将棋の遊び方

将棋をプレイできる場所のマップ
場所
  • 神室町:路上将棋 神室町
  • 蒼天堀:桂馬
  • 蒼天堀:路上将棋 蒼天堀
達成目録
  • 待ったを使わず将棋で1勝
操作 内容
左スティック
方向キー
将棋の指す手の移動
指し手アシスト
決定
× キャンセル
待った
L1 超待った
R1 駒説明
タッチパッド 中断選択
OPTIONS 操作説明
景品 将棋ポイント 備考
銅の皿 10P 換金アイテム
銀の皿 100P 換金アイテム
金の皿 1000P 換金アイテム
プラチナの皿 2000P 換金アイテム

将棋について

将棋は桂馬の方では、1回500円でプレイできます。
順位戦』と『試練突破』があり、順位戦は初めは八級~十級までしか選べないが、
対戦相手に勝てば強い相手と戦えるようになる。
『試練突破』のほうは、あらかじめ組まれた譜面をクリアしていく内容。


イカサマアイテムは龍が如く極2は存在しないようで、代わりに指し手アシストを使える。
路上将棋の対戦で『自信はない』を選択すれば、『将棋の基本』(指し手アシスト)を貰える。


対戦中は□ボタンで『待った』、L1で『超待った』を使用できる。
『待った』は一つ手前の操作に戻せます。『超待った』は自分で何手前からやり直すのか指定できる。
いずれかの機能を使用すると、勝利した際に得られる『将棋ポイント』の獲得点が減ります。
『待った』未使用で残り回数50×3=150点、『超待った』未使用で100点。


勝利すると『待った』+『超待った』+『対戦ポイント』が合計されて将棋ポイントが得られる。
将棋ポイントは、以下のアイテムと交換してもらえます。


路上将棋の方は、1回100円でプレイできます。
路上で将棋をしている人々と対戦してポイントを得て、景品と交換できる。
尚、桂馬で得たポイントをこちらで使用することも可能。
桂馬の方は、メインストーリー第11章の終盤頃に入れるようになります。



将棋のルール

将棋とは、8種類の駒をプレイヤーと対戦相手が交互に1手ずつ駒を動かして
王将を取るか、投了(降参)させれば勝敗が決まるボードゲームです。


駒の動かし方は決まっており、駒が成る(強化)と動かし方も変わります。
自分と対戦相手が交互に1回づつ駒を進めることになる。
取った駒は自分の駒として使用できる。


■勝敗条件
  • 相手の『』の駒を先に取った方が勝つ
  • 勝ちの1手前で相手に『王手』を宣言する
  • 投了』すれば負ける
  • 待った』を使えば1手前の状況に戻せる

駒の名前、駒の動かし方について

将棋の駒の動かし方その1
通常の駒の動かし方
将棋の駒の動かし方その2
『角』と『飛車』が成ったときの動かし方
駒の呼び方 成った時の駒の呼び方
王(おう)
玉(ぎょく)
成らない
飛車(ひしゃ) 龍(りゅう)
龍王(りゅうおう)
角(かく) 馬(うま)
龍馬(りゅうめ)
金(きん) 成らない
銀(ぎん) 成銀(なりぎん)
桂(けい)
桂馬(けいま)
成桂(なりけい)
香(きょう)
香車(きょうしゃ)
成香(なりきょう)
歩(ふ)
歩兵(ふひょう)
と金(ときん)

『角』『飛車』が成ると特別な動きができる

『王』『金』を除いた他の駒が成ると『金』と同じ動きができる


■駒の動かし方
  • 『歩』は前に1マスだけ進めれる。
  • 『桂馬』は1マス飛び越えて斜めに進めれる。
  • 『香車』は前に好きなぶんだけ進めれる。
  • 『角』は斜め方向に好きに進めれる。
  • 『飛車』は前後左右に好きに進めれる。
  • 『王将』は全方向に1マスだけ進めれる。
  • 『銀』は前・前斜め・後斜めに1マス進めれる。
  • 『金』は前・前斜め・左右・後斜めに1マス進めれる。


駒の進め方のルール

■駒が成るとは?
駒の成り方

自分の駒が敵陣内、対戦相手の駒が自陣内へ入ると駒の動きを変えることができます。
これを『成る』というルールで、成ると駒を裏返せます。
駒が成ると上記のように、駒の動きが変化して強化されます。


必ず『成る』必要はなく、無理して成らなくてもいい。成るかどうかは自分で判断します。
ただ『歩』の駒などは1歩づつしか前進できないので、必ず成ったほうがいい。
『角』『飛車』も必ず成ったほうがいい。桂馬はあえて成らないでおくのも戦術の一つになる。


対戦相手から獲得した駒を敵陣内に配置した場合は、最初から成ることはできない。
2回目にその駒を動かした際に成るかどうか決めれます。


■一度成った駒は元には戻せない

一度、駒が成ってしまったら元の駒には戻せない。
対戦相手に駒を取られてしまった場合、再度駒を置くときは元の駒に戻ります。
尚、『』と『』の駒だけは初めから成ることはできません。通常通りの移動となる。


■対戦相手の駒を倒せば自分の駒に加わる

自分の駒が相手の駒にかぶさる場合は、相手の駒を取ることができます。
取った駒は自分の駒として、自分の出番の際に好きな位置に駒を置くことができる。


■同じ列に『歩』は2つ置けない
二歩の説明

』の駒だけは2枚同じ縦の列に配置することはできない。二歩(にふ)と言います。
片方の『歩』が成った状態なら、それは『と金』扱いなので『歩』を置くことはできる。
ちなみに将棋のルールでは二歩は反則負けになる。



将棋の攻略ポイント

■『飛車』『角』を大いに活かす

飛車』と『』は、一度で隅っこまで移動できてしまう強い駒。
彼らを大いに利用するためには、自軍から駒が進軍しやすいように道を開けておくのがポイント。
敵陣に侵入したら、必ず成ったほうがいい。


■捨て駒を利用する

敵の牙城を崩すには、わざと駒を敵に取らせておいて、空いた隙間から攻め入ることも必要になる。
そのやり方を『捨て駒』と呼びます。
敵の守りが固いと思ったら、何かを犠牲にして何かを得ようと考えてみましょう。


■数手先を予想しながら駒を動かす

自分がストックしている駒と相手がストックしている駒を眺めて、
あと何手で『』を詰めれるのかを予想しながら駒を打ちます。
逆に詰められる恐れも考慮すること。


王の逃げ場がなくなると『詰み』となり勝負が決します。
将棋とはこの詰みを意識して駒を動かしていきます。
将棋の上手な人は、いくつもの詰みパターンを頭の中で先読みしながら駒を動かしてます。



順位戦

順位戦は初めは十~八級の相手と対戦できる。
その後は各級の対戦相手と闘い、勝利すれば上位のクラスに挑める仕様です。
上位クラスほど勝利すれば『対戦ポイント』を多く得られる。
将棋王の渡邉に勝てば無料でプレイできるようになる。


順位戦は達成目録に絡んでる内容でもないので、
順位戦の攻略は趣味の領域みたいなところがある。
楽して勝ちたいのであれば、フリーソフト『bonanza』などを使用して
CPUに打つ手を考えてもらうといい。


対戦相手 ランク 対戦条件 対戦ポイント 棋風
渡邉 将棋王 九段か最上段に勝つ 3000点 将棋に人生を捧げし者
鶴上 最上段 八段か九段に勝つ 2000点 万能型の指し手
九段 七段か八段に勝つ 1900点 緻密な攻めを見せる
岩間 八段 六段か七段に勝つ 1800点 中飛車好きの古豪
久保田 七段 五段か六段に勝つ 1700点 多様な守りの型の使い手
村上 六段 四段か五段に勝つ 1600点 鋭い速攻を仕掛ける
緒方 五段 三段か四段に勝つ 1500点 失策をしない攻めの名手
井口 四段 二段か三段に勝つ 1400点 戦略の幅が広い
塩村 三段 初段か二段に勝つ 1300点 受けに定評がある
川上 二段 一級か初段に勝つ 1200点 苛烈に攻め立ててくる
小藤 初段 二級か一級に勝つ 1100点 堅実に攻守をこなす
小清水 一級 三級か二級に勝つ 1000点 からめ手に長ける
矢野 一級 三級か二級に勝つ 1000点 慎重に守りを固める
二級 四級か三級に勝つ 900点 実力はあるが気まぐれ
染谷 二級 四級か三級に勝つ 900点 鋭い飛車を操る
稲田 三級 五級か四級に勝つ 800点 反撃に長ける
甲斐 三級 五級か四級に勝つ 800点 攻守の調和の取れた指し手
菊池 四級 六級か五級に勝つ 700点 飛車の使い方が特徴的
坂東 四級 六級か五級に勝つ 700点 大駒で積極的に攻める
小林 五級 七級か六級に勝つ 600点 冷静な攻撃を見せる
花谷 五級 七級か六級に勝つ 600点 強さにムラが多い
加藤 六級 八級か七級に勝つ 500点 長期戦に持ち込もうとする
宇都宮 六級 八級か七級に勝つ 500点 臨機応変な指し筋
吉田 七級 九級か八級に勝つ 400点 堅実な守りを見せる
大西 七級 九級か八級に勝つ 400点 中央突破を狙う
八級 初期 300点 囲いを作ることを優先する
兵頭 八級 初期 300点 攻守の調和は良い
結城 九級 初期 200点 強引な攻めをしてくる
井上 九級 初期 200点 守りを固めるのが遅い
斉藤 十級 初期 100点 積極的に攻めるのが弱い
川口 十級 初期 100点 気まぐれな初心者


試練突破

達成目録のコンプリートは試練突破で行うと良い。
同じ試練突破を複数回プレイしてもカウントされるので簡単に攻略できてしまう。
試練突破は試練突破1~試練突破最終まで用意されてある。
試練突破最終までクリアしても特に何もならない。


大抵は動画の通りやれば同じ手でCPUが指してくれる。
同じように指してくれない場合は、
『待った』を使うかして何度かやり直せば、動画の通り指してくれる場合がある。


ステージ ポイント
試練突破1 100P
試練突破2 200P
試練突破3 300P
試練突破4 400P
試練突破5 500P
試練突破6 600P
試練突破7 700P
試練突破8 800P
試練突破9 900P
試練突破10 1000P

試練突破1

王と飛車を動かして、相手の王を隅っこに追いやるよう駒を動かせば勝利できる。



試練突破2

飛車を動かして歩を獲得しながら、相手の王を隅っこに追いやり、
歩をと金にして隅っこに追い詰めれば勝利できる。



試練突破3

王、金、銀をバランスよく敵陣に上げて行き、相手の王の端っこに追いやれば詰めれる。



試練突破4

初めに相手の陣の空いてるスペースに飛車や金を入れていけば、
相手の王を隅っこに追いやって詰みやすくなる。



試練突破5

敵は左側から敵陣に押し上げて来るので、こちらは右側からいくつか駒を敵陣に押し上げる。
あとは王が詰まれないように適度に逃げながら、相手の王を左側に追いやれば詰める。



試練突破6

王、銀、歩をバランスよく敵陣に上げて、相手の王を隅っこに追いやれば詰めれれる。



試練突破7

歩と金を右上寄り敵陣に押し上げて、相手の王を右隅っこに追いやれば詰めれる。



試練突破8

始めに角と飛車を成らせておいて、敵陣にと金を配置していく。
あとは王を左隅に追いやるように駒を左側へ押していく。
相手の金と銀の守りを崩すために、捨て駒は必要になってくる。



試練突破9

角を捨てて飛車を敵陣に送り込み、飛車と金で手早く詰めれる。



試練突破10

敵の思考ルーチンが長くなり、1手毎に時間がかかる。
角と飛車を敵陣にすぐに入れるように歩を動かして、
あとはと金と奪った金を敵陣に潜り込ませて、敵の王を隅っこへ追いやる。



↑TOP