オンライン尾行について

1対1の尾行の隠れん坊ゲーム

・オンライン契約の1つである『オンライン尾行』は1対1の隠れん坊ゲーム。
 攻め側(侵入者)、受け側(被害者)による対決になります。
 侵入者は被害者に見つからないように監視しながら尾行し、被害者は侵入者を見つけて殺害する。
 獲得経験値は一部成功も含めて120〜480XP。


オンラインハッキングと部分的に似ており、一体どこが違うのか?というと
 初めに画面左上に侵入された警告文が出るのは一緒。
 その後オンラインハッキングの場合は、被害者がハッキングを受けるとバックドアを仕掛けられるが、
 オンライン尾行の場合は、ただ侵入者が近くにいるだけにしか見えない。


・見た感じオンラインハッキングもオンライン尾行も同じなので
 どちらで侵入されているのか判断しづらいところがある。
 ただ、オンラインハッキングによる被害の方が多い。
 周辺にいるのにバックドアを仕込まれない時間帯が長いと思ったら、尾行の可能性が高い。



■アンロック内容


オンライン尾行の始め方

・オンライン尾行の始め方は2通りある。
 スマートフォンを開き、アプリ「オンライン契約」を選択してオンライン尾行を開始した場合は
 プレイヤーは『侵入者』側になる。


・『被害者』側は勝手に介入されるもので、ミッション開始前や何もしないで街をブラブラしてると侵入される仕様。
 侵入されたくない場合は、タイトル画面のオプションからオンライン侵入(OFF)設定にできます。


・ミッションプレイ中、隠れ家内、ワールドマップを開いて放置してると侵入されたケースは無かったので、
 その場合は侵入されない仕様になっているのだと思われる。
 オプションボタンによるポーズメニュー中やミニゲームプレイ中は侵入されます。



オンライン尾行の攻略



侵入者の勝ち方

・侵入者は被害者を見つけたら、5分以内にプロファイラーを開いて
 被害者にカーソルを合わせればスキャンが完了する。39m以内でスキャンされる。
 視界内に入っていればどんなに距離が離れていても監視率が進む仕様。
 軽い遮断物程度なら貫通して監視率が進みます。


・見つかってしまった場合は、逃走が成功すれば獲得できる悪名ポイントはプラスで済む。
 しばらくミニマップに白いサークルが表示されるが40秒後に消える。
 あとは被害者の視線から入らない状態で、10秒間経過すれば逃げ切り成功となる。
 被害者を殺してしまった場合は悪名ポイントがマイナスになります。


・全体的に侵入者側の方が有利。オンラインハッキングの侵入側よりもさらに有利ではあるが、
 勝利しても大して悪徳ポイントを稼げる分けでもないのが微妙。
 稼いだ悪名ポイントがどんどん溜まると、完全勝利しても2桁程度しか貰えなくなる。
 とはいっても、侵入者側は勝率がいいので数を重ねてコツコツ溜めるのも悪くない。



■攻略ポイント

・ミッション開始時に回線が重すぎる、被害者が車両で遠くへ乗り回してるので面倒な場合、
 不利な地形の場合は、初めから対戦せずに『ミッション終了:Quit Mission』で中断するといい。


・被害者を見失うと制限時間30秒間が発生する。
 それまでに被害者を再度監視できればカウントはリセットされる。見失うと負ける。
 距離がずいぶん離れた状態で角を曲がられると追いつくのが厳しいので、
 ほどほどの距離を保ちながら監視するのがいい。


・尾行する上で大変なのは、初めにスキャンする際に被害者が人通りのない物陰に隠れている状況。
 近くにいないと思ったのか、途中から車両に乗って逃走しようとするケースだ。
 車両逃げの場合は、被害者が車両に乗ったらグレネードランチャーや爆破物で
 当たらないように威嚇攻撃を行い、すぐ近くにいることをアピールするのがいい。



被害者の勝ち方

・被害者は基本的にオンラインハッキングとやることは一緒なので、そちらでご参照あれ。
 現状の仕様では侵入者を見つけれずに負けたとしても
 悪名ポイントがマイナスにならない仕様なので、とくに痛手を追うこともない。


・オンラインハッキングのように、時間経過でミニマップに表示されているサークルが縮小することはない。
・死角に隠れていそうな場合は動かずに監視カメラで捜すのも有り。
・タグ付けされているので、侵入者からは位置が見えている状態です。



トロフィー『追跡』の獲得方法

トロフィー『追跡』の獲得は、運が絡みなところがある。
 私は2回獲得できたのでやり方を解説しておきます。
 完全勝利しても獲得できる悪名ポイントがそれほど多くもないし、
 オンラインが過疎ると獲得するのが難しくなると思われる。


・オンライン尾行の侵入を受ければ、勝ち負けに限らずに追跡数はカウントされる仕様。
 侵入を受けた警告文が画面左上に表示される前に、
 先手で対戦相手を見つけて殺してしまっても追跡数のカウントに含まれます。
 対戦相手が途中で尾行するのが面倒くさくなって、中断した場合はカウントに含まれるのかは不明。



1.放置して獲得する

・1つはひたすら放置して獲得する方法。
 私は攻略サイトを作成してたらいつの間にか獲得してて、
 初めから一度も獲得する気が無いまま獲得できました(笑)
 「あ、いつの間にか侵入受けてた…。まあ、いいや。」な感じで獲得。


・オンライン尾行をすると放置している方々がたまに見受けられます。
 侵入の場合はオンラインハッキングかオンライン尾行のどちらかランダムで決定されるので、
 オンライン尾行が開始するまで、フィールドで何もしないで放置している状態です。
 現状の仕様ではどちらの侵入を受けても悪名ポイントが減らないし、お手軽かもしれない。



2.報復システムを利用して獲得する

・オンラインハッキングとオンライン尾行は、侵入者側で勝利すると報復システムにより
 被害者から反撃を受ける仕様になっている。見つかって逃走に成功した場合でも報復は発動します。
 体感だと3〜5回に1回の割合で発生することが多いが、人の多い時間帯だと1〜2回程度で発生する。
 それでオンライン尾行が来るまで続ける。大体5〜7時間ぐらいでトロフィーを獲得できました。


・やり方の流れは、オンライン尾行の侵入者で勝利 → 1〜2分待つ → オンライン尾行を開始する。
 最後のオンライン尾行を開始した際に、こちらが侵入を受けているフラグが立っているのなら
 画面左上に侵入を受けている警告文が表示されます。そして侵入を見つけることになる。
 報復する側は、画面の右側に報復を開始するかどうかお知らせが入る場合がある。


・オンラインハッキングの方が抽選される場合が多いので根気がいるが、
 バックドアを埋め込まれた場合は、手早く済ませないのならミッションを終了させてしまう手もある。



ミッション攻略

サイドクエスト

■オンライン契約 ■ミニゲーム ■サイドミッション ■調査 ■コレクティブル ■デジタル・トリップ

攻略データ

BAD BLOOD

システム・ゲーム内容