E3 2018のSQUARE ENIXの動画です。日本時間では、2018年6月12日2時より配信されました。ライブ配信ではなく録画放送だそうです。

ゲーム発表タイトル

  1. Shadow of the Tomb Raider(PC、PS4、Xbox One)
  2. FINAL FANTASY XIV: Stormblood、Under The Moonlight(PC、PS4)
  3. The Awesome Adventures of Captain Spirit(PC、PS4、Xbox One)
  4. Dragon Quest XI: Edition of Lost Time(PS4、3DS)
  5. FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS×DQ(Mobile)
  6. BABYLON’S FALL(PC、PS4)
  7. NieR:Automata BECOME AS GODS Edition(Xbox One)
  8. OCTOPATH TRAVELER(Switch)
  9. Just Cause 4(PC、PS4、Xbox One)
  10. THE QUIET MAN(PC、PS4)
  11. Kingdom Hearts 3(PC、PS4、Xbox One、Switch)

 

SQUARE ENIX E3 SHOWCASE 2018の感想

サード放送はやっぱタイトル数が少な目だな~

ジャストコーズ4

トゥームレイダーは、動きがアンチャーとメタルギアを足したような動きだな。ステルスもあれば、グラップ・壁走り、地形を利用して武器を生かしたりと遊びやすくなったのかな。水中移動はどの程度できるのかが気になるところ。2018年9月14日に発売とは、なんかいきなりですね。

FF14とモンハンがコラボするのか…。最近はどこも他社とのコラボが多いな。ジャストコーズ4は相変わらず面白そうだな。空飛ぶのとワイヤーアクションが爽快だったりします。あえてハリケーンの中に飛び込んでみたい気がした。

THE QUIET MANは、「なんだありゃ…? 実写かと思ったらゲームなのか!?」、実写部分とゲーム部分を繋ぎ合わせてる感じだろうか。
BABYLON’S FALLはスクエニとプラチナゲームズによる新規IP。開発の方がプラチナゲームズで、2019年に発売を予定している。なんだか白騎士物語ぽいのかな~
 

ファイナルファンタジー関連を期待してた閲覧者にはガッカリか…

BABYLON'S FALL

放送前はFF7リメイクやらFF15のDLCとか発表されるのだろうか?と予想していたが、なんだかメインになるようなものが無くてE3を終えたという印象がします。スクエニの方では、まだまだ見せれる状況のゲームが無いといった感じでしょうか。

終始ユーチューブの評価を観察していたが、最初は高評価が400・低評価9ぐらいでしたが、動画の放送が終わると高評価530・低評価1160に逆転してましたw

それだけ今回のスクエニのE3にはガッカリとさせられた証拠かと思う。スゲー高速で低評価入るの初めて見たわ!凄かった、圧巻だった・・・。したらBABYLON’S FALLがどんな感じなのか、ゲームシーンを見たかったかな。


最近運営してるゲーム攻略サイト

サイコブレイク2 攻略
Tango Gameworksのサバイバルホラー第2作目のサイコブレイク2。主人公のセバスチャンが娘のリリーを救うため、新たなSTEM『ユニオン』を舞台に物語が描かれている。前作のストーリーを追うだけの一本道から、今作では広めのフィールドを用意がされ、寄り道しながら進めれるように進化。新しいクリーチャーも追加され、殺人鬼のステファノやセオドアと争うことに。

龍が如く極2 攻略
セガゲームスの龍が如く極2。極プロジェクトの第2弾で、龍が如く2がドラゴンエンジンでフルリメイクされて蘇る!その他、真島吾朗の追加エピソードや新たなプレイポットが追加されて、PS4で新しい龍が如く2を遊べます。

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。