麻雀(マージャン)の遊び方

麻雀をプレイできる場所のマップ
場所
  • 神室町:雀荘 麻雀ららばい(4F)
  • 蒼天堀:麻雀 リーチ楼
達成目録
  • 麻雀の全ての卓・大会で1位になった
  • 麻雀で5回ロン及びツモであがった
  • 麻雀で10回ロン及びツモであがった
  • 麻雀で30回ロン及びツモであがった
  • 賭け麻雀で累計10万円稼ぐ
イカサマアイテム
『無双の牌』
  • MAP A:雑居ビル3Fの事務所内の隅っこに『無双の牌』が落ちている。
  • MAP B:雑居ビル3Fの廊下奥に『無双の牌』が落ちている。
  • サブストーリーNo.31『古牧の修行4』の報酬で『無双の牌』を貰える。
操作 内容
方向キー
左スティック
牌の選択
項目の変更
決定
× キャンセル
アクションコマンド
ルール説明
L1 捨て牌確認
OPTIONS 操作説明
タッチパッド ゲーム中断

麻雀のルール

麻雀とは、合計で136枚ある牌(パイ)を順番に引いて、早く役を作りあげる卓上ゲーム。
4人で競う麻雀であれば親が1人で残りは子になる。
山から一つだけ牌を引いて、手元の牌を1つ出す。
そして局数内にできるだけ強い役を完成させるのが目的となります。


■ゲーム概要
  • リーチは□ボタンを押すとできる。
  • 順位ウマは着順に応じて点数が付く。
  • ゲームを開始する前にルールを変更できます。
  • 難易度は弱卓、中卓、強卓がある。プレイには最低2万5000点必要になる。

対局形式

半荘戦は4人の打ち手が2回ずつ親をすると終了する。
東風戦は1回づつ親をすると終了する。

食いタン

タンヤオの役を採用/不採用

二翻縛り

二翻縛りルールの採用/不採用。
親が5連続であがっているときに限り、二翻以上の役を作らないとあがれない。

赤ドラ

赤ドラの採用/不採用。
採用すると五筒、五索、五萬が投入される。


牌の種類

牌には、絵柄の模様と数字で書かれた牌がある。


  • 数牌(スウパイ):筒子、索子、萬子
  • 字牌(ジパイ):風牌、三元牌
筒子
(ピンズ / トンズ)
筒子

丸い絵柄が描いてある牌。1~9まである。

索子
(ソーズ)
索子

竹の絵柄が書いてある牌。1~9まである。

萬子
(マンズ / ワンズ)
萬子

数字が書いてある牌。1~9まである。

風牌
(フーパイ / カゼハイ)
風牌

東西南北が書いてある牌。4つある。

三元牌
(サンゲンパイ)
三元牌

白、ハツ、中が書かれた牌。3つある。


牌の組み合わせ方

牌の組み合わせの例

麻雀の基本は3枚1組を組み合わせを4組(面子:メンツ)作り、同じ牌2枚(雀頭:ジャントウ)を揃える。
※七対子(チートイツ)、国士無双(コクシムソウ)は例外。


初心者の方は『役』の構成など難しいことは一切考えずに、
まずは面子×4+雀頭をそろえればいいとだけ覚えてプレイするのが良い。
雀頭の組み合わせは、同じ牌であれば別に何でもいいです。
あと1個で役が完成する際にリーチを出せる。リーチを宣言してアガれば点数が多く付きます。


順子
(ジュンツ / シュンツ)
順子

同じ種類の数牌で、数字が連番に並んでいる組み合わせ。

刻子
(コーツ)
刻子

同じ種類の牌が3つ並ぶ組み合わせ。

対子
(トイツ)
対子

同じ種類の牌が2つ並ぶ組み合わせ。

槓子
(カンツ)
槓子

明カン(ミンカン)、暗カン(アンカン)。同じ牌を4つ組み合わせ。

ポン

こちらに対子(トイツ)の牌があり、他プレイヤーがトイツと同じ牌を捨てた場合拾える。
ポンすれば刻子(コーツ)を一組作れます。

チー

こちらに連番続きの2牌を、順子(ジュンツ)にする際に
左側の人が捨てた牌限定で捨てられた牌を拾えます。

カン

自分で4つ同じ牌を揃えた場合『カン』できる。その場合は暗カンになる。
他プレイヤーから捨てられた牌で『カン』を選択して作ると明カンになる。

副露
(フーロ)

他プレイヤーの牌を取得(ポン、チー、カン)して面子を完成させること。
逆に副露していない場合は門前(メンゼン)という。

和子
(あがり)

ロンかツモの2通りがある。
どちらも役が成立していないとできない。

ロン

和了(アガリ)の一つ。
誰かが捨てた牌で役を完成させた時のあがり。

ツモ

和了(アガリ)の一つ。
自分で引いた牌で役を完成させた時のあがり。


ポン、チー、明カンをすると『リーチ』はかけれません。
『鳴く』『鳴き』と呼ばれ、他プレイヤーが捨てた牌を取れて手札が整いやすいメリットがある。

しかし自分の役の手の内がバレる、アガった時の点数が安い、門前がつかない、
手牌が少なくなるデメリットがあります。


■麻雀の対局終了の用語
  • 流局:役が完成しなく誰もアガれず終了
  • テンパイ:役の完成にあと一歩だった状態
  • ノーテン:テンパイに達していない状態


麻雀の役

1翻役

平和
(ピンフ)
平和

門前で、4つの面子が順子、雀頭が1組、両面待ちの構成。

断ヤオ
(タンヤオ)
断ヤオ

字牌や1・9を除き、数牌の2~8だけで作られている構成。

一盃口
(イーペーコー)
一盃口

門前で、同じ種類の牌で、2つ同じ順子の構成。

役牌
(ヤクハイ)
役牌

白、ハツ、中のいずれかで刻子を作る。

風牌
(カゼハイ)
風牌

風牌か自風の牌で刻子を作る。

門前清自模和
(ツモ)

門前で、アガリ牌を自分で引いた牌であがる。

立直
(リーチ)

門前時に、場に千点棒を出して宣言してからあがる。

一発
(イッパツ)

リーチ後、1順以内であがると役がつく。
誰かが副露するとつかない。

海底撈月
(ハイテイ)

最後のツモであがる。

河底撈魚
(ホーテイ)

他のプレイヤーが最後の捨て牌でロンする。

嶺上開花
(リンシャンカイホウ)

カンしたとき、追加で引いた牌であがる。

槍槓
(チャンカン)

他人が加カンした牌が自分のあがり牌だった時、
その牌があがり牌の場合。


2翻役

対々和
(トイトイ)
対々和

4つの順子、1雀頭の構成。

混全帯ヤオ
(チャンタ)
混全帯ヤオ

すべての面子と雀頭に1・9か字牌を入れた構成。

一気通貫
(イッキツウカン)
一気通貫

ピンズ、ソーズ、ワンズのどれか1種類で1~9を並べる。

七対子
(チートイツ)
七対子

門前で、対子を7組集める。

三色同順
(サンショクドウジュン)
三色同順

ピンズ、ソーズ、ワンズの種類で、同じ対子を作る。

連風牌
(レンプウハイ)
連風牌

場風と自風が同じときに、その牌で刻子か槓子を作る。

三暗刻
(サンアンコー)
三暗刻

門前で、3つの刻子をつくる。

混老頭
(ホンロウトー)
混老頭

1・9牌と字牌のみで、4つの刻子と雀頭の構成。

小三元
(ショウサンゲン)
小三元

白、ハツ、中で、二つの刻子と雀頭を作る。

三色同刻
(サンショクドウコー)
三色同刻
ピンズ、ソーズ、ワンズで、同じ数字の刻子を作る。

三槓子
(サンカンツ)
三槓子

3つカンを作る。暗カン・明カンのどちらでもいい。

ダブル立直
(ダブルリーチ)

最初の捨て牌時にリーチをする。


3翻役

純全帯ヤオ
(ジュンチャン)
純全帯ヤオ

すべての面子と雀頭に1・9牌を使った構成。

混一色
(ホイツ)
混一色

ピンズ、ソーズ、ワンズの1種類と字牌だけの構成。

二盃口
(リャンペーコー)
二盃口

門前で、同じ順子の組み合わせを2つ作る。七対子とは重複しません。


満貫役

流し萬貫
(ナガシマンガン)

誰もあがらなかった場合、
捨て牌が全て1・9牌と字牌のみだった場合に成立する。


6翻役

清一色
(チンイツ)
清一色

ピンズ、ソーズ、ワンズのどれか1種類だけの構成で作る。


役満

四暗刻
(スーアンコー)
四暗刻

ポンをしないで、ツモで4つの刻子を作る。

字一色
(ツーイーソー)
字一色

字牌だけの構成で作る。

大三元
(ダイサンゲン)
大三元

白、ハク、中の3面子で作る。

緑一色
(リューイーソウ)
緑一色

ハクとソーズの2,3,4,6,8の牌の構成。

国士無双
(コクシムソウ)
国士無双

すべての1・9牌と字牌を1枚ずつの構成。

小四喜和
(ショウスーシー)
小四喜和

東西南北を3面子、1雀頭で作る。

清老頭
(チンロウトー)
清老頭

1・9牌だけで、4面子、1雀頭で作る。

大車輪
(ダイシャリン)
大車輪

ピンズの2~8の七対子を作る。

四槓子
(スーカンツ)
四槓子

4つカンを作る。明カンか暗カンのどちらでもいい。

九蓮宝燈
(チューレンホウトー)
九蓮宝燈

清一色の1と9が3枚ずつ、2~8が1枚ずつにあと1枚足す。

天和
(テンホー)

親が1巡目にツモであがる。

地和
(チーホー)

子が1巡目にツモであがる。
誰かが途中で副露するとつかない。

数え役萬
(カゾエヤクマン)

あがり役の合計が13翻以上の場合つく。


ダブル役満

四暗刻単騎
(スーアンコータンキ)
四暗刻単騎

四暗刻と同じ。雀頭待ちなら、この役がつく。

純正国士無双
(ジュンセイコクシムソウ)
純正国士無双

国士無双と同じ。雀頭持ちで13面待ちなら役がつく。

大四喜和
(ダイスーシー)
大四喜和

東西南北を4面子を作る。

純正九連宝燈
(ジュンセイチューレンホウトー)
純正九連宝燈

九蓮宝燈と同じ。1~9の9面待ちならこの役がつく。



麻雀の攻略

麻雀の達成目録は、神室町と蒼天堀にある各卓で1位を獲得することと、
ロン及びツモの回数が30回に達しないといけないので、何度も麻雀をプレイすることになる。
また店員に話しかけて参加できるイベント戦『龍鳴戦』『蒼天杯』も攻略する必要がある。


イカサマアイテムの『無双の牌』は、1個はサブストーリーNo.21『麻雀』の攻略で使ったとして、
残り2個はどこで使うべきかと言えば、イベント戦『龍鳴戦』『蒼天杯』で使うといい。
『代打ち戦』は、達成目録には含まれていないのでプレイする必要がない。


弱卓といえど、全然初心者向けという感じがしなく案外強い。
攻略ポイントは麻雀を開始したら、ある程度役が揃いそうかどうか、対戦開始時に判断する。
期待が持てないと感じたら、タッチパッドを押して中断を行い、再度対戦開始を繰り返すといい。


各卓、イベント戦データ

場所 参加料
雀荘 麻雀ららばい 弱卓 1万2500円
雀荘 麻雀ららばい 中卓 2万5000円
麻雀 リーチ楼 中卓 2万5000円
麻雀 リーチ楼 強卓 5万円
イベント戦 参加条件 報酬
龍鳴戦
  • 神室町にある『雀荘 麻雀ららばい』で、弱卓が中卓で1位になる。
  • 且つ合計12ポイント稼ぐ。
  • 参加費用は5万円。
20万円
蒼天杯
  • 蒼天堀にある『麻雀 リーチ楼』で、中卓が強卓で1位になる。
  • 且つ合計12ポイント稼ぐ。
  • 参加費用は10万円。
40万円
代打ち戦
  • 蒼天杯を攻略後、店員に話しかけて『蒼天杯に挑戦』を選ぶと解放される。
  • 参加費用は20万円。
100万円

※龍鳴戦や蒼天杯で1位獲得後は、次回から12ポイント貯める必要は無し。
 参加費用を払えば再度プレイすることができる。



↑TOP