酒呑童子

仁王2の酒呑童子

酒呑童子は、夢路篇・メインミッション『封魔の霊堂』で登場するボス。リーチの長い金棒、酒の入った瓢箪を武器に攻撃してくる。酒を飲みながら金棒を大振りで振り回すのが特徴。大ふへんもの・傾奇者を感じさせるような動きをしてきます。

酒呑童子の倒し方は、棍棒攻撃はそこそこ大振りでモーション的には分かりやすいので、横回避または酒呑童子の背後へ移動するように動くと回避できる。1~4回攻撃してくるので、3回以上降ってきたら反撃に移ったほうがいい。

酒呑童子で厄介な攻撃は、髪の毛を振り回す炎属性の技。攻撃発生が速いので、酒呑童子に深く入りすぎていると、後ろ回避をしてもダメージを貰ったりします。なので反応良く回避する必要がある。酒呑童子によくばって攻撃を入れ過ぎると、回避がおろそかになるので、あまり攻撃を入れ過ぎずに、適度な攻撃回数を維持しながら戦った方が安全です。

瓢箪攻撃も攻撃発生が速い技だが、受けてもダメージ的には弱い。酒呑童子に密着する位置にいると瓢箪攻撃を回避できたりします。脚で地ならし攻撃は、離れていれば当たらずに済むが、地ならし後にひと斬りしてくるため、後ろステップで回避して距離を取った方がいい。

酒呑童子の赤オーラ攻撃は3種類あります。瓢箪を構えて瓢箪にエフェクトが出る技は、ダッシュ投げのガード不能技。攻撃発生が速いので反応良くパリィを狙わないといけないが、横回避した方がその後に反撃を入れれるので、無理してパリィは狙う必要はないです。

2つ目の赤オーラ攻撃は、口から炎を吐いて扇状に範囲攻撃する技。こちらは左ローリングすれば避けれます。こちらもパリィを狙うよりは攻撃している隙に、 酒呑童子の背後や横へ移動して反撃してしまった方がいい。

3つ目の赤オーラ攻撃は、一旦を酒を飲むが、炎を吐くこともなく、乱れ切りをしてくる技。あまりお目にかかることは少なく、稀にやってくる程度です。モーションが長めなので、こちらはパリィを狙いやすい。

酒呑童子が炎を吹くと、周囲が燃えるのでスリップダメージを受けやすくなります。それは忍者スキル『浮雲の術』を使用すれば、ダメージを受けずに安全に戦えます。酒呑童子の髪の毛振り回し攻撃などは、安全な位置へ回避して銃で攻撃すればいい。

酒呑童子がダウンする、もしくは酒を飲んで上半身が赤くなると常世エリアに切り替わります。常世エリアでは酒呑童子が酔っ払った動きになり、フラフラと金棒を大振りしてくるので、ガードや回避に専念して反撃はあまりやらない方がいい。予想以上にリーチが長かったりします。

酒呑童子の攻撃が終えると、地面に倒れて酔いつぶれるので攻撃のチャンス時になる。酒呑童子がダウン中に追い打ちも可能だが、反撃を受けやすいので、近づかない方がいい。 離れて銃を撃ったり、遠距離攻撃をするのがベストです。

攻略動画


最近運営してるゲーム攻略サイト

FF7リメイク 攻略
スクエア・エニックスが開発・発売のFF7リメイク。原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。

龍が如く7 攻略
セガの龍が如くスタジオが開発の龍が如く7。新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。

ラストオブアス2 攻略
ノーティー・ドッグのサバイバルアクションのラストオブアス2。前作から5年後のアメリカを舞台にしており、ジョエルとエリーはワイオミング州ジャクソンで平和な生活をしていた。しかし、とある事件により、エリーが復讐をするためにシアトルへ旅立つ物語。無慈悲で暴力の連鎖の先にあるものとは!?

Death Stranding(デスストランディング) 攻略
コジマプロダクションのDeath Stranding(デスストランディング)。オープンワールドのアクションゲーム。分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。