登場人物

セバスチャン・カステヤノス(Sebastian Castellanos)
セバスチャン・カステヤノス(Sebastian Castellanos)

 本作の主人公、35歳、刑事。
連続失踪事件の捜査を担当していたが、上層部から不自然な中止命令を受けていた。
勘や経験を優先しがちではあるものの、優秀かつ経験豊富な刑事。


 実績を上げてはいるが、事件解決のためには規則違反もいとわないため、賞罰ともに多い。
ある精神病院で起きた事件の捜査に向かったところ、偶発的に悪夢のような世界に入り込む。


ジョセフ・オダ(Joseph Oda)
ジョセフ・オダ(Joseph Oda)

 セバスチャンのパートナーとして長年コンビを組むメガネをかけた刑事。33歳。
合理主義者で口数は少なく常に冷静。
性格は温厚で人当りがよく、たびたび暴走するセバスチャンを抑える役目も務める。
セバスチャンとは性格や趣味が正反対ではるが相性が良い。


キッド(ジュリ・キッドマン、Julie Kidman)
キッド(ジュリ・キッドマン、Julie Kidman)

 キッドは転属してきたばかりの女性刑事。27歳。
部下としてセバスチャンとジョセフのチームに入った。
セバスチャンたちと共に事件の起こった精神病院に向かい、異変に巻き込まれてしまう。


タチアナ・グティエレス(TATIANA GUTIERREZ)
タチアナ・グティエレス(TATIANA GUTIERREZ)

 タチアナはビーコン精神病院で勤めている看護師。38歳。
感情を表に出さない性格で、彼女は何かを知っているがセバスチャンには話さない。
閉鎖された病棟におり、鏡ワープでタチアナがいる所へ行ける。



クリーチャー(敵)

ホーンテッド(Haunted)
ホーンテッド(Haunted)

 一般的な人型のゾンビタイプの敵。
見た目がゾンビで、うめき声をあげながら生存者を見つけると群がって来る。
動きは遅いものと速いものがおり、服装や外見は様々。


 刃物や銃を装備したホーンテッドや、扉を開けて探しに来る程度の知恵を持っている。
中にはタフなホーンテッドもおり、ダウンさせても倒れた状態から攻撃してくることがある。
また死んだふりをしている時もある。


キーパー(Keeper)
キーパー(Keeper)

 有刺鉄線を絡めた金庫のようなものを頭にかぶって、エプロンを身に着けている。
左手に凶器の付いた巨大なハンマーを装備し、背中にはリュックサックのようなものを背負っている。
キーパーの名前には意味があり、ルヴィクとは密接な関係がある。ストーリーを進めると意味が分かる。


ラウラ(Laura)
ラウラ(Laura)

 身体は腕が4本あり、異様に長い腕と足、指には鋭い爪を持った敵。
髪型はロングヘアーで体全身は血まみれのように濡れている。一見すると女性の様にも見える。
クモのような動きで這うように移動しながら襲って来る。


サディスト(Sadist)
サディスト(Sadist)

 手にはチェーンソーを持ち、襲いかかってくる敵。
頭にはヘッドギアを身に着け、タンクトップを着た体は返り血を浴びた狂人。
鬼のような形相で執拗に追いかけてくる。迫りくるチェーンソーの音が恐怖を増長する。


 セバスチャンがルヴィクに気絶させられて、気づくと宙吊りにされてサディストと出くわすことになる。
ナタ包丁で死体をバラバラに切ってさばいている。


シーギョ(Shigyo)
シーギョ(Shigyo)

 水場に生息し、セバスチャンに襲いかかる敵。
青白い肌で手には水かきをもち、水中を自由に泳ぎまわることができる。


ルヴィク(Ruvik)
ルヴィク(Ruvik)

 白色の汚れたフード付きのレインコートぽいのを着た、幽霊のような男。
突然音もなくスーッと合われる謎の存在で、銃で射撃してもテレポートするかの如く回避する。
画面の色が変わるとセバスチャンの前に現れては攻撃してくる。



ストーリー攻略

攻略データ

システム・ゲーム内容