仁王α体験版のアンケート
http://www.gamecity.ne.jp/nioh/questionnaire.html

2016年4月26日~5月5日までにPS storeで無料配信してた仁王のα体験版のアンケート集計結果が公式サイトで公表されてました。いくつか今後の改善点などを挙げてましたが、α体験版のゲームデータやセーブデータは削除してもらってOKなのだとか。削除してもクリアしたときに得られた『制覇の証』は削除されないそうです。

GWは体験版をひたすらプレイしてたが、仁王にしてもオーバーウォッチにしても、どこかやみつきになる面白さがあるゲームだった。ただ製品版が気になるのは仁王の方だな。全世界で85万本ダウンロードされて、これが多いのか少ないのか微妙に分かりづらい数字だが、多くのユーザーが戦国死にゲーを体感したことだろう。

 
仁王の良さを振り返るとあの高難易度だね。一見クソゲーにすら感じられる序盤だったが、死んでもローディングの速さが苦になることもなく、次はこうしてみようとトライしようと思えてくる。散々難易度に関しては指摘されてたけど、難易度とゲームバランスが『非常に良い』『良い』を合わせて60%ちかく指示されてたんだな~

アクションゲームにおける真剣勝負を感じられるゲームってどんなのだろう・・・と考えると、やっぱ高難易度が条件になるとつくづく思ったわ。最近のアクションゲームがヌルすぎて凄くつまらない傾向にあるし、どうやったら倒せるのか?と考えることが少なくなった背景もある。そういった点で、仁王はよく考えられて作られたゲームだと評価したわ。


 

全体方針について
・ゲームシステムに対するチュートリアルの拡充
・ゲーム序盤を中心に「理不尽」「不公平」とご指摘いただいた難易度の調整
・操作感やカメラシステムの改善
・インターフェースの分かりづらい点や使いづらい点の改善
・グラフィックのパフォーマンス最適化

主な対応事項の詳細
■チュートリアル
・基本操作および本作の主要アクションに関する
 チュートリアルを行える「修行場」ステージの実装

■アクション・操作系
・ロックオン時のプレイヤーとカメラ挙動の改良
・気力が0以下になった状態での行動不可となってしまう条件を変更
・アイテムショートカットスロットの拡充
・長押し操作を要求するインタラクト対象、及びレスポンスの見直し
・レバーの半回転操作アクションの入力改善

■敵キャラクター
・敵の攻撃力および防御力の調整
・敵キャラクター追尾性能の見直し
・敵種類および攻撃ごとのスーパーアーマー有無(ひるむ/ひるまない)の再調整
・「屍狂い」のAI調整

■レベルデザイン/ステージ
・ショートカットの追加など探索要素の改良
・ボス戦へ移行するエリアの示唆を追加
・プレイヤーキャラクターを隠してしまうオブジェクトの表示方法見直し
・炎エリアのダメージ調整

■インターフェース
・レイアウトや表示内容の改善
・文字の大きさ調整
・社(やしろ)での奉納時の一括操作対応

■オンライン
・オンラインプレイ時の同期精度の向上
・「まれびと」との協力プレイ時にホストが社メニューを使用できるように変更
・協力プレイ時の敵パラメータ上昇率の調整

■その他
・武器・防具の耐久度を廃止
・装備品のドロップ率の調整
・新たな操作タイプの追加
・ミッションを抜けられるフローの実装
・各種不具合、バグの修正

 
ざっと改善点を眺めた感じだと、まずは武器・防具の耐久度廃止が決定したか!あれ面倒だったしね・・・。ゲームのチュートリアルも皆無だったので、残心システムがあったのはゲームを最後までクリアするまで気づかなかったくらいだしな・・・

さすがにゲーム序盤を中心に難易度調整は行うようだ。ただ変に難易度をいじってヌルゲーになってしまわないか心配ですね。グラフィックのパフォーマンスの最適化は、どのくらいまでPS4の洋ゲーなみの高画質にもっていけるか大変気になるところだ。体験版の仁王は何か画質がPS3世代にすら感じられましたからね。

気力0でも行動不能の条件が変わるとしたら、これだけでもかなり難易度は変わりそうな気がする。ショートカットスロット拡張は必要だったし、だいぶ遊びやすいゲームにはなるのかなと。敵キャラクターもだいぶ変更されるようだ。

 
ボス戦へ移行するエリアの示唆を追加ってどんな感じだろう・・・。想像付かないけど、ボスの居場所が明確に分かる内容なのかな? つーか、全体マップ見れるようにして欲しいわw

オンラインに関しては、まれびとで参加して途中抜けメニューがあると良いかもね。わざと死んでミッションを失敗させて終えるのもどうかなと思った。ミッションを抜けられるフローの実装と書いてあるが、それのことなんだろうか?

仁王のβ版も存在するのかよく分からないが、いずれにしても発売日も気になるところだな。討鬼伝2の発売日は延期されたし、最近のゲームは、どこのメーカーもとにかく延期されることが多くなったな。その背景には予約数の伸び悩みによる問題も含まれてそうだな・・・


最近運営してる攻略サイト

ARMS(アームズ)攻略
任天堂が開発のニンテンドースイッチ・ARMS(アームズ)。Joy-Conを使ってARMSファイターを動かし、直感的な操作でパンチ・投げ・ガードを行う格闘スポーツゲームです。腕がバネのように伸び縮みするのが特徴で、武器となるアームを取り替えながらARMSファイターとのベストなアームの組み合わせを見つける対戦ゲーム。

Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン) 攻略
ゲリラゲームズ開発のHorizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)。キルゾーンシリーズを作ってたメーカーで、オープンワールド・アクションRPGの制作は初なのだという。開発に6年以上かけた新規IPのタイトル。ゲームの内容は女主人公アーロイと機械獣の狩りゲーです。

FF15 攻略
スクエア・エニックスから発売のPS4/Xbox Oneソフト、FF15(ファイナルファンタジー15)。最新作のナンバリングとなる今作は、FFヴェルサス13の頃からの日数を合わせると制作に約10年近くかった。スクエニ渾身のゲームといったところか。