バイクチャレンジ『ワイルドライド』の概要

チャレンジ『ワイルドライド』のサブチャレンジ画像

チャレンジの詳細

ベルナップ中の生存者たちが助けを求めている。
ゴルフカートで生存者を拾い、可能な限り早く目的地まで送り届けろ。
途中、ドリフトしたり、スウォーマーを轢いたりするのもアリだ。


メダル スコア クレジット PTS
ブロンズ 10000 15 500
シルバー 35000 45 1500
ゴールド 80000 90 3000

サブチャレンジ

サブチャレンジ 獲得 内容
衝突注意
  • 15クレジット:PTS500
  • 45クレジット:PTS1500
  • 90クレジット:PTS3000
  • 4人の至近距離に停車する。
  • 8人の至近距離に停車する。
  • 12人の至近距離に停車する。
ワイルドスピード
  • 15クレジット:PTS500
  • 45クレジット:PTS1500
  • 90クレジット:PTS3000
  • 高難度の送迎任務を1回完了する。
  • 高難度の送迎任務を2回完了する。
  • 高難度の送迎任務を4回完了する。
凄腕運転手
  • 15クレジット:PTS500
  • 45クレジット:PTS1500
  • 90クレジット:PTS3000
  • 上機嫌の状態で3人目的地まで送る。
  • 上機嫌の状態で6人目的地まで送る。
  • 上機嫌の状態で9人目的地まで送る。
スウォーマー掃除
  • 15クレジット:PTS500
  • 45クレジット:PTS1500
  • 90クレジット:PTS3000
  • 5体のスウォーマーを轢く。
  • 10体のスウォーマーを轢く。
  • 20体のスウォーマーを轢く。

『衝突注意』は、生存者をゴルフカートを乗せるときに、
生存者との距離が近い位置で停車させるとカウントされます。
ゴルフカートで生存者を轢くことはないので、生存者と重なるように停車させてもいい。


『ワイルドスピード』の高難度の送迎任務とは、赤色の光柱にいる生存者のやつ。
中盤ぐらいまでチャレンジをプレイすると、高難度の送迎任務がフィールドに配置されます。


生存者の機嫌は、画面下のゲージで確認できる。
ゲージは時間経過で減少していくもので、上機嫌 → 普通 → 不機嫌と変化していく。


スウォーマーの配置は固定。全体数は20体以上いるので足りる。
そこにいるスウォーマーを轢き殺せば、再び出現したりはしない。
低速でぶつかると殺せないので、ゴルフカートを少し加速させてから轢くこと。



ワイルドライドのゴールドメダル攻略方法

スウォーマーを轢きつつ、素早く生存者を送迎するカートチャレンジ

舞台はベルナップ地方。フィールドには複数の光柱が表示されている。
光柱にいる生存者をゴルフカートに乗せて、目的地(青色の光柱)まで送迎するチャレンジです。
残り時間を稼ぎながら、生存者を送迎するだけで、近いルートを探すのが攻略ポイントになってくる。


スウォーマーも配置されているが、好戦的に襲ってきたりはしません。
ただ轢かれるだけの存在。ゴルフカートは耐久度や燃料などは無し。
ただし、深い水辺に浸かるとゲームオーバーになります。


制限時間が0になる、または全ての送迎任務を攻略するとチャレンジが終了します。
最初はゲーム難易度がやや高いように思えるが、
慣れるとメイン+サブチャレンジの全ゴールド獲得は簡単だったりする。


■攻略動画

■チャレンジ『ワイルドライド』の攻略ポイント

全体的に言えることは、手あたり次第に救助するのではなく、都合のいいルートを運転する。
攻略動画のルートは、残り時間を残した状態でクリアできているので、
試行錯誤の末、おそらく完成されたルートかと思う。
中にはどう運転しても、上機嫌を達成できないものも含まれてる気がする。


送迎任務で停車させるときは、ドリフトをかけながらハンドルを切るといい。
停車させる角度も結構重要になってくるので、ハンドルの切り方を覚えておくこと。
攻略動画でプレイしている大半のドリフト停車は、
左スティックの左/右+L2+〇長押し』で停車角度を調節してます。


ドリフト停車は、完全に停車するまで時間がかかる。
ドリフト停車の他に、オブジェクトにわざと衝突させて停車させる方法も効果的です。
そうすることで、『上機嫌』を獲得しやすい場所もあります。


スコアは任務達成以外は、ドリフトしたり、高い位置からジャンプしたりすると加算される。
ドリフトするとバイクのチャレンジと同じように、スコア倍率が一定時間だけ増加する。
残り時間稼ぎは以下の通り。


■加算される残り時間

  1. 生存者がいる光柱に到着する(場所によって加算値が異なる)
  2. 生存者を『上機嫌』で送迎:+5秒
  3. 生存者を『普通』で送迎:+2秒
  4. 生存者を『不機嫌』で送迎:+0秒
  5. スウォーマーを轢く:+2秒

光柱は3種類ある。黄色(低難度)、オレンジ(中高難度)、赤色(高難度)
低難度ほど到着距離が短いので攻略しやすいが、光柱に到着したときに得られる残り時間は少なめ。
赤色の光柱はその逆で、距離が長く・光柱に到着したときに得られる残り時間が結構増える。


生存者の機嫌は時間経過で減るが、中には乗せた生存者の種類によって異なると思われる。
例えばリッパーを乗せた状態でスウォーマーを轢くと、機嫌が一気に『不機嫌』になるので、
スウォーマーを避けて運転する必要がある。


方向キーでBGMの選択、再生、停止ができる。
画面左下に表示されているアイコンと、方向キーの位置が対応してます。


スタート時は『3・2・1』とカウントされるが、
『1』が消えたときにR2長押しをすれば、ブーストスタートができる。
それにより、素早くスタートできるようになります。


指輪の能力は、効果がないので装備しなくてもいい。



■総合的な意見
405944点のハイスコア画像

総合的に考えると、近場のコース取りが重要になってくるチャレンジでした。
あとはドリフト停車をうまく扱いこなせば、そう難しいチャレンジでもない。
全ての送迎任務を攻略すると、大体16万~18万スコアぐらいに収まる。
誰がプレイしても似たようなスコア値になってくるかと思う。


しかしチャレンジをクリアすることで、最後に「ガツン!」とスコアが入る仕様でした。
どういった計算で、最後のスコアが算出されているのか不明瞭だが、
だいたい30万~40万台スコアで収まるのかなと推測してます。


それとバグの発生率が高い…。メインメニューに戻したり、アプリを再起動するしかなかった。
場所が悪いとゴルフカートが横倒しになって元に戻らない、常時ブレーキが効いた状態になる、
リッパーキャンプ付近の地面のテクスチャが剥がれて、送迎任務の光柱が出ない状況になる等。
送迎任務が発生しない箇所が出ると、チャレンジをクリアできなくなる。



↑TOP