アドベンチャーパート(街歩き)

龍が如くシリーズの基本的なゲームの流れは、
大きく分けるとアドベンチャーパート、バトルパート、イベントパートの構成。
本編物語のメインストーリー、小さい物語をクエストのように攻略するサブストーリーがある。


アドベンチャーパート

自由に歓楽街を練り歩くパート。
次の目的地へ行く、サブストーリーをプレイする、収集物や情報を集める、
販売店やプレイスポットへ入り買い物やミニゲームを楽しんだりできる。


ポーズメニューを開けば、所持品、装備、能力強化、携帯、達成目録、
サブストーリー、備忘録、セーブ、ゲームの設定の確認や変更ができる。
マップはPS4版ならタッチパッドを押せば開ける。

バトルパート

アドベンチャーパートで移動してると敵に絡まれてバトルになる。
各章のメインストーリーではボス戦などもある。
逃げる相手を走って捕まえるチェイスバトルなどもある。

イベントパート

ムービーで進行するシーン。
街などを移動中にイベントが発生するカットシーンなど。


サブストーリー

サブストーリーは、メインストーリーとは別に用意されている短い物語。
クエストのようなもので基本的に頼まれ事やお使い系、トラブルを解決する内容です。
笑い、涙、バラエティーにとんだ内容が用意され、
シリアスな展開が続くメインストーリーとは違った面白さを感じれる。


中にはバトルになったり、選んだ選択肢の回答により展開が異なるものもある。
サブストーリーを攻略すると、経験値、アイテム、お金などの報酬が貰えたりする。
あとサブストーリーの最後には、強敵・亜門と戦う内容が用意されてたりします。


【収集要素】コインロッカーの鍵

街での収集要素はコインロッカーの鍵がある。
コインロッカーの鍵は、神室町や蒼天堀のあらゆる場所に落ちており、
鍵を入手すればある場所に設置されているコインロッカーを開けることができる。
コインロッカーの中には、武器・防具・アイテムなどが入っている。



達成目録

達成目録は人に話しかけた回数、食事制覇数、バトルで敵の撃破数など、
あらゆる項目に分けられたリストがある。
条件を達成させると経験値を得られたり、コンプリートするとアイテムを受け取れたりします。



神室町や蒼天堀の施設

飲食店

飲食店はメニューから食事を注文し、その場で食して桐生一馬の体力を回復できる。
龍が如く6の飲食システムで、食事をすると筋肉・俊敏・根性・技巧・魅力に、
それぞれ経験値が得られる仕様。バトルで経験値を得るより、食事の方が経験値を得やすいです。
また食事のメニューの組み合わせによりボーナス効果が得られる。


胃袋ゲージが満腹のときは体力ゲージは回復するが、
経験値やボーナス効果は得られない。



アルコールは飲み過ぎると酔っ払うシステムで、時間経過で酔い度を自然回復することもできるが、
消費アイテムのコーヒーやお茶を使えば酔い度を覚ますことができます。
酔い度による効果は以下の通りで、メリット・デメリットがそれぞれある。


■酔い状態による効果
  • 敵のエンカウント率が上がる。
  • ダッシュ時間が短くなる。歩きにくくなる。
  • 攻撃した時のヒートゲージ上昇率が上がる。

販売店

販売店は回復アイテム、武器、防具など幅広く売られている。
回復アイテムは飲食店とは違い、持ち運びができる回復アイテムです。

質屋『えびすや』では、アイテムや武具を売ることができる。
カジノや賭場で獲得した換金アイテム(皿)などは、えびすやに売り飛ばしてお金に替えれる。


自動販売機

コンビニでも販売されているものもあるが、自動販売機でドリンクを購入できる。
ドリンクを飲めば、攻撃力や防御力といった特殊効果が一定時間だけアップする。
効果内容はドリンクにより異なる。


プレイスポット

プレイスポットは、龍が如くシリーズにあったミニゲームがほとんど。
ミニゲームをコンプリートするだけでも結構なプレイ時間になる。


プレイスポット 主な内容
グラビア撮影スタジオ

新しく追加されたプレイスポットで、グラビアアイドルを写真撮影する。

新・クランクリエイター

龍が如く6にあった要素に新しく追加したもの。戦略的なリアルタイムゲーム。

新・水商売アイランド

龍が如く0にあった要素で、水商売を経営するゲーム。

トイレッツ

新しく追加された要素でトイレッツptが溜まると、トイレでミニゲームができる。

電脳戦機バーチャロン

新しく追加されたセガの対戦型アーケードゲーム。

バーチャファイター2

龍が如く5で追加されたセガの対戦型アーケードゲーム。

UFOキャッチャー

クレーンを動かしてぬいぐるみを掴んでゲットするアーケード機。

カラオケ

リズムに合わせて指定されているボタンをタイミングよく押す音ゲー。

麻雀

4人で役を作って強さを競うボードゲーム。ランキング戦モードなどがある。

将棋

対戦相手で王将を取り合う将棋ゲーム。順位戦や試練踏破モードがある。

ダーツ

的にダートを投げて獲得した点数で勝負を決めるゲーム。

バッティングセンター

飛んでくるボールにタイミングを合わせて打つ。打ちっぱなしの野球バッティング。

ゴルフセンター

マトにボールを当てるゴルフゲーム。ニアピンやビンゴチャレンジなどある。

こいこい

花札を使って、場札に出ている札と同じ手札を出して役を完成させるゲーム。

おいちょかぶ

花札や株札を用いて、札の組み合わせの数字で役を作るゲーム。

ポーカー

2枚の手札と5枚の共有カードを使って役を作って競うカードゲーム。

ブラックジャック

手持ちのカードの合計数が『21』に近いと勝ちとなるカードゲーム。

個室ビデオ屋

個室ビデオ屋でイメージビデオを眺める内容。

闘技場

神室町の賽の河原にある闘技場。対戦相手を倒して報酬を得る。


その他の施設

神室町や蒼天堀の隅っこにはタクシー乗り場が配置してある。
お金を払って街を快適に移動することができます。ワープする感じで一瞬でエリア隅へ移動できる。
移動や敵に絡まれるのが面倒だと感じた場合は利用するといい。



真島吾朗の追加エピソード

龍が如く極2では、真島吾朗に新たなシナリオに追加されている。
東城会五代目会長の寺田行雄が、空位となっている若頭の座を稼げる人にしようとした。
現在東城会で多くの金を稼ぐ植松彰信と、不動産で稼いでいる真島吾朗の抗争を描いており、
プレイアブルキャラクターとして真島吾朗編をプレイできるようになっている。


真島編は本編を進めていくことで、少しづつ解禁されていく仕様。
龍が如く0で登場した、かつては盲目だったマキムラマコトなども関わっている。
その他、植松彰信、飯渕圭、川村涼太などが、新たなキャラクターとして登場している。




新・クランクリエイター

新・クランクリエイターは、龍が如く6にあったクランクリエイターのシステムを強化した、
戦略的且つ大人数バトルで楽しめるミニゲームです。
今作では真島吾朗が率いる真島建設と、悪徳不動産企業の武藤敬司、蝶野正洋、長州力、
天龍源一郎、藤波辰爾といったレジェンドレスラーと争うストーリー。


真島建設の従業員はサブストーリーを攻略したり、求人広告の募集で集める。
従業員にはそれぞれステータスや固有技が設定されている。
バトルでは最大9人の従業員を操作して、真島建設の建築重機などを狙う、
敵の攻撃から防衛するミッション内容です。


各ミッションを攻略するとスコアを獲得できる。
スコアはオンラインランキングに対応しており、スコアを登録して全国のプレイヤーと競える。
またネットワーク機能を利用することで、限定ミッションを遊んだりすることもできます。



新・水商売アイランド

新・水商売アイランドは、龍が如く0にあった水商売アイランドをベースに、
新要素や新機能を多数追加したミニゲームです。
キャバクラを経営する内容で、窮地に陥ったフォーシャインを、
とあるトラブルがきっかけで桐生一馬が立て直すストーリー。


キャバクラのキャストはサブストーリーを攻略したり、求人広告の募集で集める。
キャストにはそれぞれ仕事のアビリティーや、体調の調子などが設定されている。
接客では次々で来店する客にキャストを配置していき、
客との相性やキャストの体調を確認しながら、店の売上を増やしていく流れとなる。


全国のキャバクラ店でナンバー1を決める大会『キャバクラグランプリ』にて、
ライバル店のセクシー女優たちを撃破していく。
4つのリーグフレッシュリーグ、パラダイスリーグ、エグゼクティブリーグ、ミリオネアリーグ
を制覇していき、リーグのチャンピョンを目指す!



↑TOP