FF7リメイク 攻略
FF7リメイク攻略:更新履歴

FF7リメイクについて

ファイナルファンタジー7リメイクとは?

FF7(ファイナルファンタジー7)は、1997年1月31日にスクウェアが
PlayStation用ソフトで発売したRPGです。(※現在ではエニックスと会社合併)。
FF7はファイナルファンタジーシリーズの第7作目となるナンバリングタイトルで、
世界累計販売本数が1100万本以上を記録するほどの大ヒット作品となった。


本作のFF7リメイクは、オリジナル版のFF7を今の技術で作り直したフルリメイク作品です。
バトルは直感的な操作で遊べるアクションと、従来からあったコマンドバトルを融合させて、
より戦略性の高い新しいバトルに仕上げており、
オリジナル版のFF7に対して追加要素がいくつか加えられている。


FF7リメイクの開発には、原作から主要スタッフだった北瀬佳範氏、野村哲也氏、
野島一成氏などが関わっている。そして22年前にFF7が好きだった
世界中のプレイヤーたちがゲーム制作者となり、チームに参加して本作を開発してます。


本作はミッドガル脱出までを描いた分作

FF7リメイクをフルリメイクするにあたり、大筋となるストーリーやキャラクター設定などは
あまり変わらないが、FF7の密度感を保ち、踏み切れなかった部分を今の技術で作り直すには、
到底1作だけでは収まらないボリュームになる。


また、1本に収めようとすると、ダイジェストのような作品になってしまうため、
それだと追加する要素も減るし、フルボリュームで制作する意味がない。
そういった経緯があり、FF7リメイクは分作して開発してます。


第1作目となる本作では、ミッドガルのストーリーを広大に、且つ緻密に語っている。
オリジナル版のFF7では行けなかったミッドガルの各所を探索できたりと、
濃密にミッドガルを描いており、ストーリーはミッドガルを脱出するところまでです。


それはBlu-ray2枚組になるほどのボリュームで、1本の独立したゲームに仕上げている。
FF7リメイクが、全体で何分作になるのかは未発表。複数作で展開予定。


FF7リメイクに登場するキャラクター概要

■クラウド・ストライフ

クラウドはFF7およびFF7リメイクの主人公。元ソルジャー・クラス1st。
口数が少ない性格で、身の丈ほどある巨大なバスターソードを振り回す。
神羅のソルジャーを辞めてからは、ミッドガルでなんでも屋の仕事をしている。
アバランチと知り合ったのも仕事上でのこと。


■バレット・ウォーレス

バレットは、神羅カンパニーに反抗するアバランチのリーダー。
本家のアバランチからは追放されたので、分派として同名にて活動を行う。
失った右腕にはガトリングガンを装備しており、
故郷や失った妻などを失い、神羅に対して復讐心を持っている。


■ティファ・ロックハート

ティファは、バレットの反神羅組織『アバランチ』のメンバー。
クラウドとは幼馴染で、小さい頃からザンガン流の格闘技を学ぶ。
そのため体術で敵と戦うキャラクター。
故郷を奪った神羅に敵対心はあるが、魔晄炉爆破作戦には乗り気でない。


■エアリス・ゲインズブール

エアリスは、ミッドガル・伍番街スラムで花売りをしている。
古代種という星の声を聞ける特殊な能力を持つ一族の生き残り。
クラウドと運命的な出会いを果たし、旅を共にすることになる。


■レッドXIII

レッドXIIIは、神羅の研究所で捕まっていた赤毛の獣。
型式番号でレッドXIIIと呼ばれている。人の言葉を話すことができ、
人間に匹敵するほどの知能を持っている。星の守り神として崇められている種族。


■セフィロス

セフィロスは、元ソルジャー・クラス1st。
ソルジャーの中では英雄的な存在で、最高峰に位置する。
そのため人々からは憧れの対象でもあり、セフィロスを知らない者はいないほど。
しかし、ニブルヘイムで自身の出生を知ると、人が変わったように憎悪に取りつかれた。



FF7リメイクのゲームシステム

原作のコマンド操作と、現代のアクションベースを合わせたバトルシステム

FF7リメイクで大きく変わったところはバトルシステムです。
フィールドにいる敵とシームレスにバトルを行う、アクション寄りの操作感覚になっている。
最大3人のキャラクターを切り替えながら戦います。


通常攻撃・ガード・回避といった基本アクションに、コマンドメニューから選んで実行できる
『魔法』『アビリティ』『リミットブレイク』『召喚獣』を加え、
現代主流になっているアクションゲームと、従来のファイナルファンタジーシリーズからあった
コマンドを融合させた新しいバトルシステムが特徴。


バトルでは基本アクション以外は、溜まったATBゲージを消費して行動することになるので、
HPが減ったら回復アイテムを使い放題で耐えるといったヌルいゲームとは違い、
バトルの状況に合わせた戦略的なバトルを楽しめます。


とはいえ、コマンドメニューから技を選ぼうとすると、俊敏に選択できなかったりするものだが、
ウェイトモードにより全体の動きがスローモーションになるので、
落ち着いて考えながらコマンドメニューから技を選択できる。
また、瞬時にコマンドを選べるようにショートカットキーも用意されてます。


それでもアクションゲームのような操作が苦手な方には、CLASSICモードが用意されている。
CLASSICモードは基本アクションはオート操作で行われ、
ATBゲージが溜まったら任意でコマンドを選ぶ操作方法です。
従来のFF7に近い操作で、FF7リメイクを楽しむこともできる。


なんでも屋の仕事

なんでも屋の仕事は、FF7リメイクから導入されたクエスト。お使い系や討伐系の内容。
クラウドがミッドガルで生活している人達から、悩みや問題を解決する仕事を受注し、
クエストを攻略していく内容。多くの仕事をこなし、なんでも屋の評判を上げていく。
尚、なんでも屋の仕事を攻略すると報酬を貰えます。


バトルレポート

バトルレポートは、神羅カンパニーの科学部門研修生のチャドリーから受けれる。
チャドリーは新たなマテリアを開発すべく、クラウドたちにバトルデータを求めており、
提示されたクエストを攻略すると、新たなマテリアを販売してくれます。
主にバトルにて、ある条件を複数回満たす内容。


またデータ収集が進むと、召喚獣バトルができるVR MISSIONが解放されたり、
武器強化でSPを振ることになるが、初期値に振り戻せるシステムが用意されている。


闘技場『コルネオ・コロッセオ』

メインストーリーを進めていくと、ウォール・マーケットの地下にある
闘技場『コルネオ・コロッセオ』に参戦できるようになる。
日夜、熱いバトルが繰り広げていて、ソロ戦とペア戦に挑戦できます。
バトルに勝利すると様々な報酬が貰え、闘技場でしか入手できないアイテムも用意されている。


神羅バトルシミュレーター

神羅バトルシミュレーターはメインストーリーを進めると、神羅カンパニー本社でプレイ可能。
チャドリーのバトルレポートと似た内容で、指定された敵を倒していくことになります。
各バトルコースを攻略することで報酬を貰える。


EXTRA

『EXTRA』は、ストーリー進行やなんでも屋の仕事などを攻略していると、
ちょっとしたフラグのようなものが立つことがある。全体的に数はそれほど多くもない。
クエストと呼べるほど深い内容のものでもなく、会話をするだけの内容だったり、
崩れた先にあるマテリアをどう入手するか?など、条件を達成すればすぐ終えてしまうイベント。


ダーツ

ダーツは、ティファが経営しているセブンスヘブンでプレイできる。
一般のダーツと同じで内容で、スコア301のゼロワンのルール。
クラウドがダーツを構えるので、ターゲットカーソルが小さくなった
タイミングで○ボタンを押し、スコア301を減らしていくミニゲーム。


バイクゲーム

バイクゲームは原作のFF7にもあったが、FF7リメイクでもメインストーリーの進行で、
クラウドがバイクに乗って敵を倒していくタイプのミニゲームが用意されてます。
ジャンプ台や必殺技などがあり、必殺技のゲージを溜めることで、
大技を繰り出せる仕様に進化。最後はローチェとバイク上で戦う要素も付け加えられた。


クラッシュボックス

クラッシュボックスは制限時間内に箱を破壊して、できるだけ多くのスコアを稼ぐミニゲーム。
武器を装備したクラウドが、点数の書かれた箱を斬って壊します。
壊した箱の数字に応じたスコアが入り、一定数まで稼ぐと報酬が貰える。


スクワット

スクワット勝負はウォール・マーケットにあるジムにて、スクワットの回数を競ったミニゲーム。
アシストアイコンの動きに合わせて、タイミングよく△・○・×・□ボタンを押していく内容。
ボタンを正しく押すことで、クラウドがスクワットをしてくれます。
難易度は初級・中級・上級が用意されており、対戦相手に勝利すると景品を貰える。


ダンス

ダンスは、蜜蜂の館でプレイできるミニゲーム。
クラウドが勝手にダンスを踊り、画面上に表示されたボタンを押すリズムゲーム的な内容。
上手く踊れれば報酬が貰える。


けんすい勝負

けんすい勝負はウォール・マーケットにあるジムにて、けんすいの回数を競ったミニゲーム。
スクワット勝負と似たようなゲームシステムで、タイミングよく指定された
ボタンを押していく内容です。こちらも難易度が初級・中級・上級があり、
対戦相手に勝利すると報酬をもらえる。


モーグリメダル

モーグリメダルはミッドガル中にある、モーグリのデザインが施されたメダル。
主に神羅ボックスを破壊したり、宝箱を調べて収集できたりします。
モーグリメダルは伍番街スラムにて、モグヤのモーグリ・モグの店で、
モーグリメダルと商品を交換してもらえる。


ミュージックディスク

ミュージックディスクは、ジュークボックスで聞ける音楽ディスク。
主にファイナルファンタジーの楽曲を流せます。
ミュージックディスクはショップで購入したり、街の人に貰ったりできる。
ジュークボックスは各地に設置されてます。


みやぶる、エネミーレポート

みやぶるは、『みやぶる』マテリアで敵のステータス情報を解析できる要素。
そういた敵データはエネミーレポートに記載されまます。
主にバトルレポートのクリア条件にて、一部みやぶるが必要になってくる。


装備、スキルアップブック

装備品は武器、防具、アクセサリがあり、ショップで購入したり、宝箱から入手したり、
敵から盗んだりできます。スキルアップブックは武器強化をする際に必要になる
スキルポイントを獲得できるアイテム。難易度HARDで多く入手することになります。


ドレス集め

ドレス集めは、チャプター9のコルネオの館で行われる嫁オーディションで着るドレス。
全9種類存在し、ティファ・エアリス・クラウドに3種類のドレスが用意されてます。


ストーリー攻略後のやり込み要素について

FF7リメイクのメインストーリーを最後まで攻略すると、ストーリークリア後の要素が解放されます。
自由に各章を選べる『チャプターセレクト』、ゲーム難易度HARDモード、
クリア状況を確認できる『プレイログ』、経験値2倍+AP3倍、神羅バトルシミュレーターや
コルネオ・コロッセオの新たなバトルコースなど。クリアデータを引き継いだ状態でプレイ可能。




その他:FF7リメイクに関連する内容

2015年6月16日に、アメリカ・ロサンゼルスで開催した『E3 2015』にてFF7リメイクを発表。
当初はFF7フルリメイク作品と仮名で発表した。


2015年12月5日にアメリカ・サンフランシスコで開催した『PlayStation Experience 2015』にて、
FINALFANTASY VII REMAKE』と正式タイトル名を発表しました。
また当初から考えがあった、フルリメイクを行うにあたり内容の多くを見直した結果、
分作として制作を進めていると公表。フルボリュームのリメイクにしてくてはいけないと判断。


ゲームエンジンは、一番信頼できるツールとしてUnreal Engine 4を採用。
タイトル名の『REMAKE』と名付けたのは、ヘタにサブタイトルを付けると、
スピンオフ作品や映像作品だと誤解される可能性があるため、端的に表したものを採用。


FF7リメイクの正式タイトル発表と共に、オリジナル版FF7をPS4に移植したものを
ダウンロード専用で配信した。エンカウントなし、バトル強化、3倍速のゲームシステムが
追加されて、オリジナル版よりもカジュアルに遊べるように設計されている。
また購入特典として、『FINAL FANTASY VII – ミッドガルテーマ』がもれなくプレゼントされた。


E3 2019の時期に、FF7リメイクの発売日が2020年3月3日に決定する。世界同時リリース。
合わせてゲームの購入特典が公開されて、ゲームの予約が開始された。
今作はミッドガル脱出までのストーリー。Blu-ray Disc2枚組になると公表されました。


FF7リメイクの発売日は2020年3月3日でしたが、最高のかたちでお届けするため、
もう少しブラッシュアップが必要だと決断し、2020年4月10日に発売日が延期されました。


ファイナルファンタジー7リメイクのテーマソングは『Hollow』。
Survive Said The Prophetのボーカル・Yosh(Yoshiya Morita)が歌い、
楽曲はFINAL FANTASYシリーズの曲を手掛けた植松伸夫氏が作曲している。


2020年3月2日に、PlayStation StoreでFF7リメイクの体験版を無料配信。
壱番魔晄炉爆破作戦の部分をプレイすることができます。
また体験版をダウンロードすると、期間限定でメインキャラクターが集合した
キービジュアルのPS4用テーマを受け取れる。


2020年4月10日にFF7リメイクがPS4にて、全世界同時に発売されたが、
発売してから3日で全世界累計販売本数が350万本を突破したと
スクウェア・エニックスから発表。日本国内においては100万本を達成した。



製品名

FINAL FANTASY VII REMAKE

ゲームジャンル RPG
ゲームハード PS4
メーカー
発売日 2020年3月3日
2020年4月10日(発売延期)
希望小売価格
  • 通常版、DL版:8980円+税
  • デジタルデラックス版:10455円+税
  • パッケージ+フィギュアセット:33980円+税
ハードディスク 81.1GB以上の空き容量(Blu-ray Disc2枚組)
CEROレーティング CERO C
プレイ人数 1人
備考
  • Game Critics Awards E3 2019 - BEST OF SHOW受賞
  • Game Critics Awards E3 2019 - BEST CONSOLE GAME受賞
  • Game Critics Awards E3 2019 - BEST ROLE PLAYING GAME受賞
  • 日本ゲーム大賞2019 - フューチャー部門受賞

FF7リメイクの最新情報

FF7リメイクの購入特典

FF7リメイクの購入特典情報。パッケージ版・ダウンロード版・フィギュアセット版の特典、
海外で販売されている特典などをまとめてます。

FF7リメイクのグッズ

FF7リメイクのグッズまとめ。
フィギュア、サントラ、その他ファイナルファンタジー7グッズなど。

FF7リメイクとのコラボ、キャンペーン情報

FF7リメイクのコラボやキャンペーン情報まとめ。
スマホゲームとのコラボ企画、展示会、購入キャンペーンなど。

FF7リメイクの評価

ゲームメディアによるFF7リメイクのレビュー。良い評価・悪い評価、全世界で評価された
FINAL FANTASY VII REMAKEの海外の反応をまとめてます。



↑TOP