PlayStation E3 2018 Showcaseの動画です。日本時間では、2018年6月12日10時より配信されました。当初は通訳はやらないと発表してましたが、日本語通訳付きでの放送を行ってました。

ゲーム発表タイトル

  1. The Last of Us Part II(PS4)
  2. Call of Duty: Black Ops 3(PC、PS4、Xbox One)
  3. Tetris Effect(PS4、PSVR)
  4. Days Gone(PS4)
  5. Twin Mirror(PC、PS4、Xbox One)
  6. Ghost Giant(PSVR)
  7. Beat Saber(PC、PSVR)
  8. Destiny 2: Forsaken(PC、PS4、Xbox One)
  9. Ghost of Tsushima(PS4)
  10. Control(PC、PS4、Xbox One)
  11. Resident Evil 2 Remake(PC、PS4、Xbox One)
  12. Trover Saves the Universe(PS4、PSVR)
  13. Kingdom Hearts 3(PC、PS4、Xbox One、Switch)
  14. Death Stranding(PS4)
  15. Nioh 2(PS4)
  16. Spider-Man(PS4)
  17. Deracine(PSVR)

 

E3 2018 PlayStation Showcaseの感想

おぉ!やっぱソニーは違うな~

The Last of Us Part II

ラスアス2のバトルのハラハラ感が見ごたえあります。明らかに「あれじゃ見つかるだろう…」と思えてしまう光景がいくつかあるが、ちゃんとサバイバルしている感覚が表現されているのがいいね。しかしエリー…、まだレズビアンから卒業できていなかったのか…

バイオハザード2リメイクのリーク情報はずいぶん前からあったけど、ガチだったんだな。画質がかなり鮮明になり、会場がどっと沸いたのは期待を持たれていたからなんだろうか。
 

Ghost of Tsushima

ゴーストオブツシマ面白そう!ススキの風景とかモミジとか、日本風景では有りえそうで無さそうな、芸術的な舞台と剣技アクションのリアルさが様になっている。ババアがボス系なのは微妙だけど、夕日をバックに剣でさばく動作とか映画ぽいな。

スパイダーマンのハイスピードアクションが凄かった。電気兄貴を追いかけるときのスピード感を維持しながら戦うのって、どんな操作方法になってるのやら。映画のように空中移動の爽快感は見事だな。つーか、スパイダーマンは電気兄貴ぶん殴っても感電しないんだな~
 

デス・ストランディングのゲーム画像

デス・ストランディングは風景がスゲーリアルだな。背中に担いで移動ばっかしてたけど、あの世界観はどこまで広いのかが気になります。足の生爪剥ぐの結構グロいな…。相変わらず何のゲームなのかイミフだけど、もう結構出来上がってきてるのかな。
 

仁王2

全体的に見ごたえのある内容だった。しかし仁王2、隻狼、対馬と和ゲーがずいぶん発表されたような。どれが良いのか議論されそうだ (´・ω・`)

対馬の剣技アクションのザックし感は、仁王を超えているようにも感じる。ただし対馬に妖怪ものが登場するとは思えないし、硬派な剣技になりそうな予感もする。キャラクターに魅力が出るかもポイントになりそうな気がするかな~

後半の映像の舞台を作ってるゲームも気になります。手軽にコースや音楽を作って、その後どうすんだろ!?VRでボクシングゲームは案外愛称良かったりするのかな。テトリスはおそらく酔うこともないし、万人向けのVRゲームになるかと予想してます。


最近運営してるゲーム攻略サイト

サイコブレイク2 攻略
Tango Gameworksのサバイバルホラー第2作目のサイコブレイク2。主人公のセバスチャンが娘のリリーを救うため、新たなSTEM『ユニオン』を舞台に物語が描かれている。前作のストーリーを追うだけの一本道から、今作では広めのフィールドを用意がされ、寄り道しながら進めれるように進化。新しいクリーチャーも追加され、殺人鬼のステファノやセオドアと争うことに。

龍が如く極2 攻略
セガゲームスの龍が如く極2。極プロジェクトの第2弾で、龍が如く2がドラゴンエンジンでフルリメイクされて蘇る!その他、真島吾朗の追加エピソードや新たなプレイポットが追加されて、PS4で新しい龍が如く2を遊べます。

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。