FF13、FF13-2でのキャラクター関係図

FF13シリーズのキャラクター関係図

 FF13でグラン=パルスという魔物が済みつく世界があり、
そこから身を守ろうと、宙に浮かぶコロニー『コクーン』で人々は生活をしていた。
FF13のエンディングでは、ラスボスがコクーンを落下させて皆殺しにしようとしたが、
ヴァニラとファングがクリスタル化してコクーンを支えて全滅はまぬがれた。


 FF13-2では巨大なプリンが、コクーンを支えているクリスタルを溶かして落下させようとしていた。
予言により、どっちみちコクーンの崩壊はまぬがれそうになかったので
ホープはアカデミーで人工のコクーンを作り上げて、そこに人々を移住させようと計画する。


 エンディングでは人工のコクーンが見事に打ち上げられた。
ユールのお告げでは「カイアスを倒してはいけない」と言っていたが、
カイアスの悪巧みにより、カイアスが自殺するような感じでカオスの心臓を貫いたが
結果的にはノエルが貫いたことになり、女神エトロは死んで世界は混沌で覆われて終了。



ライトニング



  • 声優:坂本 真綾
  • FF13、FF13-2、ライトニングリターンズに登場する女性
  • FF13とライトニングリターンズでは主人公をやっている

 FF13は聖府に勤める軍人だったが、妹のセラがルシだったの軍人を辞めて救い出すことになる。
FF13-2では突然姿を晦ますことになり、混沌の地ヴァルハラ女神エトロの神殿を守る騎士になっていた。
女神エトロの力を与えられ、カイアス・バラッドと戦っていたが
エンディングではカイアスとの勝負後、椅子に座りクリスタル化した。


 ライトニングがクリスタル化し500年の時が過ぎると、世界は徐々に混沌(カオス)に蝕まれ
世界に残された時間はたったの13日間となった。
眠り続けていたライトニングは、人々の魂を解放するという役割を与えられ
解放者』として務めを果たすことになる。



ルミナ

  • 声優:伊藤 かな恵
  • ライトニングリターンズから登場する少女

 ライトニングの行く先々に現れては手助けをしたり、邪魔をしたりと気まぐれなことを繰り返す。
物語で彼女はどのような役割を果たすのか、目的や素性については謎が残る。
ライトニングとは何らやら深い関係があるようだが…



スノウ・ヴィリアース



  • 声優:小野 大輔
  • FF13、FF13-2、ライトニングリターンズに登場する男性

 FF13では黒いバンダナぽいのを頭に被るマッチョな肉体派キャラで、熱血漢な性格だった。
聖府軍のやり方に反抗し、ルールに縛られない自由な生き方を目指した『ノラ』という
自警団的なチームのリーダーをやっていた。


 FF13ではライトニングたちと一緒に戦い、ルシから解放されてルシの烙印は消えたはずだが
FF13-2ではスノウは時空の歪みに巻き込まれて、ライトニングの妹・セラが死ぬのを見てきた。
セラを救うべく力が必要だったので、スノウは再びルシになった。



 世界に残された唯一のルシであり、ルシの力を使い500年間に渡り都市ユスナーンを平定してきた。
セラとは婚約者の仲ではあったが、FF13-2のエンディングではセラが死んだので
ライトニングリターンズではセラを救えなかったことを悔やみ続けている。
当時の熱血漢な面影はなく、シリアスでダークな雰囲気が漂うキャラになった。


 モンスターから奪ってスノウの力で氷漬けにした巨大な斧を持ち、
ライトニングと戦うことに迷いなく選択する。



ホープ・エストハイム



  • 声優:梶 裕貴
  • FF13、FF13-2、ライトニングリターンズに登場する男性

 FF13ではまだ少年の姿で内気な性格。
一緒に旅するスノウを憎み、スノウを殺すため(母の仇討ち)ライトニングを頼りに一緒に旅する仲間。


 FF13-2ではアカデミーの指導者的な立場で、少年の姿から少し成長した青年の姿で登場する。
FF13にあったコクーンは、いずれ落下して多くの人々が死んでしまうのを防ごうと、
アカデミーの施設で人工のコクーンを開発していた。
エンディングでは人工のコクーンの制作に成功し空に浮いた。



 ライトニングリターンズでは、万能神ブーニベルゼによりライトニングの補佐をする役割を与えられている。
外見はFF13-2の青年の姿から若返り、FF13の頃のホープの姿になっている。
性格はFF13-2のホープがベースとなっているが、何故か記憶の一部や感情が曖昧になっている。


 人工コクーン内に作られた特殊な場所の『箱舟』と呼ばれる所にホープはいる。
そこは時間の経過が無く、世界の寿命が縮まることもない所。
毎朝6時に箱舟へ帰還してくるライトニングのHPやGPを回復し、ライトニングのサポートを行う。



サッズ・カッツロイ

  • 声優:江原 正士
  • FF13、FF13-2、ライトニングリターンズに登場する男性

 アフロヘアーが特徴で息子のドッジが喜ぶと思い、ひなチョコボを購入した。
ひなチョコボはサッズのアフロヘアーを気に入っており、アフロに出入りする。
FF13ではサッズはパージ対象者を輸送する列車の中でライトニングと出会う。
脱出後はライトニングらと行動することになり、クリスタル化したドッジを救う旅をする。


 FF13-2ではサッズはほとんど出番がなかったが、
DLCで有料販売された『逸楽の宮殿ザナドゥ』というところで
賭け事をするサッズ専用のイベントが用意された。
本職は飛空艇パイロットで腕は一流。


 ライトニングリターンズでは、サッズはウィルダネスという自然が美しい風景の所で暮らしている。
獣たちが本能のままに生き、人々は自給自足で生活している森林豊かな地域。
墜落した飛空艇を改造した家で生活しており、相棒のひなチョコボも健在だがドッジは眠り続けている。
ドッジの魂は別の場所にあるので目を覚まさないようで、サッズは苦悩を抱えている。



ヲルバ=ダイア・ヴァニラ、ヲルバ=ユン・ファング

  • ヴァニラの声優:福井 裕佳梨
  • ファングの声優:安藤 麻吹
  • 両方ともFF13、FF13-2、ライトニングリターンズに登場する女性

 ヴァニラとファングは、グラン=パルスのヲルバという所で生活していた。
血の繋がりはないが姉妹として育つ。ヴァニラは明るい女の子な性格で、ファングは男勝りな性格。
どちらもルシになってからはライトニング達と共に旅をした仲間。
FF13のエンディングでは、2人ともクリスタル化して落下するコクーンを支え犠牲になった。


 落下するコクーンを救う前は、
太古の『黙示戦争』で魔獣ラグナロクに変身してコクーンと戦いを滅ぼしかけたが
巨大な力の介入により『ルシの烙印』を焼かれ、ヴァニラと共にクリスタルになっていた。
数百年後にヴァニラと共に目覚めてライトニング達と出会い、コクーンを守ることを決意した。


 ライトニング リターンズFF13では、2人共ともクリスタル化が解けて目覚めた後は救世院にいた。
ファングはデッド・デューンに眠る『聖宝』を探すため、砂漠の盗賊団『モノキュラス』の首領になる。
ヴァニラは死者の魂を聴ける能力がそなわり、救世院で儀式的なことを行っている。
二人ともコクーンを滅ぼしかけたことに責任を感じており、ヴァニラは命を賭けて儀式に臨む覚悟でいる。



ノエル・クライス

  • 声優:岸尾 だいすけ
  • FF13-2に登場した男性

 FF13-2では隕石とともに突如ネオ・ボーダムに現れた青年。
滅びゆく時代に生まれた人類で最後の子。
コクーンのない世界の700年後の未来からやって来た。
異界のヴァルハラでカイアスと戦っていたライトニングからセラを迎えるように頼まれた。


 ノエルが暮らしていた時代では、時詠みの巫女のユール、その守護者のカイアスがいた。
カイアスはノエルの師であり対抗心を燃やしていたが、結局は師に捨てられた。
その後は、FF13-2でセラと共に未来を変える旅路に出かけることになる。


 FF13-2のエンディングではカイアスと一騎打ちで戦い、
カイアスがノエルの手を握って自殺するような感じで、自身の混沌(カオス)の心臓を突き刺した。
それによってノエルは神殺しになり、世界は混沌に飲み込まれた。
ライトニングリターンズではノエルはその責任を感じている。



カイアス・バラッド

  • 声優:白熊 寛嗣
  • FF13-2に登場した男性

 時詠みの巫女ユールを守る守護者。
巫女ユールは未来を見る能力を持つが、その変わり寿命が尽きるのが早いデメリットがある。
都合のいい時に未来を見るのではなく、勝手に未来が見えてしまうので時詠みの巫女は若いうちに死んでしまう。
そして輪廻転生しては黄泉がえり、また未来を見てはすぐ死ぬ存在。


 カイアスは守護者なので、ユールが死ぬ光景を何度も何度も見てきた。
女神からは守護者としてカオスの心臓を与えられているのでカイアスは死なない。しかも1000年以上生き続けてる。
FF13-2ではヴァルハラでライトニングと何度か戦っていたが、
カイアスは不死身だったのでライトニングはカイアスに敗れ去る。


 勝利したカイアスは、ユールの呪われたような生き方を救おうとして
女神を殺して、人工コクーンを墜落させて、ヴァルハラと可視世界の境界(女神の門)を破壊しよう企んだ。
FF13-2のエンディングでは自身に付けられたカオスの心臓を貫けば女神は死ぬと知っていたので、
ノエルがカオスの心臓を貫いたようにして女神を殺した。



セラ・ファロン

  • 声優:寿 美菜子
  • FF13、FF13-2に登場した女性(FF13-2では主人公)

 セラはライトニングの妹で、スノウとは婚約するはずの仲だった。
FF13ではルシの烙印が押されクリスタル化した。
ライトニングらの助けにより、エンディングではクリスタル化が解けて復活した。


 FF13-2ではグラン=パルスで生活していた。
FF13のエンディング後、姉のライトニングが突然姿が消えてしまったので、
ライトニングの行方を探すために、突然時空からやって来たノエルと共に旅に出ることになる。


 FF13-2のエンディングでは、セラは巫女ユールと同じ能力である『エトロの瞳』という
未来を見る能力に目覚め、ノエルに看取られながら未来を見て寿命が縮んで死亡。
セラは自分が死ぬと知っており、未来を変える決意をして旅に挑んでいた。
ライトニングリターンズでは、ライトニングやスノウ、ノエルはセラを救えなかったことに責任を感じている。



チョコリーナ

  • 声優:うえだ 星子
  • FF13-2に登場した女性(チョコボ)

 性格は非常にハイテンションで「チョンチョコリーン」と叫ぶ、赤色のチョコボの衣装を来た女性。
FF13-2では時空を超えて、あらゆる場所に出没しては行商を行っている。
年齢は不明で、女神の力により人間の姿に変身できたようだ。
ライトニングリターンズFF13では祈りのキャンバスというサイドクエストを取り扱っている。


ライトニングリターンズ 攻略

メインクエスト

光都ルクセリオ ユスナーン ウィルダネス デッド・デューン 13日、14日

サイドクエスト

マップ

攻略データ

システム・ゲーム内容