プロ棋士に学ぶ将棋の指し方の動画



あっw 打っちゃったよ打っちゃったwww



PS4の感想

 今回は初のPS4とPS3の違いを比較しながらプレイしてたので、
いろいろと違いについては学習できた。
簡単に違いを述べると画質、フレーム数、シェアボタン、ライブ配信の差ぐらいだな〜
インストールはアップデートされてた事に気づかない場合があったので、通知してほしい。


 画質に関してはPS3でHDMIケーブルで接続してれば、
PS4の画質と比較するとそれほど激的に変化したという印象は感じられなかった。
PS3は少し画面が暗めで、微妙にテクスチャがぼやけている。
でもそこまで気になるほどでもないのがぶっちゃけな感想だ。


 PS4のフレーム数に関しては倍なので、それなりに滑らかに龍馬が動きます。
こちらがもっとも重要になりそうなのは格闘ゲームだ。
強くなりたきゃ細かいフレームまで観察する必要がでてくる。
ただPS4の滑らかさに慣れてしまうと、やっぱPS4がイイ!になってしまうものがある。



 シェアに関しては欠点がいくつかあると感じた。
まずシェアボタンでゲーム画像を保存する際に、あの場面を狙って撮りたいと思っていても
ボタンを押してからの時間差が発生した後に撮影されるので、
一体どの場面のやつが撮れたのか分かりづらい点にある。


 龍が如く維新だと、釣りなんかをキャプチャーしようとすると難しさが理解できるはずだ。
常に動いてる映像に対して撮影するのは少し技術が必要だと思った。
駄目出しで連続で撮影しても、これがまたうまく撮影できていないことが多い。
ここら辺りが改善されることを願うばかりだ。



 動画に関してはプレイスポットのミニゲームを開始する場合など、
少しばかり画面が真っ黒になりローディングされるが、
その時に動画をスタートさせても録画開始になっていないという欠点がある。
画面上では録画開始のアイコンが表示されるものの、実際は撮られていないのがほとんど。


 なので、ローディングを開始する前から動画撮影を開始する必要がある。
すると余計な開始部分が写ってしまうので、こちらに関してはトリミングで削るしかない。
1秒単位で設定して削れるのでそこまで手間はかからなかった。
終了設定の部分は+1秒分含めてトリミングされる仕組みになってました。


 つーか、フェイスブックに投稿するより、
ストレートにユーチューブやニコニコ動画へアップできるようにした方がいいと思った。
ここら辺りの対応はそのうち設定されそうかも?
動画アップロード後は、しばらく時間が経過してからでないとフェイスブックには反映されてなかった。



 ライブ配信に関しては興味が無いので、ただ世界中のプレイヤーが遊んでいる映像を
ボーっと眺めていたが、配信者とコミュニケーションを取って楽しむというよりは、
自分がこのゲームを購入したいかどうかの判断材料にはなるかな〜
でもその頃には、違法に動画投稿サイトでアップされてたりするので今更なところもあるかも…



 全体的な感想からすれば、PS4はこれからかな。
PS4専用ソフトでも発売されれば、さらに進化の違いを感じれると思うが
PS3と両対応ソフトだと実感はそれほど感じられなかった。
最終的には画像と映像を使って、何をどう活かすかがポイントなのだろうな〜


 ライブ配信に関しては百歩譲り、人気者になったとして一体何をしたいのか?といったところだ。
ネットアイドルみたいなやつになる気はサラサラ無いし、
最悪馬鹿が何かを配信してるぞ!と思われるケースの方が高いと思ったw
GTA5のようなクルー同士でチャット機能として活かすのなら使い道はあるかもね。



プラチナトロフィー獲得と対策術


プラチナトロフィーとか

 終わった…。やっとプラチナトロフィー獲得したわ…
龍が如く維新のソフトが発売してから丁度一ヶ月が経過したが、
プラチナトロフィー獲得者は、わずか0.3%しかいなかったw


 2014年3月16日までの集計販売本数を見ると、
PS3版が22万9879本、PS4版は10万9709本出荷したそうだから
それで1%未満とは実に意外だ。



 まあ、誰がプレイしてもストーリー系以外のコンプリートに時間のかかる仕様だった。
無料アプリ for PSVitaをやり込んでいなければ、
今頃プラチナトロフィーは獲得できてなかっただろうな〜


 2周目の達人級は、スタート → ○ボタンでムービーをバンバン飛ばしまくり!
第12章の御所で岡田以蔵とのバトル最終章での武市半平太とのバトル
ムービーは何故か飛ばせなかった。
会話シーンに関しては、R1+○ボタン長押しで素早く会話流ししてくれます。



いろいろ大変だった感想と対策術

プレイしてて大変だと感じたやつは…



 闘技場は最高で闘玉を稼いで6000玉。時間は4分ぐらいかかるので
最低でも20万闘玉を稼ぐのに、どう逆立ちしても時間がかかりすぎるw
連射パッドで指の疲れの軽減できれば最高だが、
PS4では連射パッドがまだ世の中に出回っていないので見かけない…


 うどん屋手伝いは、普通にメニューを覚えるのですら大変なのに
後半は最速入力をしないと達成できそうにないので、すでにボタン入力が遅い方は詰みゲー…
これに関しては、もう少し入力時間を長くするべき。
遅い人のタイムに合わせて作らないとアレだと思った。



 精進目録と武器・防具のコンプリートは時間がかなりかかります。
中盤ぐらいまでは面白くプレイしながらコンプリートできてたが、
後半頃から作業的に終わらせていかないと、いくら時間があっても足りないことに気づいてくるw
普通にゲームをプレイするんじゃなくて、なるべく精進目録を意識したプレイで対処したい。


 一部の素材集めのために、バトルダンジョンを何度も何度も攻略するハメになるのが大変…
必要なときに限って、これがなかなか出ないw
早い段階から黄金銃を作っておいたほうがスムーズに攻略できそう。
料理『幸せうどん』効果の入手アップと合わせて観察したが、効果が重複してる気がしなかった。




攻略チャート

攻略データ

無料アプリ for PS Vita

システム・ゲーム内容