龍が如く極2の評価レビューまとめ

ファミ通クロスレビュー

週刊ファミ通 2017年12月14日号

週刊ファミ通12月14日号にて、龍が如く極2のレビュー評価が発表されてました。
ファミ通クロスレビューの評価は『9、10、9、9』の合計37点でプラチナ殿堂入り。
シナリオ攻略までだと約20時間、やり込み要素を含めると約100時間、平均して遊べるそうです。


ちなみに龍が如く極1のときは合計34点のゴールド殿堂入りと、
あまり評価は伸びなかったが、今作は期待が持てそうか!?


■良い評価
  • 前作の龍が如く極はPS3でも発売されたが、本作はPS4専用となり、
    最新のドラゴンエンジンの採用で、街の探索やバトル、イベントが完全にシームレスに。
    ストレスを感じず、快適にプレイできる。
  • 龍が如く6と同様に、店に入るときもバトルへ突入時もシームレスになっているほか、
    戦いでのモーションも自然になるなど、素晴らしいクオリティーで龍が如く2が新生。
  • 龍が如く6に準拠したシステムのため、
    街での移動やバトルなどがシームレスで快適にプレイできる。


  • 新要素も多く、ボリューム的にも満足。
    アクションも攻防の駆け引きが味わえて歯応えもある。
  • もともと大ボリュームだった龍が如く2をベースに、
    新要素が多数追加されて、遊び応えは満点。
    より作り込まれた大阪・蒼天堀が舞台となる。
  • 作り込まれた神室町や蒼天堀からは、独特の空気感が伝わってくる。
    街中の様々な物を武器にして戦うのはやはり楽しい。
  • 本編の一部も再構築されて、リメイクの枠に留まらない1本。
  • PS4ならではのクオリティーで昇華された神室町と蒼天堀の作りは圧巻で、
    路地裏の店や看板を見て回るだけでも楽しい。


  • 真島吾朗が主人公の新規シナリオは、本編とはまた違うノリで面白い。
  • 新キャストを加えた本編の物語も見応えがあるし、
    真島を操作できる新規エピソードの追加も嬉しい。
  • 真島編は前作と本作を繋ぐお話で、人物の裏が見えてくるし、
    真島として神室町で遊ぶのも新鮮。
  • 新・水商売アイランドは、稼ぎが増えることが喜びとなり、
    仲間を増やしながらリーグを勝ち上がっていくシステムが燃える。


■悪い評価
  • ”真島建設のRTS”は最初、社員の見分けがつかなくて焦ったが、
    育てると愛着が湧く。キャバクラ経営もつい夢中に。
  • お使い的な進行が若干多く、
    ルーチンに感じるところは、物語の魅力でうまく補っている。


■今週はコレを買え!
  • 龍が如く極2は前作『極』よりもクオリティーがさらに高く、
    より快適に遊べる作品に仕上がってます。
  • ドラゴンエンジンにより高水準で蘇った龍が如く極2。
    シームレスなゲームプレイが没入感を削ぐことなく作品世界に浸らせてくれます。
  • 新・水商売アイランドでは、店のオーナーとして登場するユキさんが、
    龍が如く0よりもかわいいと個人的に思いました。
  • 龍が如く極2は、繊細なグラフィックが人物を際立たせて、物語をより深く堪能できました。
  • 新しい遊びも増えて、まさか自分がトイレッツをプレイできる日が来るとは。


電撃PSのレビュー

電撃PlayStation Vol.652号

電撃PlayStation Vol.652にて、龍が如く極2のレビュー評価が発表されてました。
電撃の評価は『95、90、85、95』でした。


■良い評価
  • 11年前の作品のリメイクだが、リメイクという言葉で終わらせるのは勿体ないデキ。
    龍が如く6でも使われたドラゴンエンジンの力で物語が同じ新作というべき進化を感じた。
  • 大筋に変化はないとはいえ、グラフィックも演出も変わっているうえに、
    追加シナリオなどの新要素も多数用意されているので、経験者でも新鮮な気持ちでも遊べる。
  • 追加要素の新・クランクリエイターは、龍が如くらしからぬピリつく難しさで楽しめた。
  • 街並みのリアルさにびっくり。小ケースの中身や張り紙など細かい部分まで作り込まれ、
    神室町、蒼天堀とも臨場感はかなりものです。
    雑居ビルや屋上、路地裏など探索範囲も広がっていて、
    PS2版をやり込出いても新鮮な気持ちでプレイできる。
  • ムービーのカメラワークの他、攻撃やヒートアクションの演出がこっているところもポイント。
    戦闘回避が容易になり、次の戦いに武器を持ち越せるなど、遊びやすさが向上している点もいい。
  • ファンとしては真島の兄さんの追加シナリオに興味津々。
    パワフルな桐生さんとは異なる、素早いアクションに病みつきになりました。
  • 漢の生きざまを強烈に描いた世界観、それがシリーズの真骨頂であり、
    本作でも期待通りの満足感を得られていた。
    PS2版には触れていなかったためその比較は難しいが、このクオリティ&ボリュームなら
    従来のファンにもオススメできそうだ。


  • 「この先どうなる?」と興味をそそる物語の手法こそ龍が如く極1が上手と感じたが、
    熱いエピソードの数々は見応えバツグン。
  • 街の風景も細密に作り込まれており、没入感の倍増にひと役買っている。
    そんな世界観を支えるアクション、そして主人公の強化システムなども、
    遊びやすさと手応えがバランスよく盛り込まれ申し分ない。
  • PS2版も本作もクリアした自分としては、まずこの極シリーズはリメイクという言葉でくるのは
    間違いだと伝えいたい。「ここまでやる!?」と驚くほどのグラフィックの進化は
    キャラクターの個性をさらに際立たせているし、一部キャストの変更もみなハマっていました。
  • 追加エピソードの真島吾朗の真実、新・水商売アイランド、新・水商売アイランドの
    新コンテンツなど、豪華すぎるほどプラスの要素があります。
    これらが本編同等のボリュームであるのだから、率直に脱帽ですね。
    ちなみに新・水商売アイランドは、龍が如く0をプレイした人がニヤリとする演出が満載です。
  • シリーズの関連ネタはいたるところに盛り込まれているので、
    シリーズが好きな人にこそ遊んでほしいですね。
    若くて脂が乗った、荒々しい桐生が見られるのはこの作品ならではの魅力ですから!
  • システム面では、経験値の成長システムをはじめ、基本的に龍が如く6を継承。
    それに龍が如く2で公表だった、武器の持ち替えやなじみヒートが加わり、
    戦うことがより一層楽しくなっています。


■悪い評価
  • 真島編を遊ぶために一度タイトルに戻る必要がある点は不親切だと感じましたが、
    不満はそれくらいです。
  • 少しきになったのが、敵と接触してから戦闘に入るまでのタイムラグ。
    ときどき戦闘開始まで待つこともあり、ここが速くなるとよかったな。


↑TOP