2017年4月13日7時よりニンテンドーダイレクトが放送されました。

■発表内容

  1. Hey!ピクミン:2017年7月13日、4980円
  2. ドラゴンクエスト11(3DS版)::2017年7月29日、5980円
  3. ゼルダの伝説とスマブラのamiibo発表:2017年6月22日・7月21日、1200円
  4. Ever Oasis:2017年7月13日、4980円
  5. レイトン ミステリージャーニー:2017年7月20日、4444円
  6. スナックワールド トレジャラーズ:2017年7月13日、4800円
  7. ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー:2017年6月29日、6480円
  8. 世界樹と不思議のダンジョン2:2017年8月31日、6480円
  9. 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY:2017年秋
  10. 大逆転裁判2:2017年8月3日、5800円
  11. みんなで!カービィハンターズZ:2017年7月13日、DL無料配信
  12. カービィのすいこみ大作戦:2017年夏
  13. 3DS向けのカービィの新しい対戦アクション向けソフト:2017年冬
  14. ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王:2017年4月20日
  15. プロ野球 ファミスタ クライマックス:2017年4月20日
  16. ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX:2017年4月27日
  17. 進撃の巨人 死地からの脱出:2017年5月11日
  18. アライアンス・アライブ:2017年6月22日
  19. アームズ:2017年6月16日、5980円
  20. Joy-Conの追加パーツ:2017年6月16日
  21. マリオカート8 デラックス:2017年4月28日、5980円
  22. ウルトラストリートファイター2:2017年5月26日、4990円
  23. ドラクエ10 オンラインのスイッチ版
  24. めく~る(仮):2017年夏
  25. よるのないくに2:2017年
  26. 閃乱カグラ
  27. Fate/EXTELLA:2017年7月20日、7800円
  28. ソニックフォース:2017年冬
  29. ソニック・マニア:2017年夏(DL専用)
  30. マインクラフト・スイッチエディション:2017年5月12日
  31. NEOGEOアケアカ10タイトル
  32. モノポリー for Nintendo Switch:2017年秋
  33. PAYDAY 2:2017年冬
  34. メゾン・ド・魔王:2017年4月13日配信
  35. 神巫女-カミコ-:2017年4月13日配信
  36. Wonder Boy: The Dragon’s Trap:2017年4月18日
  37. THUMPER リズム・バイオレンスゲーム:2017年5月
  38. デ・マンボ:2017年6月
  39. スプラトゥーン2:2017年7月21日、5980円


 

Nintendo Directの感想

ニンテンドーダイレクトの放送をリニューアルしたそうで全体的に見やすくなった。任天堂らしくコンパクトに統一したような編集内容だった。ただ発表していたゲームは多かったけど、実際にプレイしているゲームは数個程度だった。なので中身が分かるゲームはそう多くはなく、カタログ風に紹介するのは今まで通りのニンテンドーダイレクトだ。

気になったのはアームズは割りと戦略性が高かったりするゲームなんだろうか。直線的なパンチだけでなくカーブがあるのが厄介そう。スプラトゥーン2はドラクエ11と発売時期がかぶってたのがアレだ。

全体的に新作タイトルとか7月に集中していたのが残念。なんかPS4のゲームソフト発売ラッシュを真似してやったような印象すら感じられるかな・・・。あとニンテンドースイッチの品薄商法はいつまで続けるんだろ!? 見事に転売屋のえじきにされているのが何だかな・・・。どうぶつの森ハッピーホームデザイナーのアミーボカード販売みたいな状況だもんな~


最近運営してる攻略サイト

Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン) 攻略
ゲリラゲームズ開発のHorizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)。キルゾーンシリーズを作ってたメーカーで、オープンワールド・アクションRPGの制作は初なのだという。開発に6年以上かけた新規IPのタイトル。ゲームの内容は女主人公アーロイと機械獣の狩りゲーです。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。