目で失敗した原因

1店舗目は店がオープンする30分前ぐらいから並んで、「PSVRの列はこちらです」と店員の方がプラカードを持って案内していたので並んだ。それで店がオープンするとPSVR体験会チケットを手渡された。そして数時間後にPSVRを体験プレイできるのだという。

おかしいと思ったので「体験プレイする前にPSVRの予約はできないの?」と店員に質問したら、なぜか渋い顔をして目を逸らしながら「会計の方に聞いてください」とだけ言う。PSVRの体験会を開催しておいて会計の方に聞けとか何言ってんだ・・・と思いながら聞いてみると、「PSVRの予約は午前6時に整理券を配布して9時に終了した」と言われた。

店がオープンする前から予約開始していいのか?と思ったが、店によっては整理券を事前配布するところもあるのだろう。

整理券について

とりあえず考えてる暇があるなら次の店へ急ぎ、店オープン前から並んでようやく予約できました。でも予約する際に「整理券持ってるのか?」と聞かれたので、「どこで入手できるの?」と聞いたら、あやうく予約を強制取り消しされそうになった(汗) んで、もう一人の店員が席を外して在庫確認しに行き、しばらくして戻ってきて「予約はまだ大丈夫」ということでした・・・

ネットで調べてから現地へ向かった訳ですが、整理券の話など一切してなかったので言われたときはドキッとしたが、前日にでも店に電話で問合せてから整理券の有無を確認した方がいいと思った。それが店舗購入における正しい方法かと思う。通販と比較すると、こちらは数時間前に並ぶなど努力で解決できる問題なので、早い段階でPSVRを購入したい方はお試しあれ!

■プレイステーション・オフィシャルサイト

次回予約受付情報については、PlayStaition VR公式サイトのプレミアムメールマガジン
メールを登録しとけば、最新お知らせ情報が通知されます。

 

PSVRのプレイに必要な道具

プレイステーション カメラ

PSVRだけ購入しとけばプレイできるという訳ではなく、『プレイステーション カメラ』も必要になってきます。こちらはPSVRとセットで予約を受け付けている。またカメラ無しのPSVR単体の予約も受けてます。

ただ個人的にはPSカメラはテレビの上に乗せるかと思うで、薄型フラットなテレビにはPSカメラを乗せる台が必要になってくると思う。いろんな種類のタイプが販売されているが、私が購入したのは『PS4カメラ用TVマウントホルダー』というアマゾンで売られていたやつです。

ぶっちゃけ安定性は高くはないが、テレビにぶつかったりしない限り外れるようなものではなかった。台のくぼみにPSカメラをカチッ!とはめ込み、テレビのモニターに合わせて裏側部分でアームを調節して幅を合わせるタイプだった。ガッチリ固定したい場合は、アームの上からテープを貼っとけば安定性は強固になるかと思います。

 
PlayStation Move

ゲームコントローラーはPS4コントローラーでもプレイできるそうなので、『プレイステーション モーションコントローラ』が必要になるかは微妙なところですが、あれば便利な物なのかもしれない。中にはPS Moveを2本使うゲームとかもあるそうです。

それに関してはPSVRのゲームを見てからでも遅くはないかと思う。SIEの吉田修平氏がPSVRの発売に合わせて、PS Moveを量産すると言ってたので普通に店に出回るかと。

PlayStation MoveはPS3時代から存在したものなので、PS4用に新しく作られる可能性がありそうな気もするので様子見という手もあるかも。充電はPS3コントローラーのUSBケーブルで行えるが、PS Move用の充電スタンドも単品販売されてます。

 

感想

よくPSVRはそのうち普通に出回るんじゃね? 店舗拡大して余裕だろという話を聞くが果たしてどうだろう。Joshin Web第1弾予約の際は、総数200台分用意されたと記憶している。予約店舗数は74店舗になったので14800台。大都会の店舗では1000台近く用意されていたそうなので、おそらく高く見積もっても2~3万台しか生産していないのでは?と私的に予想している。

それは作り過ぎないように抑えているのかとも考えたが、海外の方でも供給が追いついていないため、PSVRとは数多く生産できる品物ではないと考えてます。よって一般の店に出回るようになるのは「いつの日だ?」ということになる。ですので、発売日からPSVRを購入できる方は一握りかと思ってます。

それと最後に家電の店員は信用しないほうがいいと思った。体験会を開催するなら体験プレイ後に「予約できますか?」と普通に聞かれる内容だと思うが、彼らはそれについての応対を事前に知らされていないことに飽きれた。質問を変えながら色々聞き出したが、彼らは無知だった。

店へ並ぶ前に「体験会参加じゃなくて、PSVRの予約がしたいんだが、それはこの列に並べばいいのか?」と店員に質問しとくのが、あとあと口論にならずに済むかと思われます。

 


最近運営してる攻略サイト

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。

スターオーシャン5 攻略
スクウェア・エニックスから発売のPS3/PS4ソフト、スターオーシャン5。今作は星の海という感じのRPGゲームではなかったと思うが、キャラクターデザインは『あきまん』が担当している。いろいろあって価格はだいぶ落ち着いたかな・・・