2017年4月6日に、Microsoftの独占公開権をもつDigital FoundryがXbox Oneの次のゲーム機『Project Scorpio』のスペックをYouTubeで発表しました。ざっくりと動画を見た感じでは、どの程度高性能なのかよく分からないが、PS4 ProとXbox Oneとの比較表を眺めると全体的にPS4 Proより性能が上だということが分かった。

CPUはx86カスタムコア8基の2.3GHz、GPUは演算ユニット40基の1172MHz(最大ブースト1266MHz)。冷却ファンはGTX1080や1080Tiの設計に似ているハイエンドクーラーを搭載。
レースゲームのやつ(Forza Motorsports 6)でゲームエンジンのストレステストを行ったら、毎秒4K・60フレームで描画できて、GPUの負担率は66.19%という数値が出て驚いたのだとか。


 

全体的に4K・60フレームで安定してゲームを遊べるのだとしたら魅力的ですね。PS4 Proと比較して高性能なハードが出来上がった訳だが、しかしサードがどの程度付くかによるかな。
高性能なハードを求めているのなら「ゲーミングPCを買えばいい」になるし、日本はともかく世界でProject Scorpioを購入する層がどのくらいいるのかが疑問だ。

PS4は一足先に世界へ売り出してPSVRも販売している状況だし、価格の高そうなProject Scorpioがどの程度世界でシェアを握れることやら。ただCSの時代は4Kと60フレームでしばらく続きそうか。PS5が発売される頃には60フレームはもう古くなっている時期だと思うし、最終的にどの辺りまで行き着くんだろ。
 

そういやPS4 Proにもブーストモードがバージョンアップで搭載されるとか話があったけどいつ頃だろう?あれで60フレームなるとか海外の記事で読んだ記憶があるけど、確かゲームによりけりだったような。FF15にしてもバージョンアップデート1.05で30フレーム以上は出せてたので、PS4も設計をがんばって考えれば40~50フレームくらいなら出せたりするのかなと。

4Kテレビに関してはまだ青い気がするかな。遅延の問題もあるし、価格がまだまだ高い。一般に普及するまでしばらく時間もかかりそうだし様子見なんだよな~


最近運営してるゲーム攻略サイト

サイコブレイク2 攻略
Tango Gameworksのサバイバルホラー第2作目のサイコブレイク2。主人公のセバスチャンが娘のリリーを救うため、新たなSTEM『ユニオン』を舞台に物語が描かれている。前作のストーリーを追うだけの一本道から、今作では広めのフィールドを用意がされ、寄り道しながら進めれるように進化。新しいクリーチャーも追加され、殺人鬼のステファノやセオドアと争うことに。

龍が如く極2 攻略
セガゲームスの龍が如く極2。極プロジェクトの第2弾で、龍が如く2がドラゴンエンジンでフルリメイクされて蘇る!その他、真島吾朗の追加エピソードや新たなプレイポットが追加されて、PS4で新しい龍が如く2を遊べます。

北斗が如く 攻略
セガゲームスの北斗が如く。コミックで人気な北斗の拳を龍が如くスタッフがアレンジしたコラボ作品。基本的なゲームシステムは龍が如くシリーズの操作感で、物語はケンシロウがユリアを捜す旅をしている物語で、序盤のプロローグ以外はセガが作るオリジナルストーリーで仕上げている。新キャラクターなどは北斗の拳の原作者の一人である原哲夫氏による作品。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。