チンチロリンの遊び方と攻略法

低レート 最低10点、最高100点賭けできる。
高レート 最低100点、最高1000点賭けできる。

 チンチロリンは、親と子供(3名)が3個のサイコロを3回振って出目の役を争うゲーム。

通算で獲得した木札の点数が10000点を超えればコンプリートになる。



ルール

ゲームの流れは、


  1. 親を決める。
  2. 全員がサイコロを振って数字が大きいプレイヤーが親となる。
  3. 親がサイコロを振って出目が1or6以外なら、子供がサイコロを振って勝負する。
  4. 勝敗後は時計回りに親を交代し、次の勝負になる。

親の出目 内容 配当
子供はサイコロを振れず、親が負け 親が賭け点の同額を支払う
子供はサイコロを振れず、親が勝ち 親が賭け点の同額を獲得
2〜5 子供がサイコロを振って勝負になる -

  • 出目=同じ数字が2つ+違う数字の目の役のこと。例:223なら「3」、446なら「6」が出目になる。
  • 出目の強さは1の数字がもっとも弱く、6の数字が強い。
  • 出目が出なかった場合は『出目なし』と呼び、負けが確定する。
  • サイコロが1個でもお椀から飛び出てしまうことを『ションベン』と呼び、負けが確定する。

役(親・子に適用) 内容 配当
ピンゾロ
3個のサイコロの目が全て『 5倍
アラシ

3個のサイコロの目が『2〜6』の範囲で全て同じ目 3倍

役(親だけ適用) 内容 配当
ヒフミ
親の負け:3個のサイコロの目が『1、2、3』と連番になる 2倍支払い
シゴロ
親の勝ち:3個のサイコロの目が『4,5、6』と連番になる 2倍獲得



チンチロリンの攻略法

 チンチロリンは運任せのゲームなので、特に攻略法は存在しない。

だが自分が親の状態で勝利するのがもっとも稼ぎやすいので、

自分が子供のときは最低賭け点で勝負をして行った方が良い。

親で勝ちまくった場合はセーブしとく。


 また自分が親で、尚且つ勝負に負けた場合に限り、

清算する前に○ボタンを押さずに、スタートボタン→ミニゲームを終了してしまえば

清算支払いをしないで、ミニゲームを終了することができます。

自分が子供の場合は通用しません。



攻略チャート

攻略データ

システム・ゲーム内容