2019年9月20日に新型『Nintendo Switch Lite』が19980円で発売

少し前から情報が出ていたニンテンドースイッチの新型が、2019年7月10日より任天堂から発表されました。すでに海外ではリーク画像などが出回ってましたが、今回はまさにそんな感じのデザインでした。全体的に機能を削って、購入しやすい19980円に収めたデザインです。

商品名は『Nintendo Switch Lite』で、2019年9月20日より発売を予定している。 価格は19980円(税抜)。本体カラーはターコイズ、グレー、イエローの3色を用意。 携帯型に特化したゲーム機で、テレビ出力などはできないようです。 ジョイコンも本体と合体しているデザイン。

ニンテンドースイッチライト仕様
  • Nintendo Switchドックは非対応(テレビ出力無し)
  • ジョイコンは付属してない。ジョイコン機能が必要なゲームは別売購入。
  • 本体の重さは約275g(従来のスイッチは約398g)
  • 画面は5.5インチ(従来のスイッチは6.2インチ)。解像度は同じ。
  • バッテリー時間は約3~7時間(従来のスイッチは2.5~6.5時間)
  • ジョイコン必須のゲームは、一部遊べないゲームもある。


ニンテンドースイッチライトの感想

ニンテンドースイッチライトの公式

■公式:https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/lite/index.html

動画だけでなく、すでに公式サイトまで完成してました。 『小さく、軽く、持ち運びやすい。携帯専用のニンテンドースイッチ。』をキャッチコピーにしている。 ただ、全体的に思うことはテレビ出力ができない点がやはり痛い・・・。 値段も1万円弱くらいなら、「ライト層も増えたりするのかな?」と思ったりするが、 2万円ちかくするので、それならニンテンドースイッチの方がいいような気がする。

値段が安くなっていくことを想定して、この価格帯に抑えているのか謎だが、 私的にはジョイコンにしても壊れるとそれまでなので、やはり二台目のスイッチにはなりにくいかな・・・。 ケーブル接続で出力可能であれば考え物ですが、それらしき要素が記載されていないので、 やっぱ無理なんだと思った。

よって安く・気軽にゲームを遊ぶ人向けの携帯機だな。コアゲーマーには向かないと思った。 日本だと課金制のスマホゲームが流行っているので、有料のスイッチに戻せるか疑問だが、 少しでも入口を広げないと遊んでももらえ無さそうか~


最近運営してるゲーム攻略サイト

FF7リメイク 攻略
スクエア・エニックスが開発・発売のFF7リメイク。原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。

龍が如く7 攻略
セガの龍が如くスタジオが開発の龍が如く7。新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。

ラストオブアス2 攻略
ノーティー・ドッグのサバイバルアクションのラストオブアス2。前作から5年後のアメリカを舞台にしており、ジョエルとエリーはワイオミング州ジャクソンで平和な生活をしていた。しかし、とある事件により、エリーが復讐をするためにシアトルへ旅立つ物語。無慈悲で暴力の連鎖の先にあるものとは!?

Death Stranding(デスストランディング) 攻略
コジマプロダクションのDeath Stranding(デスストランディング)。オープンワールドのアクションゲーム。分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。