『前に進むしかなかった』のミッション概要

デイズゴーンの『前に進むしかなかった』のミッション攻略手順のマップ
ミッション内容
■決して諦めない

サラが生きているか死んでいるか分からない状態で、
1人でセルセン山道を越えた時のことを覚えてる。まるでずっと昔のことみたいだ。
今じゃその同じ道を、サラを連れてクローバーデールへ向かってるんだからな。


まるで違う道に感じる。
サラの目を通して見る世界は、初めてみるかのような新鮮さがある。
ああ、バカバカしく聞こえるのは分かってる。でもそう感じるんだ。


■紳士な将校

出発の準備をしてたら、クーリと大佐が俺たちを呼び止めた。
サラが行くのを許さないのかと一瞬思ったが、何とかなった。
クーリは、サラに兵器を完成させるよう、かなりプレッシャーを与えてるように感じる。
ったく、余計なことしやがった。


■法と無秩序

大佐はサラを外へ行かせないかと思った。
「どんな機材よりも貴重」だとか、「代わりはいない」とか言ってたしな。
だが、サラは大佐の言いなりになるような女じゃない。
サラがやると決めたことを邪魔しようもんなら、誰であろうと痛い目見るぜ。

ミッション攻略報酬
  • なし


1:目的地に行く

サラの研究所のテントに入る

出発の挨拶をしているシーン

良い兵士『代わりはいない』を攻略後にミッションが発生します。
資材を調達するため、セルセン山道を越えて北にあるクローバーデール研究所へ行く内容。


目的地である研究所のテントに入ると、サラのカットシーンが再生される。
時間帯は強制的に夜に切り替わります。外でギャレット大佐とクーリ大尉の挨拶を終えて、
サラと一緒にバイクでクローバーデールへ行くことになる。



2:サラとセルセン山へ行く

セルセン山道を進む

バイクで行くセルセン山道の風景

ウィザード島から北にある、セルセン山道へバイクで向かう。
道中ではセルセン山道を警備する民兵のカットシーンが再生されます。
カットシーン後は、バイクが自動運転で進むことになる。



3:北のクローバーデールへ行く

車をどかして先へ進む

サラと協力して車を動かすシーン

しばらくカットシーンを見てると、セルセントンネルに到着する。
トンネル入口が車で塞がれているので、サラと協力して車を手押ししてどかす。


車を動かしたらバイクに乗り、
次の目的地に到着すると『前に進むしかなかった』のミッションが攻略されます。


次のミッション攻略:
決して諦めない『知り合いよ』



↑TOP