前のライトニングリターンズ FF13ブログpart6

次のライトニングリターンズ FF13ブログpart8


北瀬佳範氏、鳥山求氏、阿部雄仁氏の開発話

 プロデューサーの北瀬佳範氏、ディレクターの鳥山求氏、
ゲームデザイン・ディレクターの阿部雄仁氏による三者の開発話。



難易度が高く感じた。イージーモード推奨ですか?

--鳥山--
なにはともあれ、イージーモード推奨です!
今回のノーマルモードは手こずりますよ。


実はノーマルモードをクリアできませんでした。
ノーマルモードで詰まって、2回目はイージーモードで遊んだんですが、テンポよく遊べるようになります。
ハードモードでプレイすると新たに解放される要素などもあるんです。


周回プレイもやりごたえがあって、「するめ」ゲームのように仕上がっている。
ストーリー後半で入手できるものを最初から使うと、
こんなアビリティを使えるのかと、いろんな発見がある。
ちなみに最強のウェアがどれなのかは、わからないようになっています。



--阿部--
社内のテスターさんが1回目で8割クリアできるようにというのを達成したのが、
今回のノーマルモードの難易度です。


FF13-2の難易度はかなり下げていたということもあり、その感覚でも進めなければいけない
という部分も含めて、イージーモードをレベルデザインしている。
最強装備がバラけるように作っています。



バトルのキモはガードですか?

--阿部--
そうですね。今回、盾は標準的なバランスのとれた性能のもの、
HPが大きく上昇して攻撃も中断されにくいもの、
ガードをすると急激にダメージが減るけどHPはほとんど上昇しないものといった
バランス、RPG、アクションといった方向付けの3タイプの分け方をしています。



--鳥山--
ガードを3つのスタイル全部にセットするとか、
どれかはガードを抜いて強力なアビリティをセットするなど、プレイヤーによって作戦の差が出る。



--北瀬--
自分はリジェネガードを必ずつけて、回復しつつ戦ってますね。



お気に入りのウェアやカスタマイズを教えて

--北瀬--
私はボス戦の直前はアビリティなど第一に考えて、それに応じたものをセットしてくんですが、
そうじゃないときは見た目重視で遊んでます。
ミコッテにベレー帽を被せたり、麗しのガーディアンなど物理防御が高いもの。
守りを固められるものが好きですね。



--鳥山--
私の場合ですと、ビジュアルでは不夜城のバウンサーという紫色のスーツ。
カラーを赤シャツに変えて、グロッシーグラスという大き目のサングラスをかける。
ライトニングがイケメン的にカッコよくなる。序盤はそれでずっと遊んだ。



--阿部--
自分はパラディンですかね。
これはガードをしていると自動的に反撃が出るので、そこからうまく攻撃につなげると
かなりアクションゲームっぽくなるのがお気に入りです。



最初はこう遊んだほうがいいというアドバイスなどあります?

--北瀬--
詰まったときには、そこに固着しないほうがいいですね。
あとはNPCが「明日来てね」と言ったら忘れずに必ず明日来るように。



--鳥山--
ライトニング リターンズFF13ではマップにマーキングできるようになっているので、
うまく活用してもらえればと思います。
プレイヤーが目的を決めるという風にしたかったので、マップは結構リッチに機能を追加してます。


ウェアごとにプレイスタイルの傾向があるので、自分が得意とする傾向を見つけて
そこからグレードアップするにはどれを選ぶとよいだろう、というのを考えていくといいと思います。



本編ボリュームはどのくらい?

--鳥山--
エンディングまで、だいたい40時間くらいですね。
普通にプレイするとそのくらいです。



--阿部--
ウェアを集めたり、多くの人を救済していると、もう少し時間がかかるかもしれません。



エンディングを迎えるためのポイント

--鳥山--
クリアして大きい魂が解放されるごとに世界の日付が延びていくので、
そういう意味ではメインクエストをクリアしていけばエンディングは迎えられると思います。



--阿部--
世界余命を13日にまでするには、メインクエストのクリアが必須になる。
多少はサイドクエストでも埋められますが。



本編クリア後のやり込み要素

--阿部--
まずハードモードが出現します。あとは武器、盾の改造が解放されます。
武器などは、どれもほぼ最高クラスまで改造できるので、最終的には見た目で選べるようになる。
その段階になると魔法なども最大レベルまで上がるようになります。



--鳥山--
モードによって敵がドロップするアイテムも変わりますので、
結果として改造の上限が取り除かれる状態になります。
ライトニングが強くなり限界突破を組み合わせると、さらに爽快になりますよ。
雑魚モンスター瞬殺とか。


あと今回売ってる武器の価格は高めなので、自分の所持している武器と
どっちが強くなるんだろうというのを考えていくと、より奥が深くなると思います。



秘密のダンジョンがあって、開放にはラストワンの要素が関係すると以前伺ったけど

--阿部--
ラストワンが集まっているダンジョンが、世界のどこかに存在しています。
出現条件は秘密ですが、最初から行こうと思えば行けます。 ただ、とても攻略は難しいですが。



--鳥山--
ラストワンを絶滅させると、そのダンジョンにも出現しなくなります。
絶滅させたモンスターが多いほど、ダンジョンの攻略はラクになるんです。



武器やウェアなど、全部集めるとトロフィーがもらえる?

--阿部--
トロフィーはあります。
ただ今回は限界がわからないように作るのがコンセプトにあったので、
ウェアがあといくつ、武器があと何個みたいなコンプリートは明確にしないようにしています。



DLCもあるようですが予定は何なのか?

--北瀬--
FF13-2のように、ストーリーの補完をDLCでやろうとは思っていません。
物語は完全にパッケージで完結します。
ただ、バトルの幅を広げられるウェアなどは用意する予定です。
しかし本編で十分なほど数を入れているので、あまり多くはありません。


ライトニングリターンズ 攻略

メインクエスト

光都ルクセリオ ユスナーン ウィルダネス デッド・デューン 13日、14日

サイドクエスト

マップ

攻略データ

システム・ゲーム内容