「ゲームレビュー」の記事一覧

サイコブレイク2の感想レビュー

ゲームレビュー

サイコブレイク2のクラシックモード攻略画像

2017年10月19日に発売したサイコブレイク2のレビュー
サイコブレイク2の開発はタンゴ・ゲームワークス、販売はベセスダ・ソフトワークスで、プラットフォームはPS4/Xbox One/PCで販売されました。

サイコブレイク2は前作の続編にあたり、サイコブレイク1と比較すると全体的にライトユーザーでも遊びやすいように改良された感じでした。ストーリーの繋がりは2から始めても、そこまで気になる感じでもないと思う。以下は収集品コンプリートや最高難易度のクラシックを攻略したうえでの感想です。
 

サイコブレイク2の良い評価

良い評価

  • ストーリーが理解しやすかった。
  • 移動できるフィールドが広がり、探索要素が増えた。
  • マップが付いて分かりやすくなった。
  • サバイバルホラーをしている感覚が強かった。
  • グラフィックは相変わらず丁寧に作られていた。
  • 即死要素が減って遊びやすくなった。
  • 変に弾薬を節約しなくとも進めやすくなった。
  • クラフト要素が追加されて遊びやすくなった。
  • サイドミッションや射撃場など寄り道要素が増えたこと。
  • 海外版と日本版の規制差が分からないほどだった。

サバイバルホラーの良さが分かるゲームだった

サイコブレイク2の住宅街のマップ

前作のサイコブレイクと今作のサイコブレイク2を比較すると、フィールドが圧倒的に広くなり、自由に探索できる要素が増えたため、サバイバルホラーをしている雰囲気がよく伝わるゲームでした。前作はひたすら一本道すぎたので、サバイバルの感覚が若干弱いように感じた。

「フィールドの広さはどのくらいか?」と言えば、龍が如くで言えば神室町や蒼天堀ぐらいの広さかと思う。それが3個ほどマップがあり、それに加えてボスの領域や脊髄という道幅が狭い通路を進んで行くマップが用意されている。全部含めるとサイコブレイク2は結構作り込んだなぁと感じるかと思う。

セバスチャンがプロジェクターを調べる画像

半オープンワールドみたいな感じで、武器やアイテムを収集したり、ホラーイベント的な要素が散りばめられてたり、サイドミッションが発生したりと、多くの要素が積み込んである。
 

続きを読む »

Newみんなのゴルフの感想レビュー

ゲームレビュー

Newみんなのゴルフ

2017年8月31日に発売したNewみんなのGOLFのレビュー
NewみんなのGOLFはSIEやクラップハンズ開発のPS4専用ソフト。1997年7月にPS専用ソフトとして発売され、累計売上本数が1400万本を超えた国民的ゴルフゲームとなる。今作は『New』と名付けたことでナンバリングとは切り離し、原点回帰を目指したゲームである。

以下はゲームの仕様上、プラチナトロフィーまで一歩手前のところまで来ており、オンライン要素もガッツリ遊んだうえでの感想です。
 

NewみんなのGOLFの良い評価

良い評価

  • 全体的に複雑な操作がなく、マニュアル無しでもスッとゲームに入れる。
  • ショットを打ったときの爽快感とか、特殊ショットのエフェクトがシックリくる。
  • 数十分単位で9HOLE遊べる手軽さが、ゲームを遊ぶ時間が無い人には向いてるかも。
  • オフラインはサクサクとテンポよく進める感覚が良い。
  • マイキャラのキャラカスタマイズは自由度が高く、予想してたより良かった。

これまでのみんゴルのようなテンポの良いゴルフゲーム

NewみんなのGOLFのショット画像

Newみんなのゴルフのショットは、風力やコースの地形を読んで、ボールをどこへ転がしたいのかを予想し、〇ボタンを3回目押しするだけの簡単操作は相変わらず。今作では9HOLEがリアルゴルフのように一体型となったため、ゲーム開始前のローディングは長くなったものの、いざゲームが始まればサクサク進む流れはこれまでのみんなのGOLFシリーズと一緒です。

9HOLE遊ぶのに時間は約18分、18HOLEで約36分ぐらいなので、今日の辞め時や遊ぶ時間を予測しやすい。そのため普段からゲームを遊ぶのに時間が取れないユーザー向け。尚且つ簡単操作であるがために、カジュアル層に適したゲームだと言える。アクションゲームのような複雑且つ高度な操作は必要無いし、ライト層やファミリー層を対象にしたゲームだ。

またゴルフ特有の専門用語などは無くとも、何となく「こうなんだろうな」と、直感的に分かりやすい点はうまくできているなとは感じます。

続きを読む »

【PSVR】PlayStation VR WORLDSの感想・レビュー

ゲームレビュー

PlayStation VR WORLDS

360ChannelとかLittlstar VR Cinemaとか、最近はいろいろと無料でVRコンテンツを試聴できるものが増えてきたが、いろいろとPSVRを遊んだ感想をまとめました。

つーか、PSVRは世界シェアで結局どのくらい普及したんだろ!? 日本ではまだ価格帯が高い理由と販売台数が少なかったこともあり、まだまだ好評とは言い難い感じだが、バンダイナムコではVRを使った大型VR施設を展開されるそうで、今は伸るか反るかの現状だろうな。

PlayStation VR WORLDSというパッケージソフトを遊んでみた。いろいろな種類のゲームが復数詰まっている感じなので、入門編的なゲーム内容だと言える。ただゲームそのもののボリュームが少ないので、長く遊べるゲームではなかったのは確かだと思う。それで値段が少し高いかな。何度も遊べる感じでもないし・・・
 

Ocean Descent(オーシャン ディセント)

Ocean Descent

体験会やPSVRの紹介映像でよく使われていたサメが登場するやつです。綺麗な海の底にダイビングして海の底にあるお宝を取るようなストーリーだったが、ゲームとして何か操作できるものはない。ただVRでキョロキョロと綺麗な海と、襲いかかるサメを見るだけの内容でした。

PlayStation VR WORLDSのサメ画像

ホラーとVRは相性が良いと思った。確かバイオハザード7でもVRに対応してるそうだから、恐怖を感じたい場合はそっちの方が適しているかと思う。サメは槍で突くとかして攻撃手段があればよかった訳だが、そもそもそういったゲームではないようだw

幻想的なクラゲの発光だったり、エイの群れを眺めたりと短い時間だけだがVRを楽しむことはできた。ただ何度もプレイするほどの物でもないので、2回も遊べば満足それまでかな・・・
 
続きを読む »

スプラトゥーン2(Splatoon 2)前夜祭の感想・レビュー

ゲームレビュー

2017年7月15日17時~21時にスプラトゥーン2(Splatoon 2)前夜祭が行われました。いわゆるオンライン体験会です。4時間だけのプレイでしたが十分満足できました。今回はロックポップに分けて事前に投票し、いずれかのチームに分かれて争う流れでした。最終的には2対1でロック側が勝利という結果になったようです。

スプラトゥーン2のロックとポップの結果発表

なんかロック側は弱い人しかいないような・・・という印象を感じたけど、案外そうでもなかったんだろうか!?ソロ部門では弱かったのは頷けるところだな。なんか協調性が無いというか、皆個人プレーをやってた感じだしな。

スプラトゥーン2のチュートリアル

最初はいつものチュートリアルから。スプラトゥーン1の頃はWiiUのパッドが重くて、ジャイロセンサーの傾きがやや面倒だという印象があったが、今回はスリムなProコントローラーになったこともあり、まあまあ快適になったかな。ただ味方のところにぶっ飛ぶやつが、Xボタンで画面を切り換えて飛ぶ仕様になったので、そこだけは手軽さが無くなっていた。

続きを読む »

ARMS(アームズ)の感想レビュー

ゲームレビュー

ARMS(アームズ)

2017年6月16日に発売したARMS(アームズ)のレビュー
ARMS(アームズ)の開発は任天堂。本作はニンテンドースイッチの新規IPで、ゲームジャンルは格闘スポーツです。腕がバネのように伸びてパンチを当てるのが基本になっており、アクション+シューティングを合わせたようなゲームジャンルです。
 

ARMS(アームズ)の良い評価

良い評価

  • お互い腕を伸ばして戦うのが新鮮だった
  • ポップな見た目がいい
  • 複雑なコマンド入力も無いため入りやすいゲーム

久々の任天堂の新規IPソフト

まず良かった点は、任天堂が久しぶりに新規IPソフトを発売したところかな。マリオだのゼルダだの従来から存在していたゲームを、少しだけ変更してこねくり回して作ってるだけのソフトが多いためか、いっつも何か新鮮さが無いなと感じていたここ数年です。

格闘ゲームが廃れている中、ARMSのポップな見た目でカジュアル層に受けそうな形で販売した件を見ても挑戦的な姿勢・意欲というのは、クリエイターには必要なことかと思う。複雑なコマンド形式を撤廃し、誰でも入りやすい形にしたといった感じだろうか。

Joy-Conを使った『いいね持ち』は良い・悪いは別として、家庭で遊べる体感型ゲームというのは何か購入してみたくなってくるものは感じさせますね。「これをVRと連動させれば面白くなるのではないのか?」という期待感すら覚えたものがございます。
 

続きを読む »

ページの先頭へ