東城会

九鬼 隆太郎(くき りゅうたろう)

 東城会直系九鬼組組長。東城会きっての頭脳派として知られる男。

戦後から続く地下格闘場『ドラゴンヒート』を取り仕切り、莫大な金を動かしている。

格闘技ブームに乗り、賭け試合のベットをネットからできるようにしてからは

巨万の利益を上げるほど急成長した。


 東城会に誰か内通がいることに気付き、親友でもある鷲尾に龍也が10連勝したら

誰が内通者なのか教えるように密約を交わした。

龍也が10連勝するのが現実的になると、鶴見が悪事がバレるのを恐れ部下に命じ九鬼を襲撃。

その後、龍也に戸田は実際に死んで無かった件、戸田のマイクロチップのことを話し亡くなった。


戸田 直輝(とだ なおき)

 東城会・九鬼組の幹部で、中国人系闇金融でシノギをあげる武闘派ヤクザ。

格闘技と女好きで、日々キャバクラ通いをしている。


 焼肉店を放火した犯人で、筒井の依頼により東城会に入る前の頃に

閉店した店を燃やすように言われ実行する。

中に人がいるとは知らず、龍也と張の母、金光の両親が焼け死んでしまった。


 お金欲しさに闇金を襲ってきた龍也にボコボコにされて呼吸が止まったものの、実際には生きていた。

繊細な面もあり取引ではマイクロチップに会話記録を残すクセがあり、

証拠を揉み消すため、筒井の命令を受けた新城 零司により殺される。


二岡 考造(におか こうぞう)

 東城会一の武闘派として知られ、儲かることなら何にでも手を出す最悪の男。

もともとドラゴンヒートは九鬼 隆太郎の組だけによる運営だったが、

東城会に内通がいると噂されると九鬼に言いがかりをつけて、

結局はドラゴンヒートは東城会の各組による共同運営になった。


 ドラゴンヒートのシノギを狙っており、九鬼を失脚させるべく様々な画策をしている。

クロヒョウ2では九鬼が亡くなったのでドラゴンヒートの運営は二岡組が引き継いだが、

八百長試合により客が離れ、さびれてしまったドラゴンヒートを九鬼の息子と取引をして明け渡した。


雨宮 泰山(あまみや たいざん)

 ドラゴンヒートの専属トレーナーにして整体師。

柔道、空手、合気道、ボクシングなどあらゆる格闘術に精通している。


 昔は乃木 泰(のぎ とおる)という名前でボクシングの世界チャンピオンを目指していた。

ドラゴンヒートでは過去最高の9連勝の伝説を持つボクサーだったが、

内縁の妻・右京 菜穂子が務めている焼き肉店の放火により亡くなった。


 チャンピオンになることを諦め、犯人を捜し出し復讐する生き方に人生を変えた。

東城会が怪しいと考え、名前を雨宮泰山に変えて東城会へ入会。

もっと大きな情報が必要だったので、事件を捜査していた竹中 省三と取引をして内通者となった。

ドラゴンヒートのトレーナーをしつつ、東城会の裏情報を警察に流し放火の真相を探す日々。


 その後、九鬼に連れて来られた龍也の面倒を見ることになる。

最終章では龍也をかばい、新城零司の足指先蹴りが頭部にヒットし亡くなった。



警察

鶴見 正(つるみ ただし)

 警視庁組組織犯罪対策部 部長。鷲尾、竹中の上司にあたる。

放火事件の捜査責任者でもあり、筒井と密約を交わし実は事件の黒幕。


 鷲尾に事件の真相がバレそうになったので殺害を依頼し、

部下の竹中がかぎついていたので捜査から外させた。

放火事件の原因を右京龍也に仕立て上げたストーリーを作り、丸く収めようと企む。


 クロヒョウ1のエンディングでは真相までには辿り着かず、逮捕されることはなかった。

鶴見が都知事選挙に立候補する記者会見の映像が放送された。

その後、クロヒョウ2では東京都知事となる。


鷲尾 勇(わしお いさみ)

 警視庁捜査一課の課長。前捜査四課 管理官。

格闘技好きで、ドラゴンヒートには由里香と共に観客として度々訪れている。

九鬼 隆太郎とは小学校より幼馴染。


 竹中の部下であった過去に解決できなかった放火事件を追っている。

鶴見が事件に関与しているのに気付き、逮捕するように電話で手続きをしている際に

背後から新城 零司に殺害される。


竹中 省三(たけなか しょうぞう)

 神室署・少年課刑事。

傷害事件を起こした龍也を逮捕したことから、なにかと面倒を見るようになる。

15年前に起こった放火事件が時効になる前に犯人を捕まえるべく、神室町をかぎまわっている。



ドラゴンヒート

工藤 沙紀(くどう さき)

 合気道を極め、中学女子日本一に輝いてからは格闘技マニアと化した。

熱い戦いを繰り広げていたドラゴンヒートに気付き忍び込んだが、東城会の組員に見つかる。

雨宮泰山の必死の説得により、泰山の弟子入りとしてドラゴンヒートに出入りできる人物。

泰山と共に地下格闘場内の医務室で手伝いをしている。


DJ RIKUOH(でぃーじぇー りくおー)

 ドラゴンヒートでアナウンスを務める人気リングアナウンサー。

アドリブで右京龍也のリングネームを「神室の狂龍」と名付ける。

試合のないときは、神室町のクラブでDJをしている。


TOMOKI(ともき)

 空手家。黒学館大の4年生。

来年には格闘家としてプロデビューが決まっている。

アマチュア相手では物足りなくなり、デビュー前の腕試しにドラゴンヒートに参戦する。

クロヒョウ2では第一章のボスとして龍也に勝負を挑む。


日向 翔(ひゅうが しょう)

 総合格闘家にしてドラゴンヒートの至宝。

打撃技、組技、関節技、あらゆる格闘技を習得している。


 通算勝率は7割以下とドラゴンヒートでは低いが、

勝利には自分の哲学を持っており華麗に決めて勝つので日向のファンが多い。

ドラゴンヒートでは右京龍也に負け、再戦するもまた負ける。


悠木 万寿美(ゆうき ますみ)

 学生時代に空手5段と合気道5段を両方極め、古武道の達人。

過去に生徒に張り手一発をしたことで、暴力教師と言われ関西の学校を辞めさせられる。

それ以降、鉄拳制裁による教えを封印した。


 龍也が退学した神室東高校では古文教師をやっていた。

鉄拳制裁を封印した悠木は、わざとボコられながら天馬と龍也達にカツアゲされる。

その後、警察に連絡し龍也らを停学処分に追いやった。


 街で久々に龍也と出くわしたが、全然更生してない龍也を見てドラゴンヒートに出場すること決め、

拳で分からせようと封印していた鉄拳制裁で闘うことにした。

クロヒョウ2では第十章のサブストーリーで少し登場します。


藤本 信道(ふじもと のぶみち)

 47歳のタクシー運転手にして、全日本を三度制した正統派の空手家。

息子の恒夫が龍也との喧嘩で頚髄骨折の大怪我をし、体が一切動かなくなったので

息子の将来を奪った龍也に深い恨みを持つ。


 ドラゴンヒートのリングで龍也と対戦することを息子に進められ、カタキを取るために出場する。

だが試合後、息子の垣夫が動けなくなった事件の真相を知ることになる。


真壁 隼人(まかべ はやと)

 気が荒く沖縄の極道10人を病院送りにしたストリートファイター。

勝つためには手段を選ばず、遊ぶ金欲しさに喧嘩に明け暮れるようになり、沖縄最強と呼ばれるようになった。

ゴロツキに成り果てていたところを二岡に目を付けられ、若衆として東京に呼び寄せられた。

クロヒョウ2では、サブストーリーの離反者の討伐依頼で登場する。


張 孝明(ちょう こうめい)

 残留孤児三世の武闘派グループを束ねている狐狼会のリーダー。

15年前の焼き肉屋の放火事件により母親が焼死したので、事件の真相を追っている。


 二岡組に放火事件についての情報を教えてもらう代わりに、

ドラゴンヒートに参戦し龍也を倒す条件で出場する。

対決した後は龍也と和解し以降、親友となる。


荒巻 毅(あらまき つよし)

 外人部隊の傭兵。鷲尾の愛弟子で元部下。

元警察官で公安時代の鷲尾の後輩だったが、フランス外人部隊の傭兵に転職した。


 鷲尾が龍也が10連勝すると九鬼に内通者を教えなければならないので、

10連勝が現実的になるとまずいことになった鷲尾が、ドラゴンヒートに荒巻を連れて来て龍也を倒すように命じた。

現役の傭兵で24の勲章を持つが、実際は傭兵以外の立場では死刑囚の立場だったが

それを鷲尾に救われたので、荒巻は鷲尾には逆らえない身である。


 試合で龍也に負けると、鷲尾が荒巻に失望し銃を向けて発砲。

荒巻の頭部にはあえて直撃せずに、外して柱のほうに撃ち込み、とっとと失せろ!言われ退散した。


嶋 鉄司(しま てつじ)

 元プロボクシング・ミドル級世界チャンピオン。

必殺のレバーブロー(肝臓打ち)を武器に、日本で初めてミドル級で世界の頂点を極めた。

初防衛戦で両眼の網膜剥離が発覚したため無敗のまま表舞台から引退し、

そのままボクシング界で伝説となった。


 その後、ルールがゆるい海外の方でボクシングを続け数々のタイトルを制す。

日本に帰って来てからも関西の地下格闘場で戦っており未だ無敗を誇る。

しかし、過去に一度だけ乃木 泰に敗れている。



東都百貨店

筒井 正俊(つつい まさとし)

 東都百貨店常務取締役にして、時期社長候補。

ドラゴンヒートでは人気のある日向 翔のスポンサーで格闘技をこよなく愛する。

人脈を活かして、神室町に新たな店舗を作り、それを足がかりに出世した。


 若い頃はマサという名前でドラゴンヒートに飛び入り参加で乃木と闘ったことがあり、

足指先蹴りにより乃木の腕の骨を折ったことがある。

乃木に顔面を殴られリングを退散し、それ以降は乃木と合うこともなく筒井 正俊として扮す。


 神室町の土地開発に反対していた焼肉屋と話しが合わず対立していた。

地上げをやっている東城会に放火を依頼するが、

九鬼 隆太郎は東城会は放火みたいなマネはやらないと断られたので

まだ東城会に入る頃の前の戸田 直輝に放火の依頼をした。


新城 零司(しんじょう れいじ)

 表情が見えにくい眼鏡をかけており、無表情体格が良い。

筒井 正俊の秘書をやっており、連絡により暗殺活動を行っている。

ブラジリアン柔術と琉球空手を筒井に教わり、必殺技の足指先蹴りもマスターしている。


 最終章で龍也に負けると、駆けつけて来た警察に筒井と共に逮捕される。

逮捕後は筒井は黙秘していたが、

新城は罪を軽くするためか、全て自分行った行為を警察に自白している。



その他

右京 龍也(うきょう たつや)

 クロヒョウシリーズの主人公。神室東高校退学後、フリーターになる。

2年の時、喧嘩で藤本 恒夫を重傷を負わせたため、竹中に捕まり少年院に入っていた。

現在、神室町で姉と二人暮らし。2歳の時に母を亡くしたので記憶がほとんどない。


榊 天馬(さかき てんま)

 神室東高校3年。

一人息子として生まれ、料亭旅館「榊」の跡取り息子。

龍也の数少ない理解者であり、龍也と共に神室町でたむろしている。


右京 冴子(うきょう さえこ)

 右京龍也の姉。龍也とは血縁関係がなく金光家の娘。

9歳の時に火事で両親を亡くし身寄りがなくなったが、乃木により右京家に引き取られる。

龍也と二人暮らしをしており、神室町・チャンピオン街にあるスナックで働いている。

金に固執しており、玉の輿にのることが将来の夢。


藤本 恒夫(ふじもと つねお)

 神室西高の空手部主将で、藤本 信道の息子。

元番長で龍也のライバルでもあり、男と男の勝負として龍也との勝負で負けて際に

頚髄骨折の大怪我し、体がまったく動かない身となる。


 首の怪我の原因は龍也がやったと思われ、警察の竹中により龍也は少年院送りとなった。

しかし実際は龍也が首の骨を折ったのではなく、

仲間にいたオサムが龍也に恨みを持っていたので、龍也がやったかのように見せるため

密かに倒れている恒夫の首の骨を折っていたのであった。


 父の信道は龍也を恨んでいるが、恒夫の方は男の勝負を受け入れた龍也に対し恨みは持っておらず、

龍也という男を分かって欲しくて父をドラゴンヒートへ出場するように進言する。


由理香(ゆりか)

 容姿、会話術にも長けた、No.1キャバ嬢。

各界のVIPにもひいきにされているが、彼女を完全にモノにしたという客はいない。

仕事は無論、美容、健康に関しても一切、手を抜かない。



攻略チャート

攻略データ

システム・ゲーム内容