オンライン解読について

多人数制のファイル取り合いゲーム

オンライン契約の1つである『オンライン解読』は最大8人まで遊べるゲーム。
 チーム戦では最高4vs4になる。集まったプレイヤーが少ない場合は個人戦になります。
 最低3人から開始できる。一般市民を殺しても評判は下がらない。


・重要なファイルが街に1つだけ置かれており、それを収集して100%までファイルを解読すれば勝利。
 解読率は敵・味方も共通。途中でファイルを奪っても解読率は継続されます。
 基本的にはファイルを対戦相手から奪って、個人やチームでファイルを保持する内容です。


・パブリックセッション参加は、マッチングに時間がかかる場合がある。
 エラー画面が表示される場合もあり、一度アプリケーションを終了した方が早い場合がある。



戦う場所

・戦う場所は全部で11カ所ある。
 ミッションを開始する前、ミッション攻略後のインターバルの際に選べます。
 選べるのは2カ所+ランダムの3つで、プレイヤーの投票制により決定される。
 方向キーの←ボタンを長押しすれば投票状況を閲覧できます。


No 地域 場所 攻略ポイント
1 ポウニー
Pawnee
ゴールドマイン
Goldmine
横に細長いエリア。
南の水辺にはボートがあり、戦場ギリギリのエリアに逃げ込む手もある。
車両で逃げ切れる。道路以外にも横断して進める箇所があるのがポイント。
2 ポウニー
Pawnee
トレーラーパーク
Trailer Park
トレーラーの家がたくさん並んでいる小さいエリア。
細い路地が多く場所が狭いので車両を使った移動は不向き。
山の高い所やトレーラーの屋根の上を拠点に戦うと戦いやすい。
3 パーカー・スクエア
Parker Square
ドッグファイト
Dogfight
まあまあ車両で逃げ切りやすいエリア。
4 パーカー・スクエア
Parker Square
激高
Frenzy
車両で逃げ切りやすいエリア。
細い路地も考慮しながら移動すれば、次に向かう位置を把握させづらくできる。
5 ウォード地区
The Wards
見つけた者勝ち
Finders Keepers
車両で逃げ切りやすいエリア。
6 ブランドン・ドックス
Brandon Docks
データレース
Data Race
細い路地、湾曲した道、フェンスなど細々した所が多く車両逃げは微妙。
車両で逃げるなら、北の岩場周辺も考慮して走ると振り切りやすい。
7 ブランドン・ドックス
Brandon Docks
技術と戦術
Tech Tactics
初めにファイルが置かれている所のレンガ工場を拠点にすると戦いやすい。
もしくはその近くにある中へ入れる建物内。
8 ループ
The Loop
リスクと報酬
Risk and Reward
縦に細長いエリア。
進める道路の数が少ないが、スピードの出る車両ならまあまあ逃げやすい。
追われてワイヤレスで盗まれそうになたらジャミングを使う。
9 ループ
The Loop
スクランブルド
Scrambled
初めにファイルが置かれている所のスタジアム裏を拠点に戦うといい。
階段から登って来れる位置をそれぞれチームで見張れば強固。
もしくはスタジアムの段差のある所を利用するのも戦いやすい。
10 マッドマイル
Mad Mile
1と0
Ones and Zeroes
エリアはそれほど広くはない。
コーナーが多いので、ハッキングを駆使しながら車両で逃げ切ることもできる。
初めにファイルが置かれている地形を利用して戦うのも効果的。
もしくは立体駐車場の屋上へ逃げてしまうという手もある。
11 マッドマイル
Mad Mile
エクスプロイテッド
Exloited
車両で逃げ切りやすいエリア。
細い路地も考慮しながら移動すれば、次に向かう位置を把握させづらくできる。


武器

・武器はミッション開始前に自分で装備品を選べます。
 武器やクラフトツールがセットで用意され、各装備にはジャミング、停電が1づつ入っている。
 消耗した弾丸やクラフトツールは、一度死んだりミッションが終わると満タンで回復します。
 クラフトツールは自分で作成することはできない。


・初めはバランス、プレシジョン、スナイパーしか選べない。
 アンロック条件を満たすと残り3種類追加されます。
 ミッション途中参加の場合は、バランスの装備品からのスタートになる。


■アンロック内容
  • 3回勝利すると、装備品パック『シカゴ・ウェイ』が解除される。
  • 5回勝利すると、装備品パック『ファイアーパワー』が解除される。
  • 10回勝利すると、装備品パック『へビーデューティー』が解除される。

装備品 武器の内容(弾数)
バランス
Balanced
アサルトライフル:ACR(150/360)、ショットガン:M1014(40/120)、フラググレネード(2/3)
プレシジョン
Precision
サブマシンガン:Vector .45ACP(150/360)、ピストル:M-9mm(120/360)、粘着爆弾(2/3)
スナイパー
Sniper
スナイパーライフル:M-107(20/60)、ピストル:D50(120/360)、センサー爆弾(2-3)
シカゴ・ウェイ
Chicago Way
サブマシンガン:Gangster(150/360)、ピストル:Chrome(120/360)、フラググレネード(2/3)
ファイアーパワー
Firepower
グレネードランチャー:G-106(3/8)、ピストル:R-33(120/360)、粘着爆弾(2/3)
へビービューティー
Heavy Duty
アサルトライフル:U100(150/360)、ショットガン:D12(40/120)、センサー爆弾(2-3)


ファイルの状態

・画面左上にはファイルの状態、ミッションの残り時間、ファイルの解読率が常時表示されている。
 水色だと自分か味方チームが所持、赤色だと対戦相手が所持していることを示します。


ファイルの状態 アイコンの内容
ニュートラルの状態。解読率はその状態でストップします。
味方も敵もファイルを入手していない状態の際に表示される。
ジャミングによる妨害を受けて、一時的に解読率がストップしている状態。
普通にファイルを持っている状態。
水色なら味方、赤色なら対戦相手が所持している。
ファイルを持っている人が味方、もしくは敵から傍受されている状態。
ファイルを取得して10秒間表示される盾のアイコン。
傍受による被害を無効にしてくれます。


ファイルの取得と傍受について

・ファイルの取得方法は、ファイルを持っている人を殺すと地面に落ちるので拾って入手できる。
 ミッション開始時には決まった場所にファイルが置いてあります。


・直接敵を倒して入手しなくとも傍受してファイルを奪うこともできる。
 ファイルが置かれている場所や所持している敵に近づくと、ワイヤレスの線が自分とファイル間に表示される。
 100%までゲージが溜まれば、直接ファイルに触れずとも収集することができます。
 距離は車両内だと50m、ファイルが地面に置かれている状態なら25mの距離で傍受できる。



・傍受はファイルを奪う際に発動するだけでなく、
 味方チームがファイルを所持している際に、味方同士が寄せ集まると水色の傍受が発動します。
 これはファイル解読率の速度を高めてくれる効果(25%UP)があります。


・敵から傍受された場合は、ジャミングを使用すると切ることができる。
 状況的に敵から距離を離せないようならジャミングでカットしてしまうといい。



オンライン解読の攻略



勝ち方の考察
1.車両で逃げまわれ!

・どうするかは戦う場所に寄りけりだが
 街のエリアなどではファイルを収集後、車両でひたすら逃げまわった方が攻略しやすい。
 射撃で倒すのが苦手な方なら脚で活かすことです。
 ラグがひどく発生しまくる人と遊ぶと、それだけで全く追いつける気がしない…


・スピードが速く、細い路地をスムーズに移動できるバイクだと逃げ切りやすい。
 敵車を追って傍受でファイルを取得するのにも向いており、バイクはそこそこ配置されている。
 しかし軽く車をぶつけられたり、スチームパイプを爆破させたれたりすると転倒するのが難点。
 コーナーを曲がり切れずに軽くぶつかっても転倒するので、運転操作ミスが少ない方向けでもある。



・大型車などはスピードが遅いが、タックルで車両テイクダウンを狙えるのが強み。
 ファイル所持者が逃げ切る場合はすぐに追いつかれるので、乗るのは辞めておいた方がいい。


・車の場合は、助手席に味方を乗せることができる。
 助手席に乗ったプレイヤーは射撃で攻撃することができます。
 他プレイヤーを乗せて移動したい場合は、
 近づいて車を停止させて、クラックション(L3)を何度か鳴らすと気づいてもらえやすい。



2.拠点を作って戦え!

・ポウニーのトレーラーパークのような場所だと車両は不向きなので、
 チーム戦ならどこかに一ヶ所集まるような感じで守りに入った方が強固です。
 基本的にファイルを所持している人が移動して、自然と拠点が出来上がることが多い。


・拠点に向いている所は、高い所や身を隠せる場所がいい。
 高い所では敵の傍受を真下から受けて奪われることがあるので注意が必要になる。
 ファイルの解読率も上がるし、ファイル所持者が殺されても味方が引き継ぐ形で収集できる。
 敵が通ってきそうな道には爆破物をセットしておいたりと、やり方次第で頑丈な拠点になる。



3.有効的にジャミングと停電を使え!

・クラフトツールはあまり使う人は少ない。
 ジャミングは傍受のカットや解読停止(通常で20秒、ジャミング・ブーストスキル有りで30秒)に使える。
 発動する範囲は半径50m。ラグによる遅れも考慮すると40m付近で使用するのが好ましい。
 味方が車両で追われて傍受で奪われそうな場合なども、ジャミングでアシストしてあげると良い。


・停電はハッキングできる物を一時的にストップできる効果があるが、
 他には闇夜に紛れて姿を消す効果もある。傍受に対する効果は無い。
 チェイスで逃げ切る際は使っておくといい。



4.射撃に付き合うな!

・外国プレイヤーはFPSのゲーム慣れしてるのか、正面からの射撃対決になると比較的うまい人が多い。
 正面から殺りあうのが不利だと感じたら、横から後ろから狙いに行った方がいい。
 物陰に隠れることなく撃つ人は、ある程度射撃に自信のある人だ。


・素早く動いてテイクダウン狙いも有効。
 ただ、ラグが発生してるセッションだとなかなか決まらないので微妙。
 一瞬こちらのテイクダウンが決まったように見えても逆に返されてる時があります。


・個人戦だと漁夫の利を活かせばファイルを盗みやすい。
 個人戦は乱戦になりやすいので、最終的に誰が勝つかは予想が付きにくい。



5.チームと行動してポイントを稼げ!

・最後の対戦結果の画面で、悪名ポイントのプラス/マイナスの計算は
 おそらくチームに貢献して得られるポイントと勝利条件が大きく左右しているように感じます。
 たとえチームが勝利したとしても、途中参加やチームに寄生しているだけで
 何の活躍がない場合は悪名ポイントは大してプラスにならない。場合によってはマイナスの時もある。


・敵を多く始末してれば、たくさん悪名ポイントが貰えるのか?と言うとそうでもない。
 アシスト・キルやジャミングカットなど、いろんなポイントを獲得して
 ファイル所持を長く維持すると、こちらが負けた時でも悪名ポイントがプラスになることがある。
 味方と敵を合わせた総合順位で判定しているのかもしれない。



ウォッチドッグス 攻略

ミッション攻略

サイドクエスト

■オンライン契約 ■ミニゲーム ■サイドミッション ■調査 ■コレクティブル ■デジタル・トリップ

攻略データ

BAD BLOOD

システム・ゲーム内容