プレイステーションVR
2016年10月13日に、ようやくPSVRが発売されたので早速購入しに行った。店の方では「カメラ無しのやつならまだ在庫がある」とか店員同士が会話してたのを聞いたので、もしかしたら予約しなくとも普通に買えたとか!?

少し大きめの箱に入っているPSVRは、初めは説明書を見ながらコードやら機器を接続することになります。接続はとくに難なくできた。ただPSVRはコードの本数が多くなるのが弱点だな。5~6本コードを接続するので、それなりに多くなります。

ハードウェアエンコードのキャプチャーボードを挟んで接続しようとしてみたが、正しく接続するように青い画面が表示されるので、PS4とPSVRの箱型機器は直繋ぎにする必要があるようだ。なのでキャプチャーボードは、テレビへ出力されるHDMI端子を繋げば可能でした。ですのでPSVRをプレイしながら、テレビ画面へ現在プレイしている映像を出力することができます。
 

THE PLAYROOM VRをプレイしてみた

THE PLAYROOM VR
で、初めに無料でダウンロードできる『THE PLAYROOM VR』というゲームを小一時間プレイしてみた。無料の割には結構ボリュームあるかも。トロフィー機能とかも搭載されてた。
 

THE PLAYROOM VR
まずはこの変哲もない宇宙空間のホーム画面に驚いた・・・。画像や映像で見ると、どこも凄い要素は見当たらないが、PSVRを体験している本人からすると、実際にその空間にいるかのような状況である。空に浮かぶ惑星は3Dで立体的な形をしており、チープな3D映画とはまた違う。本当にその空間にいるような錯覚を覚えるものがある。

VRの惑星
周囲には他にも惑星があり、プレイヤーの首を実際に動かすと、左右にも別の惑星が配置されている状態です。カメラはFPS視点であるが、映像をキャプチャーしたやつだと、どうやら上の画像のようにTPS視点になってしまうようだ。それであの惑星ごとに、プレイできるミニゲームの種類が異なる内容でした。このホーム画面でミニゲームをセレクトする流れです。

VRのUFOキャッチャー

こちらはUFOキャッチャーの惑星。小部屋でコインを入れて普通にUFOキャッチャーを行うだけ。操作は至ってシンプルで、獲得したフィギュアをプレイヤーの顔の目の前で360度回転させて観察することができる。観察し終わるとその小部屋のどこかに、動くフィギュアが自動設置される感じでした。実際にフィギュアに触れてしまえそうなくらい立体的だったのに驚いた。

THE PLAYROOM VR

他には仲間を救出しながら進むアクションゲームや、怪獣ぽいやつになりきりヘッドバッドで街のビルを破壊しながら進むやつなどもある。見ての通りあまりリアルに作られている訳でもないので、一見するとクソゲー臭が漂っているようにも見えるが、PSVRとは実際にプレイしてみないと良さが伝わらないものですね・・・。キャプチャーした映像を見ても、なんかつまらなそうなゲームに見えてしまうかも。
 

PSVRの駄目だった点

■駄目な項目

  1. 頭へのセッティグが少し手間がかかる
  2. 頭とPSVRの接地面が汚れやすい
  3. 画質がボケ気味なのが気になる
  4. プレイ後、やや疲れる・・・

まず思ったのが、頭へのセッティグが少し手間かかるな。少しでも目とレンズの位置がズレると、映像がボケて見えてしまうので、正確にある角度に合わせる必要がある感じでした。ニンテンドー3DSの裸眼3Dなんかも正面から見る必要があるように、PSVRも正面に合わす必要があった。でもこの辺りは慣れれば装着時間は短くできる。

頭はズレないように、輪をキツく締めることもできる。メガネをかけてPSVRを装着することも可能です。

PSVRの額や鼻筋が接触する部分は、自分の顔の油で汚れやすい。使用後ティッシュで拭き取るかしないと駄目だな。汚れなしシートなる商品とか売ってるけど、糊が張り付いて最悪な商品らしい・・・
 

画質ボケに関しては、正確にレンズを合わせてもやっぱり映像が少しボケ気味でした。別に例えるならばコンポジット端子でのゲーム画質みたいな感じ。映像を無理やり引き伸ばしているのでボケている。映像の大きさは、少し小さめのスクリーンの映画館で、前から3~4列目の座席から観るくらいの大きさです。なので初めて観るとスクリーンの大きさに圧倒される。

で、プレイ後は普通にゲームをプレイするよりは疲れる。理由はゲームプレイ中に横に寝転がったり、ゴロゴロしながらプレイする感じでもなかったから。この辺りはソフトによるのかな?首を振らずに右スティックでもカメラ移動ができればと思った次第である。
 
画質に関してはPS4 Pro版を購入すれば向上するみたいです。今の画質には満足していないので、Pro版を購入してからどんなもんか改めて実感してみたい。おそらくフレームレートを保つために、解像度を犠牲にした感じかと。PSVRの画素そのものは変わらないと思うが、解像度が上がればPSVRの画質も向上するかと思う。
 

PSVRの感想

駄目だった点だけを見ると「じゃあ、PSVRを購入すると損するんじゃないの?」と思えてしまうが、全く逆だった。PSVRには凄みを感じるし、新しい何かを感じる要素がある。むしろ「体験しない方が損だ」と言えるほど、ゲームの新しい未来を体感した。FPSのゲームなんかは、そのままVRに落とし込むだけで進化しそう。

今はもう少しいろいろなゲームをやり込んでみないと何とも言えないが、氷山の一角だけ見えている状況なのかもしれない。PSVRとは没入感が最高のデバイスです。今後とてつもなく凄いと感じるゲームが出るとしたら、VRから発売されるかもしれない。

それほど斬新さを感じた訳だが、現状は操作性や画質がまだまだだね。とはいってもVRに対応していないゲームでも、大画面でゲームをプレイできる点も魅力の一つかな。早くPS4 Pro版でPSVRを試してみたいところだ。購入を迷っている状況なら、店頭体験会とかで実際にプレイしてみればいい。プレイ動画とか見ても良さはあまり伝わらないと思う。


最近運営してる攻略サイト

Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン) 攻略
ゲリラゲームズ開発のHorizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)。キルゾーンシリーズを作ってたメーカーで、オープンワールド・アクションRPGの制作は初なのだという。開発に6年以上かけた新規IPのタイトル。ゲームの内容は女主人公アーロイと機械獣の狩りゲーです。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。