本とゲームを連動させた新感覚ゲーム

このゲームは本(マジックマスター)とソフトがセット売りされ、

暗号の解き方や、呪文の唱え方など

付属の本を見ながら謎を解いていく内容です。


全352ページで本として読む楽しみもあり、

漢字などは子供が読めるように平仮名がふってあります。

現(2010年11月)、ゲームが発売していませんが、

ゲーム屋やツタヤなどソフトを取り扱っているお店では

サンプルとしてマジックマスターが置かれている店がいくつかある。


タッチペンを魔法の杖に見立たて物語を進めて行くRPG。

魔法はタッチペンでルーンを描くことにより使用する。

本とゲームが融合した史上初のゲームだそうです。



育成、通信機能について

育成収集システムの「イマージェン」は350以上存在する。

イマージェンが成長すると、新しい技を覚えたり

装備できるアイテムの数が増えていく。


また友達とイマージェンの交換や対戦が行えるシステムもあり、

すれちがい通信で、「旅するタマゴ」という不思議な卵を誰かと交換すれば

タマゴポイントがアップし、中身がどんどんレアな物へと変化していく。


物語の途中では、船を入手しての移動も可能で

カジノ・シティが存在し、いろいろなミニゲームも楽しむことができる。


Wi-Fi通信では、毎日配信されるという「魔導士通信」が2010年12月9日より

約1年にわたり配信され、アイテムやクエストなどが配信される。


二ノ国 漆黒の魔導士 攻略

攻略チャート

攻略データ

攻略まとめ

システム・ゲーム内容