セガフェス2018の発表情報

ゲーム情報

■SEGA FES 2018:http://segafes.sega.jp/

2018年4月14日・15日に東京ベルサール秋葉原にて、セガフェス2018が開催されました。当時は動画のライブ配信にて生中継され、いろいろと新作情報の発表だったり、ゲーム実況などを行ってました。

14日の10時30日からは、『すべてのセガファンに感謝をこめて SEGA Fan Meet-Up2018』のイベントが行われ、そこでいろいろと新作情報を発表してました。それについては動画でも拝見できます。

新生SEGA AGESの発表

新生SEGA AGES

まずは新生SEGA AGESを発表。2018年の夏から順次配信予定だという、セガの名作ゲーム全15タイトルを発表してました。ただ昔のゲームをそのまま配信するのではなく、追加要素を含むそうです。それは日本、北米、欧州で同時展開される。

「上から読んでも、下から読んでもセガ・エイジス!」 これって狙ってそうなったのか、たまたまなったのか気になるね。ただ従来の名作を改めて復活させて売る行為については、「ファンのため!」と言いつつも、実際はヒット作が生み出せず、経営状況が振るわない部分をカバーする行為に思える。任天堂がWiiUで失敗した時のように、サード付かずで過去の遺産を持ち出して牽引しようとしたときのように・・・

セガの根強いファンなら、すでにハードやゲームをセットで所持しているものと思われる。それだと購入してもらえなくなるので、追加要素を含めて販売する展開なのでしょう。なんだか観ていて複雑な気分だな。新しいゲームを生み出せなくなった経営力・方針というか・・・
続きを読む »

北斗が如くをプレイした感想・レビュー

ゲームレビュー

北斗が如くのプラチナトロフィー獲得画像

2018年3月8日に発売した北斗が如くのレビュー
PS4の北斗が如くの開発はセガゲームス。龍が如くスタジオが製作しており、人気コミックの北斗の拳と龍が如くがコラボしたアクション・アドベンチャーゲーム。以下はメインストーリーは2.5周ほどプレイ、プラチナトロフィー獲得したうえでの感想です。
 

北斗が如くの良い評価

良い評価

  • 北斗の拳の原作を知らなくても楽しめそう?
  • あべしコレクションで少し笑えるやつがあった。
  • 声優の配役はとくに違和感はなかった。
  • 序盤のレイ戦までは良かったような・・・
  • レベル上げとか面倒くさいことやらずにカンストするところ。

北斗が如くのストーリーやキャラクターについて

北斗が如くのケンシロウ

北斗が如くの主人公は原作の『北斗の拳』の通り、ケンシロウである。序盤のシン戦までは原作に沿った流れで、あとは龍が如くスタジオのオリジナルストーリーだと、ゲーム発売前までは開発陣がそう話していた。しかしゲームをプレイして思ったことは、半分ちかくは原作をなぞったようなストーリーだった・・・という印象を受けた。

例えばカサンドラではウイグルと戦い、そしてトキを救出する、そんな流れは北斗の拳どおりだ。でもウイグル戦前ではライガとフウガがいなかったりして、「原作の劣化版じゃ・・・」という印象を受けるところもあるかなと。北斗の拳のゲームを久々に遊べたという喜びもあれば、「なんか微妙だね」と感じてしまう部分も半分々あるような感じかな。

続きを読む »

任天堂の新しいあそび『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』の発表!

ゲーム情報

2018年1月17日に任天堂の公式ツイッターにて、Nintendo Switchを活用した「新しいあそび」について紹介すると告知してましたが、Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)というダンボールのような紙型を切り抜いて遊ぶ発明系のオモチャを発表しました。

ニンテンドーラボとは、段ボールでピアノや釣り竿、バイクなどを作ってニンテンドースイッチと合体させると、ピアノを演奏したり、魚を釣ったり、バイクでレースをしたりできる。

自分で作って仕組みがわかり、夢中になっていると、いつの間にか『新しいあそび』を思いついたりして、そんな感じがニンテンドーラボなのだという。いわゆる遊びを発明するタイプの工作だと言えよう。
 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

すでに動画なども投稿されており、どんな感じなのか映像で観れるが、何かニンテンドースイッチと連動させて遊ぶことができるタイプのゲームというか・・・工作だろうか。公式サイトを見ると、バラエティキット(6980円)とロボットキット(7980円)という2種類のキットが発表されていて、発売日はどちらも2018年4月20日です。その他マスキングテープ+ステンシルシート+シールを含んだ、デコるセット(980円)が発売される。

公式の内容によればニンテンドーラボ キャンプなども用意されており、ニンテンドーラボの「作る」「遊ぶ」「分かる」の楽しさをいち早く体験できる体験型イベントなども用意されているのだとか。東京・渋谷と大阪・梅田にて体験できるようで、公式サイトでは体験イベントのエントリーを募集してました。
 

続きを読む »

PS4『ドラゴンボール ファイターズ』オープンβテストの感想

ゲームレビュー

ドラゴンボール ファイターズ

1月14日~1月16日までに実施していたバンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール ファイターズ』オープンβテストに参加してみた。一言でいうとドラゴンボールの格闘ゲームです。本作はPS4とXbox Oneで2018年2月1日に発売するのだという。

またダウンロード版購入特典は早期アクセスが可能。1月14日からプレイできるそうで、発売日前に遊べてしまうのは、ある意味新しい特典だと言えそうか。
 

早速ダウンロードしてドラゴンボールをプレイしてみた!

オンラインのロビー

2GBちかくあるβ版をダウンロードして起動してみると、初めにハンドルネームを決めて、オンラインロビーのようなところに接続された。ちびキャラがいっぱいいて、前作もこんな感じだったなと思いながら眺めていた。

悟空になってたがキャラ変更できねえのか?とか思いつつも、適当にロビー内を調べてみると、主にチュートリアル、オンライン対戦、リプレイ鑑賞といった一通りのモードが揃っていた。
 
続きを読む »

ニンテンドーダイレクトmini – 2018.1.11

ゲーム動画

2018年1月11日に放送されたニンテンドーダイレクトminiの動画。
あ、なんか久々にNintendo Directを観た気がする。miniと付いているのでそれほど大した発表ではなかったが、いろいろとニンテンドースイッチ向けのタイトルを発表してました。

  • すばらしきこのせかい-Final Remix-
  • ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
  • 星のカービィ スターアライズ
  • ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX
  • Stardew Valley
  • マリオテニス エース
  • イースVIII
  • SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
  • ドンキーコング トロピカルフリーズ
  • DARK SOULS REMASTERED

 

続きを読む »

龍が如く極2の感想レビュー

ゲームレビュー

龍が如く極2のプラチナトロフィー獲得画像

2017年12月7日に発売した龍が如く極2のレビュー
龍が如く極2の開発はセガゲームス。極2は龍が如く2のリメイク+追加要素で販売されたゲームです。ハードはPS4専用ソフトで販売。以下はプラチナトロフィー獲得したうえでの感想です。
 

龍が如く極2の良い評価

良い評価

  • ドラゴンエンジンで蒼天堀の街並みも綺麗になった。
  • 懐かしのキャラクターが登場してシックリときた。
  • 久々に郷田龍司が観れて良かった気がした・・・
  • 金稼ぎやレベル上げなど、マンネリの面倒くさい要素を省いた感。
  • クランクリエイターのシナリオとか。
  • 龍が如く6と比較するとやや改善されてきたのかな・・・
  • 全体的に遊びの要素は盛沢山!

懐かしさもあれば、いつもの龍が如くと思える内容

龍が如く極2の街でのバトル画像

全体的に龍が如く極2は、フルリメイクに新しい要素というか、ミニゲーム風の尺のサイズのものを追加していった感じの内容です。モデリングなども龍が如く極2用に作り直されているので、より細かな表情だったり、PS2ではやかましい猿役だった狭山薫も「なんか美人になったような気がするw」と感じられるほど、グラフィック面に関してはだいぶ強化されました。

リメイクとはいえ、キャラクターのモデリングなんかは大部分は作り直したかと思う。さらに新しい俳優を加えるなど、新たらしい要素は僅かながらあります。
 

狭山薫

郷田龍司なんかはスピンオフ作品で登場しても、龍が如くof the end以外はちょい役でしか登場しないので、あまり強く残る印象はなかったが、今回はそれなりに出番は多い。もともと華があったキャラだったが、大柄ながらも流暢な関西弁で巧みに話すキャバレーグランドでのシーンは、改めて眺めてもやっぱ面白いなと。話術巧みな話のやり取りはヤクザらしいですね~

その他、龍が如く0で登場したマキムラマコトや、水商売アイランドのユキなど懐かしい面々も登場する。そもそも彼女らは龍が如く0降は一体何をやっていたのか? 真島吾朗にしてもグランドキャバレーを辞めて彼女らとの付き合いはなかったのか?など、考えればいくつか疑問に思うようなところが描かれていた。

山形や陽田のような小役にすぎないキャラクターも軽く登場したりと、なんとなく気になる部分も含まれてあった。なので龍が如く0を遊んでいたプレイヤーにとっては、ニヤリとする場面がいくつかあったかと思う。
 

続きを読む »

PlayStation Live from Paris Games Week 2017

ゲーム動画

2017年10月31日0時よりストリーミング配信されたPlayStation Live from Paris Games Week 2017の動画です。先月放送された【2017】PlayStation Press Conference in Japanからさらに新規タイトルを発表した感じだった。2時間くらいの放送だが、本番は1時間くらい。

ざっくり観た印象だと『Ghost of Tsushima』とか気になります。最近のサッカーパンチは「何やってんだろ?」と思うことはあったが、新作のインファマスどころか、日本の侍ゲームを作っていたとは実に意外だった。

1274年なので鎌倉時代です。モンゴル帝国の侵攻に立ち向かう侍たちの生き様を描いたストーリーだとか。日本じゃ戦国時代が人気だけど、やっぱ外国の人が作った侍や忍者のイメージになるのかな・・・。ゲーム画面を見てみないと何ともいえないが、インファマスセカンドサンの出来栄えを見るや、ある程度期待できそうな雰囲気はしそうだ。
 

続きを読む »

サイコブレイク2の感想レビュー

ゲームレビュー

サイコブレイク2のクラシックモード攻略画像

2017年10月19日に発売したサイコブレイク2のレビュー
サイコブレイク2の開発はタンゴ・ゲームワークス、販売はベセスダ・ソフトワークスで、プラットフォームはPS4/Xbox One/PCで販売されました。

サイコブレイク2は前作の続編にあたり、サイコブレイク1と比較すると全体的にライトユーザーでも遊びやすいように改良された感じでした。ストーリーの繋がりは2から始めても、そこまで気になる感じでもないと思う。以下は収集品コンプリートや最高難易度のクラシックを攻略したうえでの感想です。
 

サイコブレイク2の良い評価

良い評価

  • ストーリーが理解しやすかった。
  • 移動できるフィールドが広がり、探索要素が増えた。
  • マップが付いて分かりやすくなった。
  • サバイバルホラーをしている感覚が強かった。
  • グラフィックは相変わらず丁寧に作られていた。
  • 即死要素が減って遊びやすくなった。
  • 変に弾薬を節約しなくとも進めやすくなった。
  • クラフト要素が追加されて遊びやすくなった。
  • サイドミッションや射撃場など寄り道要素が増えたこと。
  • 海外版と日本版の規制差が分からないほどだった。

サバイバルホラーの良さが分かるゲームだった

サイコブレイク2の住宅街のマップ

前作のサイコブレイクと今作のサイコブレイク2を比較すると、フィールドが圧倒的に広くなり、自由に探索できる要素が増えたため、サバイバルホラーをしている雰囲気がよく伝わるゲームでした。前作はひたすら一本道すぎたので、サバイバルの感覚が若干弱いように感じた。

「フィールドの広さはどのくらいか?」と言えば、龍が如くで言えば神室町や蒼天堀ぐらいの広さかと思う。それが3個ほどマップがあり、それに加えてボスの領域や脊髄という道幅が狭い通路を進んで行くマップが用意されている。全部含めるとサイコブレイク2は結構作り込んだなぁと感じるかと思う。

セバスチャンがプロジェクターを調べる画像

半オープンワールドみたいな感じで、武器やアイテムを収集したり、ホラーイベント的な要素が散りばめられてたり、サイドミッションが発生したりと、多くの要素が積み込んである。
 

続きを読む »

ページの先頭へ