こいこいの遊び方

こいこいをプレイできる場所のマップ
場所
  • 神室町:龍宮城3F
  • 蒼天堀:四ツ寺会館
達成目録
  • こいこいで累計1000枚稼ぐ
イカサマアイテム
『幸運花札』
操作 内容
方向キー
左スティック
カーソル移動
決定
× キャンセル
役一覧
設定確認
ルール説明
OPTIONS 操作説明
タッチパッド ゲーム中断
景品 木札 備考
銅の皿 20点 換金アイテム
銀の皿 200点 換金アイテム
金の皿 2000点 換金アイテム
プラチナの皿 4000点 換金アイテム

※龍宮城は、サブストーリーNo.22『龍宮城』を攻略すると行けるようになる。



こいこいのルール

こいこいとは、花札を使った遊びで1対1の対戦ゲーム。
役を完成することで勝利できる内容です。
役が完成しても『こいこいする』を選択することで、さらに強い役の完成を目指すことができる。


弱い役で勝利しておくか、強い役を目指すかで勝負の分かれ目になる。
自分の手札を見て、すぐに簡単な役を作れるかどうか、強い役を作れるか考えることになります。


山札、場札、手札の説明図
■ゲームの流れ
  1. 親(先攻)を決める。選んだ札の月が若い方が親になる。それ以降は勝者が親になる。
  2. 手札と場札に同じ月の札がある場合は取れる(取れるなら場札に色枠が付く)。
  3. 2で同じ月の札がない場合は手札を場札に置く。
  4. 山札から1枚引く。同じ月の札が出た場合は取ることができる。無い場合は場札に置かれる。
  5. 役が完成した場合は『こいこいする』で続行、『こいこいしない』で勝負になる。
  6. 合計得点が多い方が勝利する。得点差×賭け点による計算で支払われる。

級と賭け点

賭け点
初級 10点、30点
中級 10点、30点
上級 10点、30点
最上級 10点、30点

級は初期から最上級まで解放されている。
龍が如く極2では難易度を変更しても、どれも10点か30点の賭け点に固定されている。
ゲームを開始する前に『設定の変更』からどちらかを選択できます。


こいこいの設定モード

賭け点

難易度ごとに決められている2種類の賭け点の変更ができる。
獲得点は、賭け点×得点で獲得点数が計算されてます。

7点以上2倍点

1回の獲得点数が7点以上なら、獲得した点数を2倍に加算する。

月見酒・花見酒

簡単に役を作れてしまう『月見酒』と『花見酒』の役を
ルールに含めるかどうか選択できる。
簡単に作れる役なのでOFFにすることも可。

菊に盆 カス計算

『菊に盆』のカス計算にいれるか決めれる。

旬の役を採用するかどうか選択できる。
こちらも簡単に作れる役なのでOFFにすることもできる。

進行ガイド

進行ガイドを採用すると、役が成立する場合は
場札に置かれたカードが少し輝きます。

回数

こいこいの対戦を何回戦にするか決定できる。
3、6、9、12回戦を選択できます。



こいこいの札と役

札一覧

1月の花札(松) 2月の花札(梅) 3月の花札(桜)
4月の花札(藤) 5月の花札(菖蒲) 6月の花札(牡丹)
7月の花札(萩) 8月の花札(芒) 9月の花札(菊)
10月の花札(紅葉) 11月の花札(柳) 12月の花札(桐)

役名と役の点数、組み合わせ方

カス(1点) カス

『カス』を10枚集めると役が成立。
カスを1枚追加ごとに1点追加。

タン(1点) タン

『短冊』を5枚集めると役が成立。
短冊を1枚追加ごとに1点追加。

タネ(1点) タネ

『タネ』を5枚集めると役が成立。
タネを1枚追加ごとに1点追加。

旬(4点)

場の月と同じ月の札を4枚成立。

青短(5点) 青短

『紫の短冊』を3枚集めると役が成立。

赤短(5点) 赤短

『文字が書かれた赤い短冊』を3枚集めると役が成立。

猪鹿蝶(5点) 猪鹿蝶

『イノシシ』『シカ』『チョウ』を集めると役が成立。

月見酒(5点) 月見酒

『芒に月』『菊に盃』を集めると役が成立。

花見酒(5点) 花見酒

『桜に幕』『菊に盃』を集めると役が成立。

三光(6点) 三光

『柳に雨』以外の『五光』を3枚集めると役が成立。

雨四光(7点) 雨四光

『柳に雨』と『五光』を3枚集めると役が成立。

四光(8点) 四光

『柳に雨』以外の『五光』を4枚集めると役が成立。

五光(10点) 五光

『五光』を5枚集めると役が成立。

手四(6点)

ゲーム開始時に『同じ月が4枚』あった場合役が成立。
そして、そのゲームは終了する。

食付(6点)

ゲーム開始時に『同じ月が2枚ずつ4組』あった場合役が成立。
そして、そのゲームは終了する。



攻略ポイント

イカサマアイテム 内容
幸運花札 山札をめくった時に、場にある札が可能な範囲でめくれる。

1:旬で早々と役を組めるか吟味する

まず配られた手札と場札を見て、役『』を整えられそうかどうか判断する。
手元に揃っていれば4枚で旬を作れるので手早く勝利することができる。


2:少ない札で組める月見酒と花見酒を考慮する

役で狙やすいのは『月見酒』と『花見酒』。
3月の桜、8月の芒、9月の菊のカードが手札にある場合は、各1枚づつ残しておき取れそうなら使う。
どちらの役も『菊に盃』が使用されているので、取るならこちらを優先したい。


3:負けそうならショボイ役回りでも成立させる。勝てそうなら強い役を目指せ

役が揃ったら、こいこいするか、しないかは状況次第になるので何とも言えない。
例えばこちらが早い段階から強い役が成立すれば、さっさと止めるのがいいが
さらに強い役を組めそうなら続行して、少しでも高い点を獲得しておきたい。


月見酒』『花見酒』のコンボが狙いやすいし、さらに『三光』にも繋げやすいのが攻略ポイント。
また対戦相手が強い役で成立している場合は、適当な役を整えて早々と辞めるようにする。


4:対戦相手が有利になりそうな手札はなるべく出すな

場札に取れる花札が無い場合は、対戦相手の役を観察して強いを作らせないように
手札を出すのも攻略ポイントの一つです。



↑TOP