福引きをしまくる!


 今日は溜まりに溜まった福引き券を使用して景品を交換しまくってみた。
シェアボタンの撮影を観察しながら試してたが、
ボタンを押してから1.5秒後ぐらいにに遅れて撮影される感じだな〜


 動画の撮影もそんな感じだったが、そちらは一応トリミング可能。
とはいっても、一度ゲームを終了しないと駄目ぽいので、そこら辺りの不便さを感じる…


 福引きは龍が如く5にあったボイスとモーションは使い回しだ。
ただ福引器を回す方法が改善され、無駄を削ったようだ。



 ふむ。龍が如く5の福引きと比較すると、維新のほうは遥かに出やすいかな。
龍が如く5ではあまりにも自分の狙っている景品が出る確率が低かったので、
長時間プレイすると殺意を覚えるようになってくるがw 今回は緩く設定されている。
良い玉が出る関連性を調べてみたが、関連性がありそうで微妙に確率なのかな〜


 初めに3等以上が当たったら、その後のデータを調べてみたが16回引きまでが様子見だと思った。
連続や短い間隔で当たりの目が出るのは偶然でもないと思った。
30回ぐらいまでには4等〜特等まで出そろいやすいものなんだな。
運が良いと11回程度で出揃う。1300枚ぐらい使ったのかな…福引き、稀引きの景品が一巡したわ。


福引きの実行回数と等の出方データ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
× × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×


 特等が出ると受付の人が鈴を鳴らして祝ってくれます (´∀`)


 リアルの福引きでは、本当に1等の玉とか中に入っているのか?
と胡散臭さを感じるのが残念で仕方ないw
一部だけ透けて中が見えてれば、まだ回す気も起きそうな気がするけどね。
でも、最近はそういう商売をしてる人は見かけなくなったもんだな〜



亜門戦でのバグぽい?動画

 あぁ〜、なんだか最近疲れを感じる…。
これは風邪をひいた予感するが、最近はずっと亜門の倒し方を考察してた。
いろいろと難易度を変更しながら戦っていたが、
ヒート耐性の存在に気づくまで少し時間がかかりすぎた。


 武器がショボいから駄目なのか、ガード中に攻撃が入ってるだけなのかと考えていたが
それより亜門は、ダウンとか攻撃中では耐性の数値が変動してるんだと思った。
それ故、ダメージが通る時と、まったくダメージを与えられない場合があるのかと…


 ショボダメージしか与えられないヒートアクションは、爽快且つ豪快さがそこなわれたかな。
虎落としを決めたとしても、亜門には大したダメージにはならないので、
開発者は一体何をプレイヤーにやらせたかったのか、意図がよく分からない…
これだと絶技ゴリ押しを推奨しているようなもんかと…





 何十回、亜門と戦ったのか忘れるぐらいやり込んでみたが、バグぽい動画が撮れますた ( ゚∀゚ )
格闘の型で亜門の攻撃を受け流して、絶技を当てようと2・3度粘ってみたが
どれも紙一重で回避されてしまい、最後に龍馬が亜門を一撃でぶった倒したと思いきや
逆にぬっ殺されてましたw


 でも龍馬は普通に立っているし、受け流しの無敵時間が切れた隙に即死ダメージを負い
カウンターで絶技のパンチが入ったものと思われる。
その結果、第3者を殴り飛ばした感じに見える…
よく見ると亜門は龍馬の背後にいるしな〜



攻略チャート

攻略データ

無料アプリ for PS Vita

システム・ゲーム内容