ラストオブアス2の評価・海外の反応

Metascoreの平均スコアは、メディアレビュー数が98投稿で、
平均『96』スコアでした。まだまだメディアによる評価付けが行われるので、
時間が経過するとスコア値も変わってくるかと思うが、おおむね高評価で治まりそう。


ゲームメディアの評価スコア

スコア 評価したゲームメディア
100 Digital Chumps、Games.cz、Washington Post、Screen Rant、GameOver.gr
GRYOnline.pl、Digital Trends、Gamer.nl、Comicbook.com、Vgames、Gamersky
Power Unlimited、Everyeye.it、SpazioGames、Malditos Nerds、Game Rant
Impulsegamer、Telegraph、Guardian、DarkStation、Gameblog.fr、VG247
IGN、Game Informer、Trusted Reviews、VGC、We Got This Covered、JeuxActu
M3、PlayStation LifeStyle、PlayStation Universe、Post Arcade (National Post)
Push Square、TheSixthAxis、GameSpew、GamesRadar+、GamingTrend、God is a Geek、
Hardcore Gamer、Attack of the Fanboy、Carole Quintaine、COGconnected
Critical Hit、Daily Star、Digitally Downloaded、Eurogamer Italy、Areajugones
99 Hobby Consolas
98 Game Over Online、XGN、Atomix
97 GamePro Germany、Vandal、Multiplayer.it
95 LevelUp、Worth Playing、Gaming Nexus、3DJuegos、Merlin'in Kazanı (Turkey)
The Games Machine、Jeuxvideo.com、Millenium、Easy Allies、Wccftech
Press Start Australia、PSX-Sense.nl、GamesBeat、IGN Italia
94 4Players.de
93 Meristation
92 AusGamers
91 Player 2
90 IGN Spain、Shacknews、USgamer、VideoGamer、Video Chums、Metro GameCentral
CGMagazine、Gamer.no
85 Destructoid
80 Digital Spy、New Game Network、Stevivor、GameSpot
70 Game Revolution、GAMINGbible、IGN Japan

■良い評価 good
  • 前作と比較してラストオブアス2のボリュームが多く、ストーリーに広がりがある。
    より自由で探索しがいのあるオープンな環境は、バトルとステルスの戦略性が広まり、
    それと同時に人間とモンスターのAIのパフォーマンスを豊かにしている。
  • 先の読めない展開。クレイジーな世界観や雰囲気がいい。
    期待してた以上に夢中にさせるストーリー。
    優れたストーリーと演技、スムーズな戦闘、美しい環境や細部の作り込み。
  • 脚本と演技。凄いグラフィックと感動するサウンド。
    パフォーマンスと驚異的なビジュアルが素晴らしかった。
    ストーリーは全体的に鬱だけど、でもインパクトがあった。
    挑発的なストーリーテリング。最初から最後まで凄いストーリーだった。
  • アクションとステルスが進化されていた。
    バトルは緊張感があり、限られたリソースで戦闘を切り抜けたときの満足感。
    正面戦闘とステルスの幅。暴力に対する一つの解答。
  • バトルや探求心を刺激する素晴らしいゲームプレイ。
    バトルでは様々な戦略で対処するのが楽しい。
    驚くほど賢いAIシステム。全体的に操作が滑らかに感じる。

■悪い評価 bad
  • ストーリーはやりすぎ、必要以上に長く続いた点。
    もったいぶったようなストーリーテリング。野心的すぎて、途中から焦点がブレている。
    正当化しているように感じる暴力。極端な暴力に対してこだわりすぎ。
  • 一部のシナリオがやたら繰り返される。イライラするときがたくさんある。
    一部のイベントフラグが失敗していて、チェックポイントをリロードする必要があった。
    ゲームプレイはなかなかだけど、前作から大幅な改善が見られなかった。
  • 新キャラクターの扱い方に不満があった。
    新キャラクターは例外はあるけれども、ほとんど目立たない存在だったこと。
    新キャラクターはストーリーテリングの足枷になっており、
    エリーを主人公にしたことで、前作ほどの出来栄えではなかった。
  • パズル要素があまりにも単純すぎる。
    グスタボ・サンタオラの音楽を聞くまであまりにも遠かった。
    いくつかのボタンの長さ。マルチプレイがしたかった。
  • AIがウザく感じることがあるヒントシステム。
    一部のAIルーチンが未完成だ。ワイドリニアなバランス。


↑TOP