リンドブルム、ニーズヘッグ、ユグドレイク

  • 1.リンドブルム: 角、翼(左右)
  • 2.ニーズヘッグ: 角(左右)、翼(左右)、尻尾
  • 3.ユグドレイク: 角(左右)、翼(左右)、尻尾

 ニーズヘッグ、ユグドレイクともに弱点は首下の光っている部分。
リンドブルムは顔〜胸あたりがダメージが通りやすい。
角を部位破壊することにより全体的に防御力が低下するので、まずは角を先に破壊しておきたい。
それで弱点部分の防御力がさらに低下するし、部位破壊もしやすくなる。


 頭を頻繁に動かすことが多いので、角破壊は慣れないと結構難しくイライラする。
破壊しやすいのは飛び道具による攻撃か、メイジのヘヴンズドライブなどの範囲攻撃ができる技など。
雄叫びやブレス後に顔の位置が初期位置へ戻るので、その隙を狙うのがコツです。


 空中戦になりやすいので、スキルは疾風やステップ関連、AP消費を抑えるスキル
などがあれば戦いやすいかと思う。
まずは、攻撃が当たらない範囲はどこの辺りまでなのかを把握するのが攻略のコツで
ハンターなどで遠くから攻撃しながら攻撃の様子を観察するといい。


1 2 3 攻撃 攻撃内容&対処方法
雄叫び 叫びながら上空の広範囲に攻撃し使用頻度が高い。ダメージはそれほどでもないが多段ヒットする。
その場から離れるか、地上へいればダメージを受けない。
雄叫び後は顔の戻る位置へタイミングを合わせて角破壊、翼破壊に備えるのがコツ。
もしくは飛び道具が打てる職業なら、遠くから胸の弱点を狙うといい。

ニーズヘッグの場合は、前足を浮かせて立った状態から雄叫びをすることもあり
呪印のモーションと似ているので紛らわしい。
雄叫びを受けると確率で麻痺状態になる。
首振り
噛みつき
爪ひっかき
下から上へ振り払うように首を振って攻撃する。
ニーズヘッグの場合は、左右からの噛みつき、連続3回で噛みつく攻撃をしてくる。
爪ひっかきは左右の前足のどちらかでひっかいてくる。(単発攻撃)

角破壊や胸攻撃をしようとすると使ってきやすい攻撃。
連続3回噛みつきは上空へも攻撃するので、回避は後ろへ連続ステップで逃げるのがベスト。
× 翼振り払い 左右のどちらかの翼で振り払うように攻撃する。
風力で遠くへ押し出される効果もあるので、よほど翼に密着しているような感じでないと
ダメージは受けることはない。
× 尻尾叩きつけ 体を横に反らした状態から尻尾を地面に叩きつけて攻撃する。
その後、地面からマグマが沸くので攻撃範囲は広めで上空にも攻撃判定がある。
顔の方へ逃げると回避できます。攻撃を受けてしまった場合は受身はとらないが方がいい。
尻尾を破壊すればこの攻撃を使用しなくなる。
× 電撃 尻尾は振るように体を横に反らせ、周囲に電撃を発生させて攻撃する。
電撃を受けると確率で麻痺する場合があり、攻撃判定は下にあるのでジャンプして回避できる。
攻撃発生が早いので回避が少し難しいが、尻尾を破壊すればこの攻撃を使用しなくなる。
ボディプレス ジャンプして着地時にダメージがある。
着地する際は地面にユグドレイクの影が映るので、そのエリアから離れて回避する。
ボディプレスをすると見せかけて、遠くの方へ移動するだけの時もあります。
地面踏み その場で、右前足 → 左前足 → 右後ろ足 → 左後ろ足の順番で地面を踏みつけて攻撃する。
踏みつけ後は地面から岩が突き出るので足周辺に攻撃範囲が広がる。
翼のほうにも攻撃判定が発生しており、各足の周辺から離れていればダメージを受けずに済む。
ブレス 首を左右に振って吐くブレス。吐くときは「キューイン!」と効果音が鳴る。
もしくは上から下→上空連続で吐き散らすブレスもある。
リンドブルムのブレスを受けると疲労状態になる場合がある。

ブレス中はうっかり体に触れるとダメージを受けるので注意。(弱点部分も)
ニーズヘッグの場合はブレスというか火球を連発で吐く技もある。

左右に吐くブレス及び火球は、扇状に攻撃判定があるので離れていると受けやすい。
頭上より高く飛び上がって回避できる。
ジャンプした後に吐くブレスもあるので、そちらの場合は懐に入り込む感じで回避できる。
ブレス後の着地時にも攻撃判定があるので、体から離れておきたい。
× 古竜の破印 2足で立った状態から胸の辺りに黄色いボールを出現させて、
ボールを破裂させて周辺に攻撃する技。遠くへ離れてジャンプしておけば回避できる。
両翼を部位破壊しておけばこの技を使用してこなくなる。
× × 古竜の呪印 魔方陣でボールのようなものを召喚してぶつけて攻撃してくる。
プレイヤーの数に応じてボールの数も増える。オフラインでは傭兵の数が含まれる。
回避方法は遠くへ離れてから上空へ高くジャンプしておくと回避できる。
攻撃範囲は広めなので地上へいるとうっかり攻撃を受けやすい。
× × 突進 足音を立てながら前に前進してくる突進攻撃。
体全体に攻撃判定があり、横に移動して回避できるが攻撃発生が早いので回避が難しい。
攻撃を受けて受け身を取ると多段ヒットするので、受身はしないほうがいい。
死にそうになると突進しながらブレスを吐いて攻撃してくる。
× × ギガフレア 顔を下に向けて口に黒いエフェクトが発生し、溜めモーションから上空へ跳び
フレアを吐きながら扇状に攻撃する。両翼を破壊すればこの技を使用してこなくなる。
回避方法はニーズヘッグの後ろ側へ回ること。
ソードウォーリアとクレリックならガードしてれば大してダメージを受けない。

フレア中の体とフレア後の着地時にも攻撃判定があるので注意。
ブレスは多段ヒットするので空中受け身は取らないがいい。

ニーズヘッグとの距離が遠い場合は回避が間に合わないことが多い。
逃げ切れる分のAPと距離的に難しいと感じたら、ポーションを飲んでHPを満タンにしておくのがいい。
HP5000ぐらいあれば一撃死することはないが、ブッ飛ばされて壁激突のダメージを含めると
微妙なラインなので、顔付近でダメージを受ければ壁激突はまぬがれることが多い。
× × テラフレア 口に黒いエフェクトが発生するとともに、「キューーーン」とチャージするような効果音が鳴る。
その後、ユグドレイクが上空まで飛び、広範囲に広がる球状のフレアを発生させる。
一撃死するほどの威力で、攻撃範囲は球状だけではなく地面にもある。
両翼を破壊すればこの技を使用してこなくなる。

回避するには3〜4回ジャンプして、空中ステップでとにかく遠くへ離れること。
スキル『疾風』系のスキルや、アサシン専用スキル『クイックステップ』があれば逃げやすい。
DLCで入手できる『グラビティコントロール』のスキルがオススメです。

攻撃速度は結構速いので反応が遅れて逃げ遅れたり、
攻撃される場所(隅っこ)によっては逃げ切れないこともある。
空中ステップ連続使用のAPが残っているかどうかも重要なので、回避するのが困難な場合もある。
なので、ポーション『オーディンの魂水』を飲んで無敵状態になってやり過ごすのが手っ取り早い。


ロードオブデス、ロードオブダークネス

  • 1.ロードオブデス
  • 2.ロードオブダークネス
  • 部位破壊: 頭、服、盾

 ロードオブデス、ロードオブダークネスの弱点は頭(ガイコツの方)。
どちらも攻撃内容や動きに変化が無く、ロードオブダークネスの方が攻撃がやや激しめな程度。
頭を破壊するとビームで攻撃してくるが、ロードオブダークネスの方はなかなか頭を回収しないで戦い続けるので
ロードオブダークネスの方が少し倒しづらい。なので、頭はあえて破壊しないで胴体狙いで倒す方法もいい。


 破壊した頭は一定時間経過すると、頭を回収して元に戻そうとする。
頭を首にはめ込んでいる際に隙ができるので、その時に集中攻撃をして再度頭を破壊してしまうといい。
頭を破壊すると、スピア投げ+ビーム+突進と攻撃が激しくなるので回避寄りで戦うこと。
スピア投げは同じポジションで攻撃してると、その位置に落下するので位置を考えながら攻撃したい。



 攻撃してスタン値が一定に達すると横倒しになってダウンする。
ダメージがほとんど通らない馬の頭をひたすら攻撃しまくってもスタン値が溜まりダウンはする。
ダウンしている間は、部位破壊がしづらい盾を攻撃するといい。


 比較的攻撃が当たりづらいポジションは背中の左側。
ビームと瘴気ぐらいなら攻撃を受けるが、他は攻撃が当たらないので安全度が高い。
上半身を攻撃してると、頻繁にバックステップで後ろへ下がるので
空中ステップやAP消費が有利になるカードを装着して、移動時のAP消費を少しでも抑えておきたい。


1 2 攻撃 攻撃内容&対処方法
踏み付け 前足付近にいると前両足を上げて踏み付けて攻撃してくる。
小さい衝撃波が出るので範囲は少し広め。馬の顔の部分にあたってもダメージを受ける。
前足から離れていれば特に問題無いが、上空へジャンプしても回避できる。
スピア刺し 左前足で地面を2・3回地面をかく仕草をしてから、スピアで地面に刺してくる。
スピアを射すフロントのエリアから外れていれば当たらなく、ジャンプしても回避しやすい。
前足に密着する位置にいても当たらないのでAPが回復時にはやり過ごせる。
スピア連続刺し 体を横に向けて、右側の地面をスピアで連続で刺してくる攻撃。
体を横に向けるモーションが見えたら、反対側の方へ移動すれば回避できる。
ロードオブダークネスの場合は前方に連続で刺してくる。
スピア振り払い スピアを一度胸のところで縦に構えてから左から右へ振り払うように攻撃する。
馬の目より上の方に攻撃判定があるので、地面まで落下してしまえば攻撃を受けずに済む。
頭や胸を攻撃してると胸のところでスピアを構えないで振り払うこともあるが、回避方法は一緒。
右の背中側のほうにまでスピアで振り払うので、上空だと左の背中側が安全。
スピア振り回し 頭を攻撃してるとスピアで反時計回りに、1周振り回して振り払おうとする。
頭より上空に攻撃範囲があるので、それより下に居れば攻撃を受けない。
スピア投げ 「ウォー!」と叫んでからスピアを上空に投げて、複数のスピアが上空から降って攻撃する技。
飛ばしたスピアはしばらく地面に突き刺さっているが一定時間経過で消える。
そのスピアに触れるとダメージを受けます。
盾押し出し 盾を横に押して攻撃する(シールドバッシュ)。盾破壊をしてると使ってきやすい。
盾投げ 盾を飛び道具として投げる攻撃。クルクル回りながら盾が飛んでくる。
攻撃対象者が下にいる場合は軌道は上から下の方に進み、
地面に着く位置に到着すると攻撃が収まる。
上の方にいる場合は、盾が下まで落ちてから上の方へ上がってくることもある。

左側だけに攻撃をするので、右側へ移動しておけば攻撃を受けることはない。
一定時間経過すると左腕を上げて、盾を装着しなおす動作をするので若干隙ができる。
盾投げを受けると確率で凍結状態になる場合がある。
突進 前足を上げて「ウォー!」と叫び、体の色が黄色くなりバチバチと電気を帯びると前に突進してくる技。
威力が高いが前置きモーションで見切りやすい。横ステップで突進の軌道外へ移動すれば回避可。
攻撃を受けてしまった場合は受け身は取らない方がいい。
ビーム 頭を部位破壊すると、首の先端の光っているところからビームで射撃してくる。
ビームを受けると確率で疲労状態になるので、ポーション『ローヤルゼリー』で回復しておきたい。
瘴気 力を溜めた後、「ウォー!」と叫び上半身に黒い磁気を帯びる攻撃をたまに使用する。(多段ヒット)
技の発生が早く、密着するように頭を攻撃していると技を使われているのに気付かない場合もあり
攻撃を受けまくって瞬殺されることがある。背中側にも攻撃判定がある。
黒い瘴気に気付いたら急いで瘴気の外へ連続ステップで脱出しておきたい。

全段ヒットで大体2000〜3000ダメージぐらい。マルチプレイだとさらに攻撃力が上がるので
HP4000ぐらいだと微妙なライン。この技で一気に3死してゲームオーバーになることがある。


ラグナロクオデッセイ エース攻略

Chapter攻略

BOSS

攻略データ

システム・ゲーム内容