サンプル:H0512の概要

FF7リメイク版のサンプル:H0512の画像

サンプル:H0512はChapter16『神羅ビル潜入』で登場するボス。
神羅の化学部門により生み出された人造生物。
適応能力が高く、戦闘中にも進化を続け、異常な能力と再生能力を発揮する。
バトルでは、雑魚敵の『H0512-OPT』を複数入れ乱れた戦いになります。


サンプル:H0512
HP Normal:42323
HARD:61308
弱点 -
耐性(弱) 雷属性
耐性(強) -
無効 毒、スロウ、割合ダメージ
吸収 -
経験値 Normal:1300
HARD:4500
AP Normal:10
HARD:30
ギル Normal:1300
HARD:2250
アイテム タリスマン(アクセサリ)
レアアイテム -
盗む いにしえのお守り(アクセサリ)
備考 攻略情報は検出できません。
アビリティ
  • ひっかく(物理攻撃)
  • 怪しい息(魔法攻撃、毒効果)
  • カウンターグラブ(物理攻撃)
  • 左手蘇生

H0512-OPT
HP Normal:4080
HARD:5895
弱点 -
耐性(弱) -
耐性(強) -
無効 スロウ
吸収 -
経験値 -
AP -
ギル -
アイテム -
レアアイテム -
盗む -
備考 攻略情報は検出できません。
アビリティ
  • ファイア(炎属性、魔法攻撃)
  • ブリザド(氷属性、魔法攻撃)


サンプル:H0512の攻略内容

■攻略動画

■サンプル:H0512の攻略ポイント
FF7リメイク版のサンプル:H0512の画像
難易度 Normal
HARD
第1段階 HP100~81%
第2段階 HP80~41%
第3段階 HP40%以下

サンプル:H0512は、ボス+複数の雑魚が混ざったバトル。
大雑把にいうと、2回目のアプス戦のようなバトル展開になります。
とはいえ、ボスの『サンプル:H0512』の弱点はとくに無いし、
雑魚敵の『H0512-OPT』はそこそこHPが多く、ファイアやブリザドなどを使ってくる。


サンプル:H0512は毒攻撃を頻繁に使用してくるため、
アクセサリ『星のペンダント』を装備してから戦ったほうがいい。
そうでもしないと、『いのり』や『はんいか+ケアル系』など全体回復が必要になってきます。



サンプル:H0512の部位は本体+左手。
左手を部位破壊すると、一部の技を使用しなくなるが、左手を蘇生したりもするので、
必ずしも部位破壊をする必要はない。むしろ部位破壊するくらいなら、
本体にダメージを与えて、早々と次のフェーズに移行した方がいいと思ったりもする。


雑魚敵のH0512-OPTは倒しても、ボスが『OPT排出』で補充してくるので、
こちらもあまり倒す意味は低い。ただH0512-OPTは魔法攻撃をしたりと、
こちらの攻撃を中断させられたりして面倒くさい存在なので、ある程度倒すくらいがいい。
第2段階以降は『自爆』も使ってくるので、離れて対処することになります。



あとは第1~2段階のサンプル:H0512には魔法『ストップ』が効くので、
動きを停止させながら戦えば倒しやすい。
後半頃には召喚獣を呼ぶことも可能です。
全体的にボスとの距離を考えながら、ガ系魔法で攻撃した方が戦いやすい面がある。


■ゲーム難易度HARD

ゲーム難易度がHARDの場合は、難易度Normalと攻撃内容や戦い方に変化は見られないが、
左手のHPを50%以下に削ってもHEAT状態にはならず、左手を部位破壊するとHEAT状態に。
さらに魔晄ポッドに左手を当ててるときにボスのHPが回復する。
バトルに勝利すると、クラウド『剣技指南書 第12巻』を獲得します。



第2段階

サンプル:H0512のバトルシーン

サンプル:H0512のHPを2割ぐらい減らすと、星のエネルギーをチャージするカットシーンになる。
右肩が進化して、『OPT排出』を使ってくるようになります。
それ以外は、第1段階のときと変化が見られない。


近接攻撃をやると『カウンターグラブ』を使ってきやすいので、
ボスから離れて回避するか、拘束された状態ならキャラクター切替を行い、
武器アビリティや魔法で攻撃して救助します。



第3段階

サンプル:H0512のバトルシーン

サンプル:H0512のHPを6割ぐらい減らすと、再び星のエネルギーをチャージして、
『魔晄の息』を全方角にまき散らす攻撃を行う。
H0512-OPTに近づくと、いきなり自爆するので注意。
ちょっとだけH0512-OPTに近づいたら即離れて、自爆させるといい。


その後の戦い方は、第2段階とあまり変化なし。
左手を部位破壊して、バーストを狙うといい。



サンプル:H0512の攻撃一覧

通常攻撃

技名は表示されない。左腕で正面に3回横に薙ぎ払う物理攻撃。
サンプル:H0512から後ろへ離れていれば避けれる。


ひっかく

ひっかく

ひっかくは軽く正面へダッシュしてから、勢いをつけて右手で引っかく物理攻撃。
中間距離で開いていると、距離を詰めようとして、この技を多用しやすい。
攻撃範囲が広く回避が難しいが、右斜め前へ2回ローリングすると回避できることもある。
ただ、ガードして耐えた方が、あとの攻撃にも対応しやすい。


怪しい息

怪しい息

左手を正面に付き出して煙を出す魔法攻撃。煙に触れると状態になる。
左側へ移動すれば回避できます。左手を部位破壊すれば使ってこなくなる。


カウンターグラブ

カウンターグラブ

カウンターグラブは、右手で掴む物理攻撃。
投げ技で、一旦右手で掴んで持ち上げてから、地面に叩き付ける。
距離を開ければ掴み攻撃は回避できます。


サンプル:H0512から掴まれている時に、キャラクター切替を行い、
一定ダメージを与えると拘束を解くことも可能。
通常攻撃連発では拘束は解けないので、武器アビリティや攻撃魔法ならスタンさせれる。
ただし、クラウドのブレイブモードによる通常攻撃連発ならスタン可能。


左手蘇生

左手を部位破壊すると、蘇生して元通りにする技。
左手を壊していると、『怪しい息』『魔晄の息』を使ってこなくなります。


OPT排出

OPT排出は、第2段階から使用してくる。
バトルエリアにいるH0512-OPTを倒したりすると、新たなOPTを右肩から排出する技。


魔晄の息

魔晄の息

魔晄の息は、第2段階から使用してくる。
扇状に緑色の煙を振りまく魔法攻撃。煙に触れると、毒+スロウ状態になります。
第3段階になると、開幕に必ず使用してくる。
その時は、扇状ではなく360度に回転して煙を撒きます。


素早く左側からサンプル:H0512の背後へ周り込めれば回避できる。
また、魔晄の息を振りまいた後は、サンプル:H0512が中腰になるので攻撃のチャンス時。



↑TOP