ゲーム攻略マンのFF7リメイクの攻略日記

【PSX 2015】正式タイトル名は『FINALFANTASY VII REMAKE』で発表する

2015年12月5日にアメリカ・サンフランシスコにて、
PlayStation Experience 2015(PSX 2015)が開催されました。
FF7リメイクの新しい動画の発表し、会場ではプロデューサー・北瀬佳範氏、
ディレクター・野村哲也氏が登壇しました。


フルリメイク版の正式名称は、『FINALFANTASY VII REMAKE』で決定したのだとか。
会場では英語版での放送でしたが、のちに日本語版の動画が公式チャンネルで投稿されてました。
そしてオリジナル移植のPS4版FF7が、本日よりダウンロード配信された。



FF7リメイクのキャプチャ

FF7リメイクのクラウドの画像

これが今作のクラウドのモデリング!
最初のイラストの漫画ぽいイメージから進化を遂げて、ここまでリアル顔に発展するとは、
一体誰が予想していただろうか(笑)


FF7アドベントチルドレンとはまた違い、顔のシワとかのテクスチャーを濃くした印象かな。
ベビーフェイス感が少し抜けて、髪の毛の本数をもう少し固めた感じだろうか。
ふわふわした髪ではなく、ムースで固めたような感じのやつ。


FF7リメイクのバレットの画像

まぁ、一番変わったといえば、バレットなのかもしれないw
サングラスをかけて、なんかキザっぽいイメージに仕上げた印象ですね。
もともとはクラウドもバレットも仕事仲間の関係なので、
チームとはいえ、お互い性格が冷たいところは、今作も健在といったところかな。


FF7リメイクの街並み画像

街の作りを見ると、何か…FFヴェルサス13を感じる。
というか、これオープンワールドなんだろうか!?


FF7リメイクのビッグスとジェシー

この音楽を聞くと、「FF7だな~」と感じながらも、
カットシーンの内容から察すると、ゲーム序盤のミッドガルです。
展開の早い短い映像を繋ぎ合せ、ドキュメンタリー映画のようなカメラに手ブレを加えて、
映像から伝わるゾクゾクを表現している。


FF7リメイクのバトルシーン

一番気になったのはやはりバトルですね!
画面には『通常攻撃、魔法、召喚獣、アイテム、防御』のコマンドが見られる。
さらにリミットゲージなどもあるので、バトルシステム的な要素はあまり変わらないのかも?


しかし、なんつーか…ターン制のコマンドバトルというよりは、
まるでアクションゲームのような、なめらかな動きをしているのが特徴的だ。
マテリアのシステムとかどうなってるだろう?



北瀬佳範氏が語るFF7についての動画

こちらの動画はPlayStation Experience 2015の時期に一緒に投稿された、
FF7リメイクのプロデューサー・北瀬佳範氏が語るFF7についての動画です。
映像版のFF7アドベントチルドレンのクオリティーで、
「FF7を遊べたらいいな!」というところからスタートしたんだとか。


そういえばファイナルファンタジーは、FF7以降から近未来寄りというか、
メカ寄りというか、中世時代から現代的な舞台へと変わっていったような…。
FF9で少しばかり時代を戻した感じもするが、
召喚獣の姿もメカぽいデザインになったりして、今のFFに移り変わったぽいのかな。



↑TOP