懐かしのプレイステーションがミニ化して発売!

プレイステーションクラシック
1994年に発売されたプレイステーションだが、サイズをコンパクトにして手の平サイズにした『プレイステーション クラシック』というゲーム機が2018年12月3日に発売するそうです。価格は9980円+税。数量限定による発売。

従来のPSとPSクラシックの比較画像
従来のPSと比較すると、どんだけコンパクト化したのか分かりやすいですね。本体は縦横で約45%、体積だと約80%のコンパクト化が実現できたようです。最近はスマートフォンでも高性能になってきてるし、今だと案外容易に作れてしまうのかもしれない?

■PSクラシックの本体仕様

  • 発売日:2018年12月3日
  • 価格:9980円+税
  • 同梱物:本体、コントローラー×2、HDMIケーブル、USBケーブル、印刷物
  • 映像出力:720p、480p
  • 音声出力:リニアPCM
  • 入出力:HDMI、USB端子(Micro-B)、コントローラー端子×2
  • 電源:DC 5V/1.0A
  • 最大消費電力:5W
  • 質量:本体約170g、コントローラー約140g

ゲームソフトに関しては、20作品がプレイステーションクラシックに内蔵されているそうです。動画を見ると鉄拳3とかFF7とか収録されているようだ。ウサギロボのジャンピングフラッシュとか懐かしかな~
 

プレイステーションクラシックの感想

PSクラシックの箱と本体画像

ミニファミコンを始めとすると、最近はどこのメーカーもミニ化する流れができてしまった感じだな。スーパーファミコン、ネオジオ、メガドライブ、そしてプレイステーション。ファミコンほどにもなると、さすがに懐かしいという気持ちでいっぱいになるが、プレイステーションはさすがに時代がまだ新しいという印象がある・・・

プレイステーションやセガサターンからゲームを開始した層にとっては懐かしく感じるかもしれないが、それ以前からのゲーマーにとっては通過点にすぎないハードという印象かな。本当の懐かしさとは中古屋ですら、ほとんど見かけない状態になってからだと思うね。

まぁゲームのコレクション要素として、コレクターマニアが購入しそうな気がする。任天堂のように転売ヤーに先買いされて在庫不足に陥りそうな予感もするかな・・・。つーか、このゲーム機のコンパクト化はいつまで続くんだろ~


最近運営してるゲーム攻略サイト

セガゲームスの龍が如くオンライン。新・龍が如くプロジェクトの第1弾作で、新主人公・春日一番の物語。スマホとPCで配信されるアプリだが、本タイトルは龍が如くシリーズの正統続編です。CS版の前にアプリ版が配信されます。

レッドデッドリデンプション2 攻略
ロックスターゲームスのオープンワールド西部劇のレッドデッドリデンプション2。舞台は1899年アメリカ西部は衰退の一途をたどり、もはやガンマンと無法者は神話化しつつある時代。ダッチギャングに所属する新主人公のアーサー・モーガンが、自らの理想、または自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択に迫られる・・・

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。