ストーリー

サムライになり秘密裏に悪魔退治をするストーリー


 真・女神転生4の時代はグレゴリ歴1492年、東のミカド国で暮らす18歳の少年の物語。

彼はある時に夢の中で「もはや汝の成す選択は汝の為のみに非ず。

世界を作るため、汝は歩まねばならぬのだ」と啓示を受ける。


 夢から目覚めた主人公は、幼馴染と共にサムライを選出する『ガントレットの儀式』に向かう。

ガントレットとは腕にはめる剣道の小手のような防具です。

儀式の内容はガントレットを腕に装備して起動できるかどうかを試すもので

起動できれば『サムライ衆』に加わることになる。


 主人公はガントレットの儀式に選ばれて、サムライ衆として宮仕えの身になり

ミカド城で暮らすことになる。

サムライ衆を含み限られた者だけが知っている悪魔の存在。

サムライ衆は秘密裏で悪魔退治を行い、東のミカド国を守る任務をこなす。



舞台

真・女神転生4の舞台は2つの異なる世界が描かれる

 真・女神転生4の舞台は2つある。

1つ目の舞台は、光と緑にあふれた平穏な王国で『東のミカド国』という

アハズヤミカド王が統制しており、ヨーロッパの中世時代が漂う舞台になっている。

主人公達はそこで暮らしている。


 王の居城であるミカド城を中心に建てられた城塞都市があり、

城下は高い城壁に区切られた町が広がっている。



 2つ目の舞台は、闇に覆われた大都市『東京』。

現代〜未来に近い街並みだが、悪魔がはびこる暗闇に支配され荒廃した街と化している。


 八部連合阿修羅会により悪魔と人との共存が図られ、人々の命は保証されているが

人々は地下で不自由な暮らしを強いられ、住民らは彼らに支配されている。

各都市の地下街では最低限の生活が保障されているが食料不足で、

生きるために悪魔の肉を食べる者も少なくないという。



2つの舞台に共通するのは『支配』的なもの

 東のミカド国では明確な身分格差が存在しており、以下の階級で統制されている。


  • 富を持ち、政治や知的労働を主とする上位階級『ラグジュアリーズ
  • 農作業や商売に従事し、家業を継ぐことが義務付けられる下位階級『カジュアリティーズ

 ラグジュアリーズは、自ら支配階級としてカジュアリティーズを大いに軽視しているが

カジュアリティーズの民は、身分の違いによる暮らの差があるものの不満なく暮らしている。

特例でカジュアリティーズがサムライに選ばれると、ラグジュアリーズになることができるため

サムライに憧れるカジュアリティーズも少なくない。


 一方、東京では巨大な組織である八部連合阿修羅会が強い権力を持っている。

住民らは彼らに支配されている。

真・女神転生4の舞台は、支配する者・支配される者とで共通している。



攻略チャート

悪魔全書

攻略データ

システム・ゲーム内容