E3 2018のBethesda Conferenceの動画です。日本時間では、2018年6月11日10時よりライブ配信されました。

ゲーム発表タイトル

  1. Rage 2(PC、PS4、Xbox One)
  2. The Elder Scrolls: Legends(PC、PS4、Xbox One、Switch、Mobile)
  3. The Elder Scrolls Summerset・拡張パック(PC、PS4、Xbox One)
  4. Doom Eternal(未発表)
  5. Quake Champions(PC)
  6. Prey(PC、PS4、Xbox One)
  7. Wolfenstein 2: The New Colossus(Switch)
  8. Wolfenstein: Youngblood(未発表)
  9. Fallout 76(PC、PS4、Xbox One)
  10. Fallout Shelter(PC、PS4、Xbox One、Switch、Mobile)
  11. The Elder Scrolls: Blades(PC、PS4、Xbox One、Switch、Mobile)
  12. Starfield(未発表)
  13. The Elder Scrolls VI(未発表)

 

ベセスダ・ソフトワークスE3 2018の感想

いつものベセスダかな~

フォールアウト76

フォールアウト76は、自然があり、核や政治の秘密が隠されたウェストバージニア州が舞台。フォールアウト4の4倍の規模なるのだとか。今回はまったく違うレンダリングを使用し、16倍ほど鮮明になっている。

そしてフォールアウト76はオンラインゲームだそうです。一応ソロでもプレイ可能。マルチプレイで遊んだ方が面白いみたい。専用サーバーで運営し、バグもあるのでベータ版を配信するそうです。ローンチは2018年11月14日。
 

Rage2のゲーム画面

Rage2はE3前からトレーラーが公開されてました。今回はRage2の舞台が分かるような、ゲームプレイ映像を観れたけどクオリティー高いな。中距離から射撃、ボム、近づいて接近攻撃くらいか。あと車で射撃する程度なので、こりゃ根本的なFPSゲームだな。

ウルフェンシュタイン・ヤングブラッドは、主役『BJ』の双子の娘が登場する。一人でもプレイできるし、協力プレイもできる。サイバーパイロットの方はVRだそうです。ハッカーとなり敵を倒す内容。
 

The Elder Scrolls: Blades

エルダー・スクロールズ・レジェンドのカードゲームって面白いんだろうか…。1千万人以上も遊んでいるとは意外だ。2018年末から他のプラットフォームでも遊べるようになるそうです。

The Elder Scrolls: Bladesのスマホ版は無料配信なのだという。ハブとなる拠点は建設中でユーザーが作ることができ、VRで接続しているユーザーとか他のプレイヤーと接続して遊んだりもできる。

Starfieldは新規IPのゲーム。何年もかけて考案してきたユニークなゲームらしい。全体的にFPSばっかで、ベセスダは日本向けのゲームではないな…。最初のハードロックは何の意味があったんだろ?後半はちょっと話ばっかでダレて眠くなった。


最近運営してるゲーム攻略サイト

Days Gone(デイズゴーン) 攻略
SIE Bend StudioのDays Gone(デイズゴーン)。オープンワールドのサバイバルアクション。パンデミックが起こり、世界中の人間や動物が、凶暴なフリーカーというゾンビのような姿になってしまった舞台。世界は危機に陥っており、生存者たちは必至に生き延びようとキャンプで暮らしている。主人公のディーコンは賞金稼ぎとして外の世界で流れ者の生活を送っている物語。

レッドデッドリデンプション2 攻略
ロックスターゲームスのオープンワールド西部劇のレッドデッドリデンプション2。舞台は1899年アメリカ西部は衰退の一途をたどり、もはやガンマンと無法者は神話化しつつある時代。ダッチギャングに所属する新主人公のアーサー・モーガンが、自らの理想、または自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択に迫られる・・・

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。