2018年1月17日に任天堂の公式ツイッターにて、Nintendo Switchを活用した「新しいあそび」について紹介すると告知してましたが、Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)というダンボールのような紙型を切り抜いて遊ぶ発明系のオモチャを発表しました。

ニンテンドーラボとは、段ボールでピアノや釣り竿、バイクなどを作ってニンテンドースイッチと合体させると、ピアノを演奏したり、魚を釣ったり、バイクでレースをしたりできる。

自分で作って仕組みがわかり、夢中になっていると、いつの間にか『新しいあそび』を思いついたりして、そんな感じがニンテンドーラボなのだという。いわゆる遊びを発明するタイプの工作だと言えよう。
 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

すでに動画なども投稿されており、どんな感じなのか映像で観れるが、何かニンテンドースイッチと連動させて遊ぶことができるタイプのゲームというか・・・工作だろうか。公式サイトを見ると、バラエティキット(6980円)とロボットキット(7980円)という2種類のキットが発表されていて、発売日はどちらも2018年4月20日です。その他マスキングテープ+ステンシルシート+シールを含んだ、デコるセット(980円)が発売される。

公式の内容によればニンテンドーラボ キャンプなども用意されており、ニンテンドーラボの「作る」「遊ぶ」「分かる」の楽しさをいち早く体験できる体験型イベントなども用意されているのだとか。東京・渋谷と大阪・梅田にて体験できるようで、公式サイトでは体験イベントのエントリーを募集してました。
 

ニンテンドーラボの感想

まあ、確かに任天堂のいう新しい遊びではあるな。
とはいえゲームと連動させることで、どれほど楽しいと感じるかがやや疑問が残る。私的には自サイトを作ったりするくらいなので、基本的に何かを作ること自体は嫌いではないが、果たしてこれが一般受けするかどうか、長く世界でシェアされるかどうか気になるところだ・・・

親子を巻き込んで遊ばせるといったところがセールスポイントなのだと思うが、ゲームの方は面白いのかどうか気になります。例えばピアノを弾きたければ「安いピアノのオモチャを買えばいいじゃん!」となるだろうし、工作そのものを楽しみたいのであれば、「紙とハサミで工作そのものを楽しめばいいじゃん!」となってしまう。

よって連動することで「ゲームがどうなのか?」の一言かな。おそらくゲームそのものに期待してた方からすれば、今回の発表はガッカリと言った感じだろう。紙なので耐久性についても考えものだが、とはいえ新しいもの好きからしてみれば「1個くらいは試しに買ってみようかな」と思える一品かもしれませんね。評判が良ければこれはシリーズ化していくつもりなんだろうな~

■公式サイト:https://www.nintendo.co.jp/labo/


最近運営してるゲーム攻略サイト

ロックスターゲームスのオープンワールド西部劇のレッドデッドリデンプション2。舞台は1899年アメリカ西部は衰退の一途をたどり、もはやガンマンと無法者は神話化しつつある時代。ダッチギャングに所属する新主人公のアーサー・モーガンが、自らの理想、または自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択に迫られる・・・

龍が如く極2 攻略
セガゲームスの龍が如く極2。極プロジェクトの第2弾で、龍が如く2がドラゴンエンジンでフルリメイクされて蘇る!その他、真島吾朗の追加エピソードや新たなプレイポットが追加されて、PS4で新しい龍が如く2を遊べます。

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。