スロットマシンの攻略



シティゲームのスロットマシン

・スロットマシン(Slot Machine)はシティゲームの一つ。
 とくにゲーム進行状況に影響してる分けでもなく、トロフィー『パワーサイクル』を獲得するための一部になっている。
 オンライン侵入や近くで犯罪探知が発生してる場合は、一時的にプレイすることができません。


・お金を荒稼ぎできるのか?と言われるとそうでもなく…
 市民から銀行口座をハックしまくったほうが稼げるので、スロットマシンは微妙な位置付けにある。
 最低1回プレイすれば用もないので、ただスロットマシンに触れて楽しむだけのミニゲーム。
 しかも当たる確率はそう高くもなく、長時間プレイしても最高配当である『BAR』は一度も揃ったことがなかった。


・プレイ方法はシンプルでR2ボタンでお金を賭けてスロットを回し、絵柄が揃うまで回すだけ。
 配当表は△ボタンで見れます。再度押せば配当表を閉じれる。
 ○ボタンを押せばスロットマシンのプレイ終了。



スロットマシンの種類

・スロットマシンは3種類あり、パーカー・スクエア、マッド・マイル、ブランドン・ドックスにある。
 主な内容は以下の通り。



■パーカー・スクエアにあるスロットマシン

・パーカー・スクエアにあるスロットマシンは『STRIKE ZONE』という野球のマシン。
 賭け金は5$、中央の1ライン揃え。
 最もシンプルなルールだがスリーセブンが、3種類のマシンの中では出やすい面もある。



■マッド・マイルにあるスロットマシン

・マッド・マイルにあるスロットマシンは『ULTRATESLA』というボタンで制御できるマシン。
 賭け金は10$、中央の1ライン揃え。
 プレイしてると平均5回に1回は、ホールド(Hold)ナッジ(Nudges)が発生する。


・ホールドは前に回したスロットの絵柄に対し、3つのボタンのどれかを押すことにより
 良い絵柄を固定した状態で、1回だけ次のゲームをプレイできるルール。


・ナッジは前に回したスロットの絵柄に対し、レールを回すことができる。
 ナッジでレールを回せる回数は1〜3回ぐらいで、この辺りの仕様がどうなっているのかは不明。



■ブランドン・ドックスにあるスロットマシン

・ブランドン・ドックスにあるスロットマシンは『DEMONRIDER』という横のラインだけでなく、
 複数ラインに賭けることができるマシン。
 通常の1ライン賭けだと10$、2ライン賭けだと20$、5ライン賭けだと50$になる。


・説明の内容には5ライン賭けだと、その分当たる確率が広がる訳だから
 当選確率が上がるようなことが書いてあるが、
 私的には5ライン賭けは当たる確率が激減する仕様だと考えてます。


・一方、1ライン賭けの場合は小さい当たりが連続で発生することもあり、
 何度か時間的に計ってみても1ライン賭けの方が儲かった。
 運とは違う何かテーブルが組まれているのかもしれない。



ミッション攻略

サイドクエスト

■オンライン契約 ■ミニゲーム ■サイドミッション ■調査 ■コレクティブル ■デジタル・トリップ

攻略データ

BAD BLOOD

システム・ゲーム内容