「ゲーム情報」の記事一覧

ニンテンドースイッチの発表会(2017.1.13)

ゲーム情報

■公式:https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/

 
2017年1月13日13時にライブ配信で、『Nintendo Switch プレゼンテーション2017』が放送されました。ニンテンドースイッチの発表会です。

ニンテンドースイッチの発売日は2017年3月3日。価格は29980円(税抜)と発表されました。予約は1月21日から開始されるそうです。ゲーム機本体以外にもニンテンドースイッチのソフトがいくつか発表された。

■発表ソフト

  • 1-2-Switch
  • スプラトゥーン2
  • スーパーマリオ オデッセイ
  • ゼノブレイド2
  • ファイアーエムブレム無双
  • ドラゴンクエストシリーズ
  • 新作の真・女神転生シリーズ
  • (仮)Project OCTOPATH TRAVELER
  • The Elder Scrolls V: Skyrim
  • FIFAシリーズ

 
ざっくり見た印象からすると、ニンテンドースイッチはWiiだったり3DSだったりと、これまでのあらゆる機能を一つにまとめたハードという印象があるかな。体感型ゲーム、ジャイロセンサーやアミーボを使った遊び、据置きや携帯でも遊べます!といった総合的なものを感じる。どれかに特化した、突き出た部分が無いのは、任天堂コアユーザーにはどう映ったのだろうか!?

またローチンタイトルの弱さから見て、「ニンテンドースイッチが軌道に乗るのは時間がかかるのではないのか?」という気がします。現状のWiiUの二の舞いにならないかどうか、やや不安を感じさせるところを拭い切れていない一面も感じます。
 
続きを読む »

【任天堂】Miitopia(ミートピア)の発表

ゲーム情報

2016年11月2日に、どうぶつの森のニンテンドーダイレクトの放送を行い、軽く新規IPのMiitopia(ミートピア)について告知してましたが、2016年11月5日にミートピアのプレゼン動画を公開しました。

映像を見るとドラマ風の内容だな。ミートピアの説明の前置きに、3~4分時間を使うのは長すぎるわ・・・。会社ではドン臭い女性+会社のメンバーを紹介するための前置き映像だな。自分の作ったMiiで大冒険ができるゲームで、全体的にトモダチコレクションのRPGバージョンといった感じのゲームでした。

Miitopia(ミートピア)

冒険の目的は大魔王に奪われた顔を取り戻すこと。町では顔のない人々がいて、バトルで敵を倒して奪われた町の人々の顔を取り返す内容。そして、ゆくゆくは大魔王を倒す流れ。自分で作ったMiiを登場人物として割当てれるのが特徴で、面倒くさい人はインターネットを使ってMiiに割り当てるQRコードを使用することも可能。アミーボにも対応しているそうです。

続きを読む »

任天堂の新型ゲーム機『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』の発表!発売は2017年3月予定

ゲーム情報

■公式:https://www.nintendo.co.jp/switch/
 

2016年10月20日に、任天堂がようやく新型ハードとなるNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を発表しました。これまでにNXと呼ばれていた謎の機種が、ニンテンドースイッチのことです。発売日は2017年3月を予定しており、PS4 ProやPSVRが発表されたことで、ようやく任天堂も発表したところか・・・。ギリギリまで隠し通した感じだろうか。

現在はニンテンドースイッチの初公開映像と、公式サイトが公開されています。
動画を観た感じ、据え置きでも携帯機としても遊べるのが特徴といったところか。コントローラー『Joy-Con(ジョイコン)』が独特で、左右取り外し可能になっている。WiiUのようにテレビからコントローラーの画面へ切り替えて遊べるし、”スイッチ”とはそういった所から名前が来ているのかと思います。

あとは1台のゲーム画面でマルチプレイができるのも特徴か。ただジョイコン1つでプレイするのはコントローラーが小さそうだな・・・。1台でワイワイ遊べるところを主点にしているのだろう。ゲームの方は3DSのようなカートリッジタイプだし、ハードの性能がどんなもんなのか気になるところです。
 

続きを読む »

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)

ゲーム情報

■公式:https://www.nintendo.co.jp/clv/
 

2016年11月10日に発売するニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータです。いや~ファミコンといえば、今や懐かしいコンシューマーゲーム機。ここから世界へゲーム文化が広がったといっても過言ではないだろう。さらにその前だと、アタリ社が作ったシンプルな棒ピンボールのアーケードゲーム辺りかな。いずれにしてもファミコンをプレイして夢を魅せられて、現在第一線で活躍するゲームクリエイターもきっと多いはずです。

かといって「またファミコンを購入して遊んでみたい?」と聞かれると、今は時間の都合を考えると「いや、別にいらない・・・」と思ってしまう物でもあるよな。でも動画とか見ると、想い出補正もあってやっぱ欲しくなってくる一品といったところです。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

このミニファミコンは手の平サイズに収まり、本体を約60%縮小したものらしい。HDMI端子でファミコン映像を出力します。ゲームのカセットは刺せないようで、すでに30タイトルが内蔵されている状態で販売される。それで価格は5980円(税別)というから、何だか欲しくなってきますね。収録されているゲームタイトルは・・・
 

続きを読む »

仁王ベータ版のアンケート集計結果

ゲーム情報

仁王(ベータ体験版)
■公式:https://www.gamecity.ne.jp/nioh/questionnaire.html

2016年8月23日~9月6日まで無料配信されてた、仁王のベータ版のアンケート集計結果が今回も出たようだ。α版の時もアンケート集計結果を出していたので、何かしら改善されてたりします。仁王の発売日は2017年2月9日に発表してたが、Horizon Zero Dawnと中途半端に被りそうなのが嫌だな (-д-;)

公式サイトでは、グラフ的にベータ版とα版のときの評価を見ることができます。全体的に難しかったゲームの割には『非常に良い・良い』の評価が多いな。日本だけやたらユーザーインターフェースの部分は微妙派の意見が多いのか~
 

続きを読む »

ページの先頭へ